• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
日経ビジネスONLINE Special 週刊日経ビジネスオンライン SPECIAL日経ビジネスオンライン

"紙"の経費精算は卒業!経費精算システムで業務効率化を

経営、経理ご担当のみなさま、経費精算について、次のような課題はありませんか?

集計に時間がかかって困った

紙で経費精算を行っているという企業様からはよく聞くお悩みです。

正確な経費がわからなくて困った

経営判断に影響のある経費データがわからない、ということはありませんか?

差し戻しが多くて困った

申請内容のミスが多いと、2倍以上の工数がかかります。

社内規定の確認が面倒で困った

承認者は様々な申請を、規定を確認しながら処理しなくてはならないので大変です。

こうした状況になってしまうのは、「紙やエクセル」で、経費精算を行っていることが原因です。

ここでおすすめしたいのが経費精算システムです。
経費精算システムでは、入力から承認、集計を簡単に行うことができ、申請する側も、経費精算を行う担当者も業務効率が上がります。

経費精算に毎月膨大な時間をかけるのはもう終わりにしませんか?

必見!経費精算システムの選び方

経費精算システムといっても、数多くの製品があります。

あなたの会社で海外出張が多いようであれば、外貨対応が必要ですし、営業で外出する社員が多いようであれれば、スマートフォン対応が必要です。

経費精算システムを導入する際に確認した方が良いポイントを抑えておきましょう。

6つのチェックすべきポイント

各製品の特徴や導入事例もありますので、いくつかの製品を比較して、あなたの会社の条件にぴったりの製品を見つけましょう。

※資料請求はBIZトレンドのフォームに遷移します。