• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
日経テクノロジーonline SPECIAL

Factory 2014

基調講演
先進国を中心に、新たなものづくりのプラットフォームを追求する動きが活発化している。最新のICTとFAを融合させ、工場を中心としたものづくりを革新しようとする試みである。このテーマに正面から取り組んだイベント「Factory 2014」が3月5日に東京で開催され、会場は国内外の様々な立場から集まったキーパーソンの熱気で包まれた。(続きを読む
三菱電機
日本の製造業の強みの源泉は、現場による改善活動にあるとされる。グローバルレベルの競争の中で日本の製造業が存在感を発揮し続けるためには、その強みをさらに高めていく仕組みが必要だ。三菱電機の岩井氏は、その仕組みとしてFAとICTの融合によるソリューションのコンセプトを提案する。(続きを読む
オムロン株式会社
今回の全体テーマである「IoT/M2M/ビッグデータで進化する世界の工場」を議論するとき、避けて通れないのが生産現場で発生する膨大なデータの収集と見える化の推進である。オムロンの苗村氏は、世界の標準技術と先端技術を採用した同社のソリューションによって多業種の期待に応えたい、と語った。(続きを読む
SAPジャパン株式会社
IoTやM2Mによって、業務データが爆発的に増加する製造業では、データをどのように活用するかが企業競争力の鍵を握ることになる。SAPジャパンの大本氏は、データ活用方法をこれまでの「Sence & Respond」から「Predict & Act」に拡張することが重要だと指摘し、必要なシステムと組織体制の姿を説いた。(続きを読む
株式会社レクサー・リサーチ
日本の高品質のものづくりを支えてきた要素の一つとして、よく言われるのは現場による継続的な“カイゼン”活動だ。しかし、レクサー・リサーチの中村氏は「改善は基本的に手戻り作業。グローバル競争の中ではむしろボトルネックになりうる」と警告し、生産システムの設計段階から、明確な意図を共有する仕組みが必要と強調した。(続きを読む
シーメンス・ジャパン株式会社
製造業にとって重要課題となる、次世代のものづくりに向けた基盤作り。このテーマに正面から取り組み、製品設計から製造までをシームレスにカバーする独Siemensの製造ソリューションとはいかなるものか。同社のNolde氏の講演にその答えを探った。(続きを読む