• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
日経テクノロジーonline SPECIAL

最新プログラマブル・デバイスを極める1日~最新技術が集う「X-fest 2015 Japan」開催~

国際的な規模で活躍する技術商社アヴネットが世界22カ国で開催するプログラマブル・デバイスの最新技術セミナー「X-fest 2015」が、2015年1月30日(東京)と同2月6日(大阪)に日本で開催される。今回のテーマは、「最新のFPGA・SoCを使いこなす」。いま多くの設計者が注目するザイリンクスのプログラマブルSoC「Zynq-7000 AP SoC」の話題を中心に、多彩なプログラムを展開する。ここでは、アヴネットとザイリンクスの日本法人トップが、その見所を紹介する。

スペシャルインタビュー

Part1 12月4日(木)公開
アヴネット・インターニックス代表取締役社長
安原 信之 氏

グローバルな規模でビジネスを展開している技術商社アヴネットが世界22カ国で開催する技術セミナー「X-fest 2015」が、2015年1月30日(東京)と同2月6日(大阪)に日本で開催される。ザイリンクスのプログラマブルSoC「Zynq®-7000 All Programmable SoC」の話題を中心に、基礎から応用まで網羅する充実した内容の技術セッションが用意されているほか、パートナー企業による最新ソリューションの展示が繰り広げられる。ここでは、その見所をいち早く紹介する。(続きを読む
Part2 12月11日(木)公開

ザイリンクス代表取締役社長
サム・ローガン 氏

アプリケーションに特化したSoCを効率良く実現できるデバイスとして注目を集めているザイリンクスの「Zynq®-7000 All Programmable SoC」。このデバイスを活用したソリューションを一堂に集めたイベント「X-fest 2015」が、同社の有力代理店の一つであるアヴネット・インターニックスの主催により東京と大阪で開催される。そこでザイリンクスの日本法人で代表取締役社長を務めるサム・ローガン氏に、イベントの魅力について訊いた。(続きを読む

X-fest 2015 Japan イベント情報

東京会場 2015年1月30日(金) 東京コンファレンスセンター・品川 5F
大阪会場 2015年2月6日(金)  梅田スカイビル タワーウエスト 22F
パートナー・セッション ザイリンクス / アナログ・デバイセズ / マキシム・ジャパン

関連記事

2013年春にザイリンクスが発表したプログラマブル・デバイスの新たなアーキテクチャ「UltraScale」に対する設計者の関心が高まっている。将来のニーズを見据えた先進的な技術を随所に採り入れた同アーキテクチャに基づく製品が、次々と市場に出てきたからだ。これらの製品は、市場のトレンドを先取りした製品の開発に挑む設計者に多くの利点をもたらす。(続きを読む
自動運転支援システムなど、今後も一層の高性能化が求められる組み込みシステムは多い。一方で、高性能化の追求が、システムの高度化やニーズの変化に柔軟に対応できるソフト開発のメリットを損なうようになった。こうした組み込みシステム開発に顕在化したジレンマを解消できる手法が、ザイリンクスが打ち出す「All Programmable」である。システムの機能を、ソフトとハードに最適分配し、それぞれをカスタム開発する。(続きを読む
ザイリンクスが展開するビデオ画像処理アプリケーション向けソリューション「 Smarter Vision 」が幅広い分野で注目を集めている。「リアルタイム解析」「高速データ伝送」や「高精細の画像表示」など最先端のシステムで求められる機能を合理的かつ効率よく実現できる環境を提供するからだ。重点分野の一つである「産業・医療」については・・・(続きを読む
ザイリンクスが提供するビデオ画像処理アプリケーション向けソリューション「 Smarter Vision 」が、進化に大きく貢献する分野の一つが「自動車( Automotive )」である。画像処理技術を駆使した先進的な制御システムを搭載する動きが進んでいるからだ。ザイリンクスは、画像処理回路の設計で高い技術力を誇るIPベンダーのザイロンと連携・・・(続きを読む
最先端の画像アプリケーションを合理的に実現できるザイリンクスの統合開発プラットフォームのコンセプト「 Smarter Vision 」。これに基づくソリューションを導入する機器開発者にとって見逃せないのが、ザイリンクスの認定を受けたメンバーによるデザイン サービスである。(続きを読む
高い市場競争力を備えた製品の開発に挑む多くの設計者が注目するザイリンクスの新世代プログラマブル・デバイス「7シリーズ」。同シリーズを構成する3つのファミリの製品が市場に出揃い、同社が推進する新しいシステム・プラットフォームを活用できる環境がいよいよ整ってきた。先進技術を取り込んだ新しい設計環境や・・・(続きを読む
ザイリンクスが積極的に展開している新世代の組み込みプラットフォーム「Zynq-7000 All Programmable SoC」。ここにきて幅広いアプリケーションで採用が進む機運が高まってきた。デバイスのサンプル出荷が本格化してきたのと同時に、開発環境が整ってきたからだ。ソフトウエアだけでなく・・・(続きを読む
プロセス技術が20nm代に突入したのを契機に、システムの中核を担うデバイスとしての存在感を高めているプログラマブル・デバイス。こうしたデバイスに向けた新しい開発環境として、多くの機器設計者が注目しているのがザイリンクスの「Vivado Design Suite」である。プログラマブル・デバイスの10年先を見据えて開発されたVivado Design Suite には・・・(続きを読む
システムの中核を担うデバイスとして着々と用途が広がっているプログラマブル・デバイス。その多くの機能の中で、高速シリアル・トランシーバの重要性が高まっている。通信関連を中心としたあらゆるアプリケーションにおいて広帯域化の要求が急速に高まっているからだ。これを受けてザイリンクスは、FPGAの最新製品「7シリーズ」に優れたパフォーマンスを備えた・・・(続きを読む
「Programmable Imperative(プログラマビリティの必然)」という話題がエレクトロニクス業界で表面化してきたことを受けてザイリンクスは、「ターゲット デザイン プラットフォーム( TDP)」という独自のコンセプトに基づく戦略を展開している。技術ドメインや市場に合わせたプラットフォームを用意することで、開発効率の向上に取り組むユーザーを強力に支援する考えだ。(続きを読む
ザイリンクスは、FPGAの進化を先回りする形で開発環境の強化を進めている。同社が提供する「ISE®Design Suite」では、大規模化に備えて「デザイン・プリザベーション」や「パーシャル・リコンフィギュレーション」など先進的な機能にいち早く対応。構成するツール群を連携させながら効率的に開発できる環境も採り入れた。(続きを読む
ザイリンクスは、組み込みアプリケーション向けプラットフォーム「Extensible Processing Platform(EPP)」に基づく最初の製品「Zynq(tm)-7000ファミリ」を積極的に展開している。英ARM社のデユアルコア・プロセッサ「Cortex(tm)-A9 MPCore(tm)」を搭載した4品種を用意。(続きを読む
28nmプロセスを使ったFPGAの意欲的な製品を続々と発表し、いま多くの機器設計者の注目を集めているのがザイリンクスである。低消費電力と高性能の両立を図った28nmプロセスを新たに開発。これを基に「Artix(tm)-7」「Kintex(tm)-7」「Virtex(r)-7」の3ファミリから成る最新製品「7シリーズ」を展開中だ。(続きを読む