池澤あやかが解決!「課題」と「アイデア」×「Bluemix」で日本を元気に!

第2回

「IBM Watson日本語版ハッカソン」に潜入!

DAY 3
ハッカソン終了!決勝進出を決めたのはどのチーム?
12月6日日曜日、曇り。外は少し肌寒いのに、ハッカソン会場は熱気で溢れていました。この日は最終発表に参加。審査結果の発表後に決勝進出を決めたチームにインタビューしました。

池澤 あやか

持ち時間はわずか5分! 雌雄を決する「最終発表」

 最終発表では、今回開発したプロダクトの概要やビジネスモデルを説明し、デモを行います。5分は案外短く、残念ながら最後まで終わらなかったチームも。でも、どのチームもユニークなアイデアで感心しました。IoTなどと比べるとこれから実用化が進んでいく分野だと思うのですが、Watsonだからこそ考えられること、実行できそうなことがたくさんあってすごく参考になりました。将来絶対に実現する、使いたいと思うものも多く、楽しむことができました。
  • 会議の音声や議事録をデータとして取り込んで共有し、営業に活かそうというツールを開発した株式会社NDD。音声や議事録に注目した点がすごいと思いました。
  • 株式会社ヘッドウォータースは、ロボットによるカウンセリングシステムを作りました。ロボットに仕事を任せる未来の世界は怖くもあり、楽しみでもあります。
  • 食品関連のデータベースをもとに食事に関するリコメンドを行うサービスを作った株式会社Mealthy。健康的にダイエットできそう!と思いました。

いよいよ審査結果発表! 決勝に進出したチームは!

 最終発表後、審査と結果発表が行われました。決勝に進出するのは当初4チームの予定でしたが、急遽5チームに変更。

 選抜された5チームにお話を伺いました。

弁護士ドットコム株式会社

 法律相談サービスにおいて、対話的なUIにより、過去に蓄積したデータから自分の悩みに合ったQ&Aを見つけたり、悩みの内容を分析してカテゴリごとに分析したりする機能を構築しました。Retrieve and Rank(R&R)、Natural Language Classifier(NLC)を利用しています。Watsonを使うことで、質問に対して柔軟な検索ができるようになるのが便利だと思いました。

池澤
ハッカソンに参加した感想を聞かせてください。
弁護士ドットコム
以前からWatsonに注目していたので、実際に触ることができて、非常に勉強になりました。
池澤
何を作ろうか参加前から決めていたんですか?
弁護士ドットコム
Watsonがどのようなものかわからなかったので、昨日何をどのように使えるかを考えながらアイデアを出して、その後に実装しました。
池澤
今回のプロダクトのポイントは?
弁護士ドットコム
Watsonは検索や分析の結果を確率とともに返してくれます。その確率を活用して、確率が高ければそのデータを回答としてそのまま返すようにした点がポイントだと思います。
IBM Bluemix Bluemix DEVELOPERS LOUNGE in Impact HUB Tokyo