池澤あやかが解決!「課題」と「アイデア」×「Bluemix」で日本を元気に!

第2回

「IBM Watson日本語版ハッカソン」に潜入!

DAY 3
ハッカソン終了!決勝進出を決めたのはどのチーム?
12月6日日曜日、曇り。外は少し肌寒いのに、ハッカソン会場は熱気で溢れていました。この日は最終発表に参加。審査結果の発表後に決勝進出を決めたチームにインタビューしました。

池澤 あやか

ahacraft株式会社

 世の中の人が心身ともに健やかにすごせるようにと、メールを取り込んで社員のストレス状態を診断するツールを開発しました。Personality Insightsと他社の翻訳ソフト、自社で開発した診断ロジックを活用しています。従業員50人以上の会社ではストレスチェックが義務化されているほどメンタルケアは重要。うつを未然に防ぐのに役立つと思いました。

池澤
今回参加した感想は?
ahacraft
最初に考えたアイデアを一度却下してやり直したんです。昨日は深夜までかかっていました。Watson日本語版を昨日初めて触ったんですが、なぜ動かないんだろうとみんなで悩みながら2日間で何とか仕上げました。
池澤
ハラハラドキドキの経験でしたね。便利で使いやすいツールに見えます。
ahacraft
すごく使いやすいし、便利です。
池澤
今回のプロダクトのセールスポイントは何ですか?
ahacraft
メールサーバとつなぐだけで、簡単に利用できる点です。メールの取り込みや診断は自動的に行われます。

株式会社ウィルウェイ

 未来型株主総会支援システムを構築。従来は想定問答をデータベース化して総会当日にキーボード検索して議長に表示するシステムですが、Speech to Textを使って株主の質問を要約して取り込んだり、質問の内容をRetrieve and Rank(R&R)で検索して適切な回答を議長に表示したりといった追加機能を開発しました。既存のシステムをより良くしようとする観点でWatsonを活用していました。

池澤
ハッカソンに参加していかがでしたか。
ウイルウェイ
本当に楽しかったです。
池澤
アイデアはどこから?
ウイルウェイ
自社のプロダクトにWatsonを効果的に活用できそうと考えていたので、どのように機能を追加できるかという考えでアイデアを出しました。
池澤
今回のプロダクトのアピールポイントは何でしょうか。
ウイルウェイ
ポイントは2つあって、1つはもともとのプロダクトに付加価値を付けて提供できるという点。もう1つは、株主総会という場でキーボード操作なしで議長を支援できるところです。
池澤
今後Watsonを使ってやりたいことはありますか。
ウイルウェイ
まずは仕事に関係なく個人的にいろいろ触ってみたいなと思いました。音声入力は楽しそうです。
IBM Bluemix Bluemix DEVELOPERS LOUNGE in Impact HUB Tokyo