オンデマンド・ミドルウェアサービス for Amazon Web Services パートナー活用事例 日立ミドルウェアのオンデマンド利用で実現するAWSの先進活用術とは?

JP1などの日立ミドルウェア製品群がオンデマンドで利用可能に

株式会社 ISIDアドバンストアウトソーシング テクノロジーサービス本部 クラウド基盤技術2部 コンサルタント 大下 智弘氏
株式会社 ISIDアドバンストアウトソーシング テクノロジーサービス本部 クラウド基盤技術2部 コンサルタント 大下 智弘氏

国内大手ITソリューションプロバイダーとして知られる電通国際情報サービス(ISID)のグループ企業として、ITインフラの構築・運用から業務プロセス運用まで、幅広いサービスとソリューションをワンストップで提供するISIDアドバンストアウトソーシング(以下、ISID-AO) 。近年ではクラウド関連事業も注力しており、AWSをはじめとするクラウドサービスの導入・活用支援も積極的に行っている。

「ISIDのインフラ部門を母体とする当社には、高品質・高信頼IT基盤を実現するためのノウハウが豊富に蓄積されています。クラウド分野への取り組みも早くから行っており、ビジネスの根幹を支えるSAPシステムのAWS移行などの案件も数多く手がけています」と同社の大下 智弘氏は話す。

同社のサービスメニューに今回から新たに加わったのが、日立の「オンデマンド・ミドルウェアサービス for Amazon Web Services」である。これは日立の統合システム運用管理「JP1」やノンストップデータベース「HiRDB」、クラウドサービスプラットフォーム「Cosminexus」などの実績ある日立ミドルウェア製品群を、AWS上でオンデマンド利用できるもの。「もともと当社では、以前からお客さま向けシステムや自社サービス基盤用の運用管理ツールとしてJP1を活用しており、その機能に対して全幅の信頼を置いています。ただし、従来はライセンスを購入する必要があったため、開発や検証などの一時利用目的では、なかなか採用しにくい点が課題になっていました。しかし、従量課金方式であれば、使いたい時に・使いたい分だけJP1を利用することができます。これはお客さまにとっても非常にメリットが大きい。そこで当社のソリューションにも加えたのです」と大下氏は今回の取り組みの背景を説明する。


▲TOPへもどる

開発・検証コストの削減や新規ビジネスの立ち上げに有効な手段

株式会社 ISIDアドバンストアウトソーシング テクノロジーサービス本部 クラウド基盤技術2部 朝戸 将晶氏
株式会社 ISIDアドバンストアウトソーシング テクノロジーサービス本部 クラウド基盤技術2部 朝戸 将晶氏

JP1にはITインフラの統合運用管理を支援する数多くの製品がラインアップされているが、今回特に同社が着目したのがジョブ管理ツール「JP1/Automatic Job Management System 3(JP1/AJS3)」である。さまざまなジョブを自動実行するJP1/AJS3は、業務運用の省力化・効率化を図る上で欠かせないツール。同社でもSAPシステムをはじめとする数多くのシステム運用に適用し、高い成果を上げてきた。

「とはいえ、一度稼働を始めたら継続的に運用を続ける本番システムと異なり、検証/テスト環境の場合は目的を果たした後は不要になります。最近ではハード/ソフトを資産として持ちたくないというお客さまも増えていますし、コスト削減要求も厳しさを増しています。このため、SAPバージョンアップ時のジョブ動作確認などのためだけに、ライセンスを購入するのは難しいのが実情でした」と大下氏は明かす。

こうした用途にオンデマンド・ミドルウェアサービス for Amazon Web Servicesを用いれば、開発やテストを行う期間中だけJP1/AJS3を利用することが可能になる。「大規模環境ではそれだけジョブも複雑になりますので、綿密な検証を最小限のコストで行えるのは非常に大きい」(大下氏)。

短期利用に加え、スモールスタートやピーク時の対応でも大きな効果が期待できる。「ビジネスや業務負荷の状況に応じて柔軟にインスタンスを増減できるのがAWSの良さですが、サーバだけでなくミドルウェアのレイヤーも同じようにスケールしてくれないとこのメリットは生かせません。従来はこうした使い方に対応できるミドルウェア製品が少ないことが課題でしたが、この問題もクリアできます」と同社の朝戸 将晶氏は話す。

もちろんこれらの利点は、ジョブ管理に限った話ではない。たとえば、AWS上に構築したシステムの拡大に伴って監視能力が足りなくなってきたような場合も、それに合わせて柔軟にマネージャー側のリソースを増やしていくことが可能だ。ビジネスの成長にインフラが後れを取ってしまうような心配はない。

「ちょっと試しに使ってみるという使い方ができるのも大きなポイントです。たとえば、SAPのパフォーマンス監視なども、きちんとやろうと思うと相当な工数が掛かるため、なかなか実施に踏み切れないというお客さまも少なくありません。その点、今回のソリューションを利用すれば、性能監視ツールのJP1/Performance Managementを使って実際の感触を試せます。JP1自体はGUI※1の操作性もよく実際に使ってみると気に入っていただけるケースも少なくありません。イニシャルコストを抑えることで、新しいことに取り組む際の敷居を下げられるのは、大変ありがたいですね」と朝戸氏は話す。

※1:Graphical User Interface


▲TOPへもどる

ハイブリッド環境の一元管理も可能に

図:オンデマンド・ミドルウェアサービス for Amazon Web Servicesの概要

図:オンデマンド・ミドルウェアサービス for Amazon Web Servicesの概要

JP1、Cosminexus、HiRDBなどの日立ミドルウェアをAWS上で利用できる「オンデマンド・ミドルウェアサービス for Amazon Web Services」。それぞれの製品を必要に応じて従量課金方式で利用することができる

[画像のクリックで拡大表示]

最近ではオンプレミスの自社システムやプライベートクラウドと他社クラウドサービスを連携させ、ハイブリッド環境を構築する動きも一段と進んでいる。運用管理分野で国内トップクラスのシェアを誇るJP1がAWS上で利用できるということは、こうした取り組みを後押しする上でも強力な武器となる。

「既存システムの運用管理にJP1を利用している企業については、ここにオンデマンド・ミドルウェアサービス for Amazon Web Servicesを組み合わせることで、ハイブリッド環境の一元管理が実現できます。すべての情報を1つのコンソールで取り扱えるということは、システムの安定性向上や障害対応の迅速化、運用管理業務の効率化・省力化にもつながります」と朝戸氏は話す。

もう1つ見逃せないのが、オンデマンド利用であってもライセンスを購入した場合と同等のサポートが受けられるという点だ。製品機能や利用法などに関する問い合わせについては日立が迅速に対応。ISID-AOと日立が密接に連携し、JP1やAWSに関する独自のノウハウを生かした技術支援を提供していく。既に顧客企業への実導入も始まっており、開発プロジェクトの工期短縮やコスト削減に大きく貢献しているという。

こうしたメリットに着目し、同社では今後もいろいろな状況に応じてオンデマンド・ミドルウェアサービス for Amazon Web Servicesの活用を顧客企業に提案していく考えだ。「先にSAP+JP1/AJS3の例を述べましたが、もちろん他の分野の業務システム、他のJP1コンポーネントの活用も視野にいれています。たとえば、AWS上のシステムを監視する場合も、Amazon CloudWatchに加えてより詳細な情報をJP1の機能でカバーするといったことはその一例です。ライセンス購入とオンデマンド利用の両方のメリットを生かすことで、幅広いニーズにお応えできると確信しています」と大下氏は力強く語る。

さらに将来的には、JP1だけでなくCosminexus、HiRDBの展開も検討していくという。同社のビジネスはさらに高い付加価値を生むことになるはずだ。


▲TOPへもどる

http://www.isid-ao.co.jp/

▲TOPへもどる

お問い合わせ

株式会社 日立製作所 ICT事業統括本部
ITプロダクツ統括本部
URL:http://www.hitachi.co.jp/soft/jp1/inquiry/

▲TOPへもどる