デジタル変革加速に大きな貢献果たすHCI その利点を最大化する「ネットワーク」とは? デジタルトランスフォーメーションに取り組む企業が増えている。新しいテクノロジーを積極的に取り入れて、イノベーションを加速し、激しさを増すグローバル競争に打ち勝つことがその狙いだ。それを支えるITインフラとして、注目度が高まっているのが次世代仮想化基盤のハイパーコンバージドインフラ(HCI)だ。仮想環境をシンプルな形で導入できるため、ITインフラの迅速な提供が可能になる。しかし多くのデータセンターでは、HCIのスピード感を十分に生かしきれていない。その原因は従来型の物理ネットワークにHCIを接続していることにある。実は、デジタル変革を加速するには、仮想化基盤だけでなく、ネットワークにも変革が必要なのだ。それでは具体的にどのようなネットワークを構築すべきなのか。ここでは次世代基盤に必要なネットワークについて考えてみたい。

従来型のネットワークが阻害するHCIのスピード感

Dell EMC(デル株式会社)オープン・ネットワーク事業 マネージャ 市川 智基 氏

 業務を効率化するITから、攻めのビジネスを生み出すITへ――。このような観点から、デジタル変革に取り組む企業が日本でも増えてきた。それに伴ってITシステム構築のあり方も、大きな変化を遂げつつある。従来は要件を全て明確化してその通りに開発・構築するのが当たり前だったが、デジタル革新の現場では最小限の機能をいち早く立ち上げ、迅速にトライ&エラーを繰り返しながら、ビジネスを成長させていくことが重視されるようになっている。

 ここで不可欠なのが、ITインフラの迅速な提供と運用負担の軽減である。そのための手段として、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)に注目が集まっている。

 HCIはサーバーやストレージ、仮想化ソフトウエアなどの主要コンポーネントを統合し、シンプルな形での導入・運用が可能なITインフラ。システム構築と運用の負担を劇的に軽減することで、デジタル革新の加速に大きな貢献を果たすと期待されている。

 しかし導入が手軽というHCIの特徴をデータセンター全体では生かしきれない危険性もある。部門ごと・サービスごとに導入が進んでしまい、データセンター全体では依然として運用負荷が軽減せず、せっかく導入したHCIのポテンシャルを最大限に引き出せないケースも少なくないからだ。

 「このような状況に陥ってしまうのは、現在でも多くのデータセンターが、従来型の物理ネットワークを使用しているからです」とDell EMC(デル株式会社)オープン・ネットワーク事業 ネットワークビジネス市場開発 マネージャの市川 智基氏は指摘する。物理ネットワークはトポロジー(ネットワーク構成)を変更することに準備を含めて時間を要することが多く、個別に導入されたHCIが持つ柔軟な設計思想を阻害してしまうことが多いという。

 「例えばHCIのメリットの1つとして、VMwareのvMotionのようなライブマイグレーション機能を使ってオンラインで仮想マシンを自由に移動できることが挙げられますが、HCI同士が通信を行えなければHCI間でのライブマイグレーションは不可能です。ライブマイグレーションが可能になるようにネットワーク構成を変更したくても、物理ネットワークではネットワーク機器の配置やケーブル接続を変更しなければならないため、簡単には対応できません」と市川氏は説明する。「このままではHCIが本来持っているスピード感を、ネットワークが阻害することになります。HCIのポテンシャルを引き出し、デジタル変革を加速するには、HCIに最適なネットワークを構築しなければならないのです」と続ける。

PAGE TOP

お問い合わせ