待ったなし! 攻めのIT投資で現状を打破せよ

vol.08 interview 個人の生産性向上にとどまらないハイスペックのPC導入の価値とは?

vol.08 interview 個人の生産性向上にとどまらないハイスペックのPC導入の価値とは?

TOP

> 個人の生産性向上にとどまらないハイスペックのPC導入の価値とは?

Writer : 本間 幹

Data : 2017/12/22

大塚商会 共通基盤ハード・ソフトプロモーション部 上席執行役員 後藤和彦氏に「働き方改革」をテーマに話を聞く本企画。今後ビジネスユースのPCには一層パフォーマンスが求められることが説明された前編に続き、そのようなPCの導入で実現できることについて話が及んだインタビュー内容を紹介しよう。

今までできなかったことがコストをかけずに可能になる

以上のような高スペックの最新のPCに入れ替えることで、これまでコスト面でバランスがとれずあきらめざるを得なかったことが実現できるという効果も――。

例えば、少し前だとテレコミュニケーションを実現するには、専用線で構築する高額なテレビ会議システムが必要だった。しかし、今ではある程度スペックの高いノートPCでOffice365に付属しているSkype for Businessのようなソフトを使えば簡単にストレスのないWeb会議が実現できる。

株式会社大塚商会
共通基盤ハード・ソフトプロモーション部
上席執行役員
後藤和彦氏

「店舗がたくさんあるような企業様の場合、これまですべての店舗にテレビ会議システムを導入するのは無理だったかも知れません。しかし、これからはノートPCに付属するカメラとSkype for Businessを使えば、PCの導入以外に改めてコストをかけずにWeb会議環境が構築できる。もし本社側の会議室に複数の人が集まるのなら、会議室に広角レンズを搭載したWebカメラを設置するだけで事足ります。PCの性能がある程度高ければ音声や映像のクオリティもテレビ会議と比べてそれほどそん色はありません。必死に費用を捻出してテレコミュニケーション環境を構築する時代はもう終わったということですね」(後藤氏)

なお、同社では自らもこのような仕組みを活用した営業支援を行い、成果をあげている。

営業担当者が客先に訪問する際、タブレットを持参。本社にいる商品ごとのスペシャリストがWeb会議システムを介して商品説明を行うというのだ。これにより、顧客はより詳細かつ有益な情報を得ることができるのである。このようにWeb会議が簡単に行える環境が揃えば、単なる社内会議の効率化だけでなく、工夫次第で様々なことに活用できそうだ。

大企業には半オーダーメードでサービスを提供

大塚商会では、PCの販売だけでなく「働き方改革」を実現させるための様々な支援サービスも提供しているが、これはどちらかというと中小企業向けのものだという。それでは大企業向けにはどのようなサービスを展開しているのだろうか?

「我々は色々な企業様にご相談いただきながら、様々な経営課題をITで解決してきました。中小企業のお客様には、『働き方改革』に関する一般的なリスクを回避し、安定的な運用が期待できるパッケージのサービスをご提案させていただいております。しかし、大手企業様の場合は、情報システム部門の人材も豊富ですし、システムに関する特有のご事情もありますので、汎用的なサービスではフィットしません。そのため、それぞれの企業様がお持ちの課題やニーズに合わせてカスタマイズしながらサービスをご提供するケースがほとんどです」(後藤氏)

このようなことが可能なのも、デバイスなどの商材やサポートサービスのラインアップが豊富な同社だからこそ。中小企業から大企業まで、規模や業種にかかわらず、様々な企業が厚い信頼を寄せるのも納得できる話だ。

さて、最後に後藤氏にPCを供給する立場として、その心臓部であるプロセッサーを開発するインテルに期待することを聞いた。

すると「時代が進むにつれテクノロジーはどんどん進化していきます。それに伴い、デバイスにかかる負荷は高くなっていくでしょう。そのような状況になっても快適に作業が行えるように、より一層の性能の向上に取り組んでいただきたい」との答え。

この点については、インテルも承知の上で、実際に一足先の未来を見据えた開発を続けている。

それは、今後4K UHDビデオや360度ビデオ、VRビデオなど、今後ビジネスの分野でも活用が進んでいくだろうと予想されるが、今年発売された第8世代のインテル® Core プロセッサーでは、そのようなコンテンツの閲覧や作成、編集をスムーズに行う技術がすでに採用されていることからも明らかだ。

また、先述のように、これからビジネスに使われるPCにはより一層のセキュリティ性能が求められるが、この点についても、ハードウエアレベルで多要素認証などのセキュリティの仕組みが構築できるインテル® Core vPro プロセッサーなら実現可能になっている。

現在、第8世代のインテル® Core vPro プロセッサーはまだ発売されていないため、その登場が待たれるが、いずれにせよ、最新のプロセッサーを搭載したセキュリティ性能の高いPCが企業の生産性向上に寄与することは間違いないということだ。

MENU
おすすめコンテンツ