Sponsored By intel

モバイル活用がビジネスのスピードを加速させる
信頼獲得はコミュニケーションのスピードだ!

  • Writer : Motoki Honma
  • Data : 2017/09/14
  • Category : Intel

企業が求められるスピードは加速する一方だが、それとともにモバイル活用がビジネスに及ぼす影響が増している。モビリティに優れ、パフォーマンスが高性能なデバイスを武器に顧客の期待に応えることが今企業の企業に求められている。

今、企業は顧客のタイミングに合わせたモバイル活用が必要だ!

2011 Customer Experience Impact Reportの調査によれば「対応の悪さに次いで2番目に顧客体験に大きな影響を与えるのは適時性」なのだ。つまりタイミングよくサービスが提供されていなければ、顧客は不愉快に感じてしまう。その結果、購入をやめてしまうケースも少なくないのだろう。

Web通販の世界では、いまや当日や翌日の配達が当たり前だ。それは流通に限ったことでない。デジタル化の進展により、様々な業界でサービス提供のスピードが速まっている。顧客はすべてのサービスがそのスピードで提供されるべきものだと考えるようになってきている。

送信したビジネスメールの返信はいつまでに欲しいですか?

メールの返信、一つをとっても同じことが言える。急ぎでないメールの返信についても一日以内に返信が来て欲しいと思う人が77.31%、20%以上の人が8時間以内に返信が欲しいと答えている。このように、リアルタイムで情報を入手できる環境が整った今、コミュニケーションのレスポンス速度は早くなっている。

顧客は、欲しい時に情報やサービス、商品を入手できないと満足してくれない。今の時代、顧客に選ばれる企業になるということは、そんな顧客のわがままに対応できるかどうかにかかっているといっても過言ではない。

このことはB2Cに限ったことではなく、B2Bにおいても同様だ。書類の提出や疑問の解消など、顧客対応のスピードが商談の成果を左右することは言うまでもない。現在のビジネスはコミュニケーションのスピードが命なのだ。