Windows 7 のサポート終了が働き方改革を加速する?進化し続けるWindows 10 で生産性とクリエイティビティを向上させる〜日本マイクロソフト 業務執行役員 Windows & デバイス ビジネス本部
 本部長 三上 智子氏(後編)

  • Writer : MIKIHIKO NOMOTO
  • Data : 2017/12/25
  • Category : 業務改革

Windows 7 のサポート終了に伴い、Windows 10 へどのように移行すればよいのか、それによってセキュリティがどのように高まるのかについて、日本マイクロソフトの三上 智子氏にうかがってきた。後編では、中堅・中小企業がWindows 10 を使って、どのようにビジネスを変革していけるのかについて、話をうかがっていく。Windows 10 によって、中堅・中小企業の働き方は変わっていくのだろうか。

働き方改革の推進に貢献する
クラウドサービス

ーー2017年11月から、Office 365とWindows 10 、統合管理機能を組み合わせたクラウドサービス「Microsoft 365」で、中堅・中小企業向けに「Microsoft 365 Business」が提供されましたが、このサービスを開始した目的などを教えてください。

日本マイクロソフト
業務執行役員 Windows & デバイス ビジネス本部 本部長
三上 智子氏

Microsoft 365 Businessは、セキュリティの心配や IT 管理に煩わされることなく「より一層活躍できる働き方」を実現する中堅・中小企業向けに特化した統合ソリューションです。最新のOffice機能を提供するOffice 365 、クラウドサービスと連携して進化したWindows 10 、さらにデバイス管理を簡単に行える機能が提供されています。また、Microsoft 365 Businessの特典として、Windows 7 ProやWindows 8.1 Proをお使いのお客様は、追加コストなしにWindows 10 に移行することも可能となっています。Windows 7 のサポート終了を機に、Microsoft 365 Businessを導入することによって、中堅・中小企業の皆さまは、生産性とセキュリティを向上させるよいチャンスになると考えています。

ーー生産性向上のチャンスとなるということは、中堅・中小企業がなかなか取り組むことができない働き方改革にもつながるということでしょうか。

Windows 10 は、ビジネスや環境の変化に合わせて常に進化し続けているOSであるため、働き方改革の推進に貢献できるところは、非常に多いと思います。もちろん、現在利用されているデバイスをWindows 10 にアップグレードしても問題はありませんが、OSの移行をキッカケにデバイスを買い替えることも多いと思うので、できれば最新のデバイスでWindows 10 を利用していただきたいですね。最新のデバイスは、モビリティの機能が充実しており、Windows 10 のモビリティ機能と合わせて使うことで効果を最大化できると思います。

たとえば、最新のデバイスは、数年前のデバイスよりもバッテリ持続時間が飛躍的に伸びており、タッチやペンなどのナチュラル・ユーザー・インタフェース(NUI)がより自然になって、場所を気にせずに自分の考えやアイデアを形にして、生産性を上げることができます。また、以前のデバイスでは対応していない顔、指紋、眼球の虹彩などでセキュアにサインインできるWindows Halloにも対応しています。

最新のPowerPointでは、3Dオブジェクトを利用でき、さまざまな表現が可能となっていますが、これらも最新のデバイスのNUIで利用することで最大限に活用することができるようになるでしょう。私たちは、Windows 10 で、想像力を刺激し、チームワークを強固にすることを目指していますが、自然な形でインプットできることでクリエイティビティも向上させることができます。最新のデバイスでWindows 10 とOffice 365を使うことで、さまざまなことを簡単に行えるようになり、働き方改革を進める第一歩にしてほしいですね。

ーーWindows 10 に移行してMicrosoft 365 Businessを使い、最新のデバイスを購入するのは、コストが高くなると感じるユーザーもいるのではないでしょうか。

多少コスト高となっても、それに見合う生産性向上は果たせると思いますね。また、Microsoft 365 Businessは、大企業向けのMicrosoft 365 Enterpriseの約1/3の月額コストになっており、コスト面でも非常に優位です。これまでマイクロソフトは、中堅・中小企業に向けたスイート製品を出すことは少なかったのですが、今回は、すべての働く皆様のお手伝いをしていきたいという強い気持ちを持ってリリースしています。
Microsoft 365 Businessで大企業と同じ仕組みを低コストで利用できるようになるのは、中堅・中小企業にとって大きなチャンスだと思います。また、Microsoft 365 Businessは、クラウド・ソリューション・プロバイダー経由で提供されるため、専任のIT担当者がいらっしゃらない場合でも、ライセンスの管理やデプロイなどをプロバイダーに任せることも可能となっています。