Sponsored By intel

モバイル活用がビジネスのスピードを加速させる
信頼獲得はコミュニケーションのスピードだ!

  • Writer : Motoki Honma
  • Data : 2017/09/14
  • Category : Intel

コミュニケーションのスピードのアップが
企業の信頼を勝ち取る

ビジネスのスピードを上げるためには、デジタルツールやサービスなど、業務を効率化するデジタル技術を活用すればよい。また、社員がいつでもどこでも作業できるテレワーク環境を構築することで労働生産性を上げることも効果的である。

そして、これらのことを実現するには、最新のデジタルツールやアプリケーションでもストレスなく扱えるパフォーマンスと優れたモビリティ性能を有する端末が必要不可欠だ。

そんな要求に応えるのが、最新の第7世代Intel® Core™ プロセッサー・ファミリーを搭載したノートブックPCだ。中でもビジネスユースに特化したプラットフォームであるIntel® vPro™ テクノロジー(以下、vPro テクノロジー)対応PCは、Intel® Speed Shiftテクノロジーによって、負荷のかかる作業も軽々とこなすパフォーマンス性能を誇る。具体的には、5年前のPCに比べて、マルチタスク処理速度が最大65%高速化しているという。さらにプロセッサー自体の省電力化により、充電なしで最大10時間というPCの長時間駆動を実現。これで、どのような作業でも時間と場所を選ばず行うことができる。

vPro テクノロジー対応PCは、各メーカーから様々なモデルが提供されているが、今回はノートPCとしてもタブレットとしても使える2in1ノートブックPCをおすすめしたい。タブレットは、プレゼンテーションの場などでの情報や書類の閲覧に向いている一方、書類の作成など、細かい作業のしやすさはノートブックPCに軍配が上がる。2in1ノートブックPCなら、その両方のメリットが享受できるからだ。

今回、筆者も実際にvPro テクノロジーを搭載した2in1ノートブックPCを使ってみたが、確かに便利だ。

2、3名のちょっとした打ち合わせなら、タブレットスタイルにすれば、書類などが簡単に共有できるが、出向いた先でプロジェクターなどを接続せずにプレゼンテーションが行えるのはありがたい。スタイラスペンで図を描きながら、その場でアイデアを共有できるのは、他の出席者にも好評だった。

そして、ノートブックPCスタイルにすれば、書類の修正はいつも通り。帰りの移動中に、修正した企画書をその日の内に展開でき、迅速な対応は先方にも喜ばれた。

スピードが求められる現在のビジネスに対応するには、時代に合わせたPCが必要不可欠だ。——このことに気付いたなら、すぐに取り組みを進めるべきだ。

「48%のコンシューマーは、顧客サービスの質が低いという論評を集めたブランドについては、すぐにフォローをやめる」(出典:Research:U.S. Businesses Lose $41 Billion Annually Due to Poor Customer Service)、「たった1回の不愉快な体験が解決されていないと、それを取り戻すのに12回の好意的な体験が必要になる」(出典:Ruby Newell-Legner「7 Star Service」)、という調査結果が示すように、ネガティブな風評が企業に与える影響は深刻で、一度失った信頼を取り戻すのは並大抵の努力では済まないからである。

Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Core、Intel vPro、Core Inside、vPro Inside は、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。