人気グルメサービスRettyのAI開発ケーススタディ(後編)AI導入成功の秘訣、教えます!

  • Writer : MOTOKI HONMA
  • Data : 2017/12/19
  • Category : 業務改革

時間も人材も足りない状況からスタートした人気グルメサービスRettyのAI導入プロジェクト――。今回は前編に引き続き、そんなプロジェクトを成功へと導いたRetty株式会社 CTOの樽石将人氏に、AI導入の効果や成功の秘訣などについて話を伺った。AIなんて別世界の話――たとえ中小企業でも、そう考えるのは間違っていることを認識していただきたい。

人件費削減、サービスの充実――
AIがもたらした価値とは?

前編で紹介したようにできるだけコストをかけずに自社開発したRettyのAI基盤だが、その導入効果は非常に大きいものだ。

Retty株式会社
CTO 樽石将人氏

わかりやすいところでは、外注費の削減。AIを導入する前には、口コミや写真の編集・加工は外注して人の手で行っていたが、それらの大半をAIが行うようになり、外注の生産性が大幅に向上したのである。

また、そもそも人手に頼った労働集約的なデータ処理には限界があるが、AIを活用することで、スケール可能なモデルに転換できたことも大きい。

さらに「超解像」技術により、投稿された写真画像の解像度を高めるなど人手では実現不可能なことも実現。その他にも2016年の1年間で合計10の作業がAIに置き換わっているのは先述した通りだ。

そして、最大の効果は「膨大な口コミ情報を有効に利用することで、新たなコンテンツやサービスの提供が実現できるようになった」ことに尽きるだろう。

例えば、焼き鳥屋でも、会社員が仕事帰りにちょっと一杯呑むのに使う店もあれば、デートにピッタリな店も存在するが、RettyのAIは、膨大な投稿画像や文字データを解析することでそれを判別することができる。つまり「エリア」や「ジャンル」というカテゴリだけではなく「デート向き」「接待向き」というような、“ふわっとした”検索ニーズへの対応も実現しているのである。