チームスピリットが運営する働き方改革研究所とは〜株式会社チームスピリット 代表取締役社長 荻島 浩司 氏(前編)

  • Writer : MIKIHIKO NOMOTO
  • Data : 2017/12/7
  • Category : デジタル活用、働き方改革

クラウドで働き方改革プラットフォームを提供しているチームスピリットは、2017年夏に働き方改革研究所(CESS:Center for Empowering Social Structure)を社内に発足させ、独立性のあるオープンなシンクタンクとして活動を続けている。東洋大学教授・慶応義塾大学名誉教授の竹中 平蔵氏もエグゼクティブアドバイザーとなっている働き方改革研究所では、何が行われ、どのような提言を行っているのだろうか。チームスピリットの代表取締役社長である荻島 浩司氏に話をうかがった。

IT導入だけでなく構造的な課題を解決する

ーーチームスピリットが提供する働き方改革プラットフォーム「TeamSpirit」とは、どのようなものなのでしょうか。

チームスピリット
代表取締役社長 荻島 浩司氏

TeamSpiritは、勤怠管理、就業管理、経費精算、工数管理、カレンダー、電子稟議、SNSが1つのプラットフォームで提供されています。これらの機能はバラバラに提供されていることが多いのですが、まとまっていることで事務を効率化でき、働き手のパフォーマンスや働き方を見える化できることが大きな特徴となっています。

働き方を可視化し、マネージャーがどのような働き方をすればよいかを適切にフィードバックすることができ、他の人の働き方を参考にすることによって、個々の働き方に対する意識も変わっていきます。働き方改革を行うために、数年計画で予算をかけてERPを構築・刷新することが多いですが、労務面での対策が急務となっている中で、短期間・低コストで導入でき、現在800社10万人にご利用いただいています。

ーープラットフォームを提供するだけでなく、働き方改革研究所のような機関を立ち上げたのは、なぜでしょうか。

TeamSpiritは、事務の合理化とデータ収集を行い、個人でPDCAを回して自分が働く時間や目標を意識していくことで、チームのPDCAが回るようになり、会社全体の構造改革につながって、長時間労働の是正や劇的な生産性向上を実現させることが目的で作られたプラットフォームです。

しかし、働き方改革は、我々のソリューションだけで解決できる問題ではないため、大学等の研究機関や専門家、人材サービスやHRコンサルなどのさまざまな会社と連携して参画いただき、働き方改革研究所を立ち上げました。

ーーTeamSpiritやテレワークなどのシステムを導入するだけでは不十分ということでしょうか。

ITの力だけでは、構造的な問題を解決することはできません。働き方改革は、産業がサービス化した時代の経営戦略であると考えています。人を中心とした経営戦略に変えていく必要があるということです。ただ単に労働時間を短くするのではなく、生産性を上げることによって、結果的に労働時間が短くなり、給料が上がっていくようになります。

どうやって生産性を上げていくかは、マクロ的な視点も必要で、労働時間に関係なく、成果に応じて賃金を支払うホワイトカラー・エグゼンプションなどの制度に対する働きかけも必要となってきます。これは、人事や労務管理の部門だけで解決できる問題ではなく、1社だけで解決できる問題でもありません。大学等の研究機関や協力企業との連携を通じて、勉強会を行っていこうというのが、働き方改革研究所が発足したキッカケです。