1Kのマンションに10人の社員!?先駆者に学ぶ 実践!テレワーク術~テレワークマネジメント代表取締役 田澤 由利氏(後編)

  • Writer : 野本 幹彦
  • Data : 2017/09/08
  • Category : テレワーク

クラウド上にオフィスのすべての機能を置く

テレワークマネジメントがネットオフィスの活用という考えを基に、利用しているのが、仮想オフィスコミュニケーションツール「Sococo」だ。「会社に行くのではなく、会社をネット上に置くという発想からネットオフィスという言葉をつくりましたが、今はクラウド上に置くと言ったほうがわかりやすいですね」と話す田澤氏は、米国で開発されたこのツールが最適だと考えて導入したという。

Sococoは、オフィスの間取り図のような画面上の机に在宅やサテライトオフィスのメンバーが「出社」して、会議室でのミーティングや、ビデオチャットで顔を見てのコミュニケーションができるようになっている。「会社に行って仕事をするのは、会社に仕事のための道具があって、会社の仕事仲間とコミュニケーションを取りながら仕事を進めることができるからです。

クラウド上に仕事をするスペースと仕事道具がすべてあり、仕事仲間とコミュニケーションが取れれば、在宅でも同じ仕事ができるはずです。Sococoは、従来のテレワークシステムでインフォーマルコミュニケーションが取れないという課題も解決でき、いつでも相手をクリックして話すことができます。東京、奈良、北見のオフィスや、各地の在宅勤務者がすべて同じオフィスで働くことができることも魅力ですね」と田澤氏は説明する。

もちろん、必要な資料やドキュメントはすべてクラウド上で共有されており、それらを使って業務を進めたり、会議で参集したり、コラボレーションして資料を作成することも可能だ。外部の人と会議するときも、オフィスまで出向いてもらう必要はなく、URLを送ってゲストとして招待するだけで顔を合わせたコミュニケーションを行うことが可能だ。

クラウド上にSococoをはじめとする仕事環境を用意する

profile

テレワークマネジメント代表取締役 (兼 ワイズスタッフ代表取締役)
田澤 由利 氏

奈良県生まれ、北海道在住。上智大学卒業後、シャープでパソコンの商品企画を担当していたが、出産と夫の転勤でやむなく退職。子育て中でも地方在住でも仕事をしたいと、3人の子育てと夫の転勤による5回の転居を経つつ、パソコン関連のフリーライターとして自宅で働き続けた。
1998年、夫の転勤先であった北海道北見市で「在宅でもしっかり働ける会社をつくりたい」とワイズスタッフを設立。さまざまな業務を受託し全国各地に在住する110人のスタッフ(業務委託)とチーム体制で業務を行っている。
2008年には、柔軟な働き方を社会に広めるために、テレワークマネジメントを設立。東京にオフィスを置き、企業等へのテレワーク導入支援や、国や自治体のテレワーク普及事業等を広く実施している。同年、日経WOMAN「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2009」リーダー部門7位に選出。
2015年 総務省「平成27年度情報化促進貢献個人等表彰」を受賞。
2016年「テレワーク推進企業等厚生労働大臣表彰(輝くテレワーク賞)」個人賞受賞。また自らも、場所や時間に縛られない柔軟な働き方である「テレワーク」に関する講演や講義をするほか、ブログやFacebook等で広く情報発信・普及活動を行っている。内閣府政策コメンテーター、総務省地域情報化アドバイザーなど。