デジタルデータが働き方を変える
データ活用が働き方改革を促進するカギとなる。

  • Writer : Kitamura Daisuke
  • Data : 2017/11/01
  • Category : 業務改革

SFAの導入やMAの活用に取り組んでいる企業は増加しているが、実際に効率よく運用できていない企業も少なくない。その多くが自社の働き方改革が進んでいない事にある。

ツールだけをアップデートし、組織の改変や業務プロセスのアップデートがされていないためだ。では、デジタルツールに合わせた働き方改革とはどういうことだろうか?

デジタルデータの活用が全社をつなぐ‼
客観的な視点が組織を変える。

デジタルツールで取得したデータは分断してしまうと効果が得られない。経営者や組織のリーダーが中心となりデータをもとに企業戦略をたてることが必要になる。しかし、デジタルデータにあわせ組織を分けずに業務を行う事は非効率だ。

データを上手く活用している組織の多くは、定点で評価出来る組織が存在し、そこで分析された情報を全社で共有し、会議などの場でデータをもとにした、客観的な視点で議論が行われている。

客観的なデータは組織ごとの認識の差異が生まれず効率的な議論をする事ができるだけでなく、会議の前段階の資料作りでも効率化を図る事が出来る。全社で統一したデータを使うことは働き方改革には不可欠な要素と言えるだろう。

全社共通データの使用は全体を俯瞰して見る事が出来るだけでなく、各部門ごとに分かれている組織を繋げ、業務プロセスの改善をする事が出来るのだ。