介護との両立に悩んでフリーランス経理へ転身企業の管理部門強化を「個人」&「チーム」で支える

  • Writer : 株式会社Waris
  • Data : 2017/11/13
  • Category : 女性活用、テレワーク

フリーランス人事の仲間とチームで
新たな可能性を探る

子育てでのブランクを経て復職した当時のことを山下さんは、「浦島太郎状態で簡単なビジネス用語すらわからなかった。ITツールを当たり前に使い分けて、フリーランスで働く姿は想像もできなかった」と振り返る。

今では、年2回開催されるクラウドコンピューティングのエキスポに必ず足を運び、最新のクラウド会計システムをはじめ、利便性のよさそうなツールなどをチェックするほど、最新サービスの情報収集に力を入れている。

そして、そこで得た情報を共有する、同じ総合職系フリーランスの“チームメイト”の存在も。実は今年、仕事を通して出会ったフリーランス人事の女性3人とともに、「teamCTRL(チームコントロール)」という団体を立ち上げたのだ。各自が個人で仕事を受託しながら、日常的なチャットや数ヶ月に1度のミーティングを通して交流をはかり、仕事を共にするケースも発生している。

山下さんが仲間と立ち上げた「teamCTRL(チームコントロール)」のサイト。
人事と経理のフリーランスがチームで協力してプロジェクトを受注する

「経理と人事は密接で、私が経理を引き受けているスタートアップでも、経営者の方に人事面での悩みを相談されることがたびたびありました。私が対応できることもありますが、人事のプロではないので十分ではない。そうなると次は必ず“知り合いで誰かいない?”と聞かれる」。

そんな背景から、信頼できる人事のプロフェッショナルとチームを組もうと考え、協業することでクライアントをより強力にサポートできるのではないかと期待しているそうだ。

チームのメンバーには子育て中の女性もいる。自身は介護をしながら働き続けることを叶えている。そんな現状を山下さんはこう語る。「一度仕事を離れた経験があるからこそ強く感じるのは、社会との接点を持ち、他人から評価されて頑張る時間を持つということは、人生ですごく大切だということ。働きたい人が働くことを続けていくためには、今はもう、1つのプラットフォームの中で1つのルールで、というかたちでは難しいのではないでしょうか」

働く人が仕事と介護の両立に直面する介護時代は、ますます加速していく。「時間と場所にとらわれない働き方に出会っていなかったら、私も仕事を続けられていたかわからない」という山下さんの言葉に、私たちが見据えるべき次世代の働き方を見た気がした。

取材・文/株式会社Waris
(多様な生き方・働き方を創出する人材サービス企業。広報・マーケティング・人事等のプロスキルを持つ女性と企業とのマッチングサービスを展開するほか、一度離職したキャリア女性の復職支援サービス等も展開。http://waris.co.jp )