最先端技術の“日本代表”が結集!
感動が桁違いの8KVRを5Gサービスで実現

 2020年に商用開始を目指す5G 。2017年11月9日~11日の3日間にわたり、NTTドコモの主催によるイベント「見えてきた、“ちょっと先”の未来~5Gが創る未来のライフスタイル~」が開催され、多くの人で賑わった。イベントとともに、最終日に開かれた5Gサービス創出アイデアソンの模様をお届けしよう。
 2020年に商用開始を目指す5G 。2017年11月9日~11日の3日間にわたり、NTTドコモの主催によるイベント「見えてきた、“ちょっと先”の未来~5Gが創る未来のライフスタイル~」が開催され、多くの人で賑わった。イベントとともに、最終日に開かれた5Gサービス創出アイデアソンの模様をお届けしよう。

ソリューションを夢物語では終わらせない5Gのポテンシャル

 本イベントは最新技術を総結集し、「5Gで何ができるのか」を具体的に示したものだ。商用化を2020年に控え、いよいよ5Gの姿が現実味を帯びてきたタイミングだけあり、会場の東京・お台場の日本科学未来館には“ちょっと先”の未来を体験しようと非常にたくさんの人が訪れた。とりわけ最終日の11月11日は土曜日ということもあり、未来を担う子ども連れ家族の姿も数多く見られた。

会場には子ども連れの家族もたくさん訪れた

SYMMETRY alphaのクリアなVR体験に驚きの声を上げる日比さん

 今回はモデルの日比ゆりさんと会場を周り、興味深い展示をいくつか取材した。まず目に止まったのがDVERSE Inc.が提供する「SYMMETRY alpha」だ。VR製品なのだが、ゲームやエンターテインメント体験ではなく、建築・不動産向けのVRシステムという特徴を持つ。3D CADデータを読み込むことで、VRのヘッドマウントディスプレイ(HMD)によって空間を体験できる仕組みだ。今まで図面や写真でしか知ることのできなかった室内の間取りが立体的かつ鮮やかに目の前によみがえることから、BtoBの強力なソリューションとなる。会場では低遅延・広帯域の利点を生かし、5G環境でのクラウド連携デモを行った。

 「音楽先生ロボット」は、楽器の演奏音を認識して演奏の評価をしてくれる小型ロボット。これまで難しいとされてきた和音(会場ではギターのコード)を、精度の高い音程・和音認識技術で判定し、ちゃんとコードの音が鳴っていれば褒めてくれる。コミュニケーションには音声認識を採用してシナリオ対話ができるようになっている。

きちんとコード(和音)が鳴ると褒めてくれる音楽先生ロボット

分身ロボットにリアルタイムで遠隔地からデータを転送。リアリティのあるコミュニケーションに大きく貢献する

 凸版印刷と東京大学・暦本研究室との共同研究「IoA仮想テレポーテーション」のプロトタイプ展示は、まさに未来を感じさせるものだった。リアルタイムでデータ転送ができる5Gネットワークの特性をフルに活用し、テレプレゼンス(遠隔地の人たちと本当に接しているかのような臨場感を提供する技術)を実現。ブースでは分身ロボットのディスプレイに遠隔地にいると仮定した自分の顔を映し出し、これまでにない臨場体験を提供した。用途としては遠隔地からの観光体験、スポーツ体験、コンサート鑑賞のほか、遠隔就労なども想定している。

(左)リアルタイムで人物をCG合成。合成の精度は非常に高い。(右)3D CGの映像は自由視点で鑑賞できる

 デジタルコンテンツ制作などを手がけるクレッセントは、16台のカメラで撮影した360度の人物映像をリアルタイムで3D CGに合成し、5Gネットワークを利用して遠隔地に転送するデモを披露した。テレプレゼンスと似ている部分もあるが、こちらはよりエンターテインメントに寄った使い方を提案。受け手側にHMDがあれば、どこにいてもライブのリアルタイム配信に没入でき、360度の自由視点で鑑賞可能だという。また、VR空間内でほかのCGと組み合わせることで表現が広がるため、コンテンツの拡充にも役立つ。

 こうして5Gによる“ちょっと先”の未来を堪能した日比さん。会場を一周した後、NTTドコモ先進技術研究所 5G推進室 5G方式研究グループ グループリーダー 主幹研究員の奥村幸彦氏に自らミニインタビューを行った。

NTTドコモの奥村氏に話を聞く日比さん

日比さん:イベントの展示について改めて教えてください。

奥村氏:5Gに関して、我々は今までさまざまな実証実験を行ってきました。それらをいかにビジネスに結びつけていくか――その具体的な事例を、1人でも多くの皆さんに紹介したいとの思いから展示会を開催しました。

 これまでは夢物語で終わってしまうようなソリューションも、5Gを活用してシステムを構築することで現実のものとなります。ですから今までに体験したことのない新しいメニューをたくさん取り込みました。

日比さん:確かに、斬新な展示ばかりでとても面白かったです。では、5Gによって見える“ちょっと先”の未来を教えてください。

奥村氏:5GはVRやARの技術などに代表される新しい空間体験や、ロボットの遠隔制御など、私たちの暮らしを少しずつ良くしてくれる技術です。そして5Gネットワークに関連する新しいサービスがどんどん生まれ、さらに世の中が便利になっていくだろうと考えています。そのために、我々のような通信事業者だけではなくさまざまなプレーヤーと協創して、オープンイノベーションで新しい技術を開拓していくつもりです。

人気ラジオアナも参加! 白熱した5Gアイデアソン

土曜日にもかかわらず会場は満員に。5Gへの期待の高さを物語る

 同じく最終日の11月11日には、日本科学未来館の7階にてドコモ・イノベーションビレッジ主催による「ドコモと一緒に『5Gが創る“ちょっと先”の未来』を考えよう!」と題したアイデアソンが開催された。

 今回は1階に展示しているソリューションを体験してアイデアに落とし込むスタイルとなった。冒頭、挨拶に立ったNTTドコモ 5G推進室 室長の中村武宏氏は、「我々だけではアイデアが追いつかない。今や、いろんな業界の人と一緒に協力するオープンイノベーションの時代。実際の展示を参考にしながら、皆さんもどんどんいいアイデアを生み出してほしい」と激励の言葉を贈った。

 「未来協創Lab」で継続的に5Gサービスのアイデアソンを行ってきたのはご存知の通りだが、キックオフイベントでは「5Gの実現でどんな未来が待っているのか」と題した有識者による座談会を実施した。今回のアイデアソンには、その座談会に登壇したニッポン放送アナウンサーの吉田尚記氏がプライベートで参加。「ぶっ飛んだアイデアを出したい」と意欲を見せた。

(左)5Gのイベントではおなじみ、NTTドコモの中村氏。(中)プライベートで参加したニッポン放送アナウンサーの吉田氏。(右)アイデアプラントの石井氏。

 ファシリテーターはアイデアプラント 代表の石井力重氏が務めた。まず、アイデアを引き出すためのコツをレクチャーした後、1階の展示を見学するインプットツアーへ。その後は7階に戻り、「三人ブレスト」によるアイデアの醸成を経て、「アイデアスケッチ」を素描する。三人ブレストは10歩あるいてすぐそばにいる人とアイデアを交わすという偶発性を重んじたものだ。

 それから3人~4人ほどで即席のチームを組み、各人がアイデアスケッチをもとにチーム内で1分間のショートプレゼンを行い、最も得票した人がチーム代表としてプレゼン・トーナメントへ進出。最後は会場全体の投票によって順位を決める流れとした。石井氏は「ダメだと思うものでもとにかくアイデアを出し尽くすことが大事」とアドバイスした。

 1階の展示会場で既に形になっている、あるいはなりつつあるサービスを目の当たりにし、参加者たちはヒントを得たり、刺激を受けたりしたようだ。立ちながら意見を出し合う三人ブレストや、アイデアスケッチを用いたチーム内プレゼンも活気に満ちていた。

(左)インプットツアーの様子。(中)偶発性を重んじる三人ブレスト。(右)プレゼンをしてチームの代表を決める

 そして全8チームからそれぞれの代表が選出され、最後のプレゼン・トーナメントへ突入した。通常、こうしたテック系のアイデアソンは男性がほとんどだが、今回は8チーム中3チームから女性プレゼンターが選ばれるなど、“いつもとは違う視点”を期待させる布陣となった。

今回のアイデアソンでは女性の活躍が目立った

 結果、最優秀賞と優秀賞を見事に女性陣が獲得した。最優秀賞に輝いた女性はシンガーソングライターで、技術系とは無縁。テレプレゼンスの展示を見て閃いたそのアイデアは、遠隔地に住む家族とVRで一緒にゲームをやったり、触感を共有して擬似的に手をつないだり、リアルタイム映像を結んで離れていても同じ食卓を囲んだりできるといったものだ。これこそテクノロジーがもたらす新しいライフスタイルだと言えよう。

 優秀賞の女性は遠隔操作によるロボット格闘技を提案した。特撮映画のような大型ロボットを想定しており、作業用重機との闘いもある。さらに巨大ホログラムを見ながら格闘の様子を楽しめる「5Gスタジアム」もアイデアとして加えた。

最優秀賞、優秀賞は女性の手に。Google Homeなど豪華賞品が授与された

活況のうちに幕を閉じた5Gアイデアソン。次回の展開も楽しみだ

 中村氏は講評で「トーナメントで発表したアイデアはもちろん、日の目を見なかったアイデアも宝の山だと思う。NTTドコモとしては、どんな可能性も拾い上げて新たな5Gサービスの糧としていくつもりだ」と述べ、引き続き今後もこうしたアイデアソンを継続していく姿勢を明らかにした。

お問い合わせ

ドコモ・イノベーションビレッジ事務局
E-mail:village-application@nttdocomo-v.com