ORACLE次世代DB基盤研究所 〜クラウド時代のデータベース基盤の選択のポイントを教えます〜

企業のビジネスパフォーマンスを大きく左右するミッションクリティカルシステム。 そのパフォーマンスの肝となるのがデータベースです。データベース選びにはどんな視点を持てばよいのか。そして最新技術の実態とは。新たなデータベースの世界へご案内します。

クラウド時代の
正しいDB基盤の選び方

Oracle Database 12c R2も登場し、いよいよ社内のデータベース基盤の刷新を検討している企業も多いことでしょう。新たな基盤を選ぶ際、皆さんは何を指針にしますか? これまでのようにハードウェアの性能と価格だけで選ぼうとお考えの方、ちょっと待ってください!

次ページ以降をお読みいただいた方については、日経BP社が登録情報をとりまとめ、クリック後に表示される当該企業に第三者提供します。表示される説明文をお読みいただき、ご同意の上ご利用ください。

確実にリカバリできなければ、バックアップを取る意味はない

皆さん、「うちのデータベースは定期的にバックアップを取っているから大丈夫」と油断していませんか? 実はきちんとバックアップを取っていた企業の84%がリカバリの失敗を経験しているそうです。でもご安心ください。“データ損失ゼロ”を実現するリカバリ・ソリューションが用意されているんです!

次ページ以降をお読みいただいた方については、日経BP社が登録情報をとりまとめ、クリック後に表示される当該企業に第三者提供します。表示される説明文をお読みいただき、ご同意の上ご利用ください。

クラウド時代の
正しいDB基盤の選び方

Oracle Database 12c R2も登場し、いよいよ社内のデータベース基盤の刷新を検討している企業も多いことでしょう。新たな基盤を選ぶ際、皆さんは何を指針にしますか? これまでのようにハードウェアの性能と価格だけで選ぼうとお考えの方、ちょっと待ってください!

次ページ以降をお読みいただいた方については、日経BP社が登録情報をとりまとめ、クリック後に表示される当該企業に第三者提供します。表示される説明文をお読みいただき、ご同意の上ご利用ください。

確実にリカバリできなければ、バックアップを取る意味はない

皆さん、「うちのデータベースは定期的にバックアップを取っているから大丈夫」と油断していませんか? 実はきちんとバックアップを取っていた企業の84%がリカバリの失敗を経験しているそうです。でもご安心ください。“データ損失ゼロ”を実現するリカバリ・ソリューションが用意されているんです!

次ページ以降をお読みいただいた方については、日経BP社が登録情報をとりまとめ、クリック後に表示される当該企業に第三者提供します。表示される説明文をお読みいただき、ご同意の上ご利用ください。

あらゆるデータベース処理を最高に動かすには

Oracle Databaseのパフォーマンスを最大に引き出す、Oracle Exadata Database Machineは世界中の企業で採用されつつあります。その躍進の理由と今後の拡張計画について、日本オラクル株式会社 執行役員 山本恭典クラウド・システム事業統括にお話を伺いました!

NTTドコモ

「Oracle Exadataに移行することで、導入コストを約4分の1、運用/保守コストを約2分1、ファシリティ面ではラック数を350台から30台と約10分の1に削減した上で、性能は約10倍に向上しました。」

日本ペイント

「Zero Data Loss Recovery Applianceに移行したことで、データベースに関してはバックアップに伴う停止が不要となったことは、大きな定量的効果として挙げられます」

エディオン

「当初50%はコストを削減したいと考えていましたが、それを上回る成果を得ました。加えて、チューニングなしで高い性能を得られることから、運用管理に要する人的コストの削減効果も少なくないと見ています」

日本精工

「ノンチューニングで約60%の性能改善 多くの部門がOracle Exadataへの移行を希望し、ITインフラの集約化がスムーズに進んだ」「ハードウェアやOSを個別に調達する場合と比べて、初期導入コストを約60%削減できることが分かりました」

リコー

「5年間の保守費用を含めたランニングコストを20%程度削減できた。パフォーマンスについても、手の込んだチューニングを行うことなく、CWHでは最大約27倍の性能向上を確認。」

プロトコーポレーション

「汎用サーバーを利用していたら、そのインテグレーションだけで多くの期間を要し、実質3カ月での移行など不可能でした。」

導入したら即運用可能、プロが調整済みの“全部乗せ”高速データベース専用機

企業のビジネスを支えるオンライントランザクション処理をはじめ、競争力の源泉となるデータウエアハウスやインメモリー分析などはすべて、データベースを・・・

データベースのバックアップ・リカバリは何が正解なのか

企業システムにおいて、バックアップはストレージ機器の故障や災害による破損、あるいは破壊活動を目的とした不正アクセスなど、さまざまなトラブルからデータを・・・

NTTデータ先端技術が説く「Zero Data Loss Recovery Appliance」の価値

オラクルの「Zero Data Loss Recovery Appliance(以下、Recovery Appliance)」は、企業にとってますます重要性が高まるデータベースシステムの・・・

リストア/リカバリの成功率が意外に低いのはなぜなのか?

バックアップは、データベース運用における基本中の基本である。しかし、バックアップを取っているからといって安心はできない。米国の調査会社によると、・・・

日本オラクル株式会社 Oracle Digital

TEL

0120-155-096

受付時間:月〜金 9:00-12:00 / 13:00-18:00(祝日・年末年始休業日を除く)