ビジネスの明日を拓く次世代通信「5G」 さらなる高速通信へ。要素技術をいち早く展開 暮らしや仕事に「通信」が欠かせないものとなった現在、4G/LTEに次ぐ「第5世代移動通信システム(5G)」への注目は日増しに高まっている。様々な要素技術の検証が進められている中、それらを現行の通信サービスにいち早く取り込み、ユーザーにメリットを提供しているのがソフトバンクだ。同社は、人が密集したスタジアムや繁華街などでの通信改善のほか、新たに提供を開始する企業向けのIoT基盤でも、すでに5Gの特性を踏まえた提案を行っている。キーパーソンに、取り組みの最新動向を聞いた。

「ユーザーありき」の姿勢で5Gの技術を現行サービスに投入

IoTや自動運転、遠隔医療などビジネスの可能性が大きく広がる

さらなる技術の実証研究も推進 迅速な商用サービス開始をにらむ