SPECIAL REPORT|富士通のハイパーコンバージドインフラストラクチャー FUJITSU Integrated System PRIMEFLEX for VMware vSAN の実力

次世代プラットフォームとして急速に需要が拡大しているハイパーコンバージドインフラストラクチャー(HCI)。富士通では、HCIがもたらすメリットに富士通独自のノウハウを付与した「FUJITSU Integrated System PRIMEFLEX for VMware vSAN(以下、PRIMEFLEX)」を提供している。他製品にはない、PRIMEFLEXの特長と導入メリットを解説するとともに、実際にPRIMEFLEXを導入した戸田市の事例、およびVDI基盤として社内実践で導入した富士通の事例を紹介する。

 

 

インフラ運用課題を解決する「FUJITSU Integrated System PRIMEFLEX for VMware vSAN」

なぜ今、HCIが注目を集めているのか

 

富士通株式会社 データセンタプラットフォーム事業本部 コンバージドインフラストラクチャ開発統括部 コンバージドプロダクト開発部 部長 髙地 和隆 氏 富士通株式会社
データセンタプラットフォーム事業本部
コンバージドインフラストラクチャ開発統括部
コンバージドプロダクト開発部 部長
高地 和隆

 HCIは、一般的なx86サーバにコンピューティング機能とストレージ機能を統合してシンプルな構成を実現した仮想化基盤だ。HCIが注目を集める理由について、富士通株式会社 データセンタプラットフォーム事業本部 コンバージドインフラストラクチャ開発統括部 コンバージドプロダクト開発部 部長の高地 和隆氏は次のように語る。

 

 「企業や組織が仮想基盤の新規導入や更改を行うにあたっては、コストやスケジュール、サイジングなど、さまざまな制約や課題があります。そうした多くの制約や課題をまとめて解決できる一つの構築手法がHCIなのです。導入が容易で、サーバ管理者のみでの運用管理が可能。そしてスモールスタートから必要に応じてスケールアウトできる。こうしたHCIのメリットに、さらに富士通独自のノウハウを付与した垂直統合型のHCIが、PRIMEFLEXなのです」

 

 また、ストレージ仮想化技術のVMware vSAN(以下、vSAN)の採用については、以下のように語る。「一般的なHCIに採用されているストレージ仮想化技術はストレージ管理用仮想マシンでI/Oを制御することから性能のオーバーヘッドになることが考えられ、管理ツールについても固有の物を使用しなければならないという懸念点がありましたが、vSANはハイパーバイザー組み込み型のストレージ仮想化技術となっており、高い性能と管理が容易な点がPRIMEFLEXへの採用の決め手となりました」

 

図:ストレージ仮想化アーキテクチャの違いVMware vSANはハイパーバイザー組込みのSDS(Software Defined Storage)技術の採用により、高い性能の実現と容易な管理が可能だ。
構成を柔軟にカスタマイズできるHCI
「PRIMEFLEX for VMware vSAN」

 

 PRIMEFLEXは、国産サーバの垂直統合型HCIだ。富士通があらかじめシステムの設計・構築・設定・検証を行い、構築済みの仮想基盤として提供する。そのためすぐに業務に仮想化環境を適用できる。

 

 「従来、仮想化基盤を導入するためには、設計、構築、テストを行い、性能が足りなければまた設計からやり直しと、導入までに長い時間が必要でした。PRIMEFLEXならそうした工数は不要です。その時間は、ビジネスの変革や業務効率化などに充てていただけます」と高地氏。

 

 構成の柔軟さもPRIMEFLEXの特長の一つだ。サーバタイプは1Uサーバのベースタイプと2Uの高性能/大容量タイプから選択可能で、CPUは1ノードあたり4コアから56コア、メモリは1ノードあたり48GBから3078GB、HDD/SSDも1ノードあたり2.4TBから161.3TBまで、用途に応じて選択でき、コストを抑えた構成から性能を重視した構成まで、幅広い要望に応える仮想化基盤の構築ができる。

 

図:コスト重視から性能重視までフレキシブルな構成が可能HCIに搭載するコンポーネントも要件にあわせて最適に構成することができ、将来の増設の際にも、サーバ単位の増設、部品単位の強化など柔軟に対応できる。

 

仮想環境と物理環境の統合運用を実現する
インフラ運用管理ソフトウェアを標準装備

 そして、PRIMEFLEXの最大の特長が、導入/増設・運用・保守を簡易化する機能を、FUJITSU Software「ServerView Infrastructure Manager for PRIMEFLEX(以下、ISM for PRIMEFLEX)」としてあらかじめ組み込んでいる点だ。

 

 ISM for PRIMEFLEXは、直感的な視認性と操作性、多様な自動化機能を提供する、富士通が独自開発した管理ソフトウェアだ。ISM for PRIMEFLEXにログインすると、ダッシュボードで運用管理に必要な情報を一覧で視認できる。管理対象のクラスタの一覧やそれぞれのリソースの状態、異常発生のステータスなどをダッシュボード上に配置したウィジェットで確認可能だ。ウィジェットは適宜追加でき、管理者IDによる表示分けもできるため、複数の担当者が管理を行う場合にも便利だ。

 

 「ISM for PRIMEFLEXは、運用管理の自動化と可視化(ビジュアライゼーション)を実現するソフトウェアで、とくに可視化には力を入れています。ラック内の機器をグラフィックで見せたり、3D表示やネットワークマップなどを用いたりすることで視認性を向上させ、異常が発生した際などには色を変えて表示するなど、障害箇所の特定も容易です」と高地氏は語る。

 

図:実際の機器構成を再現した表示も可能「ラックビュー」のウィジェットでは実際の機器構成に紐づいた形で障害箇所などの特定ができる(左)。3Dビューを用いれば、サーバルーム内に複数のラックがある場合などでも初動対応が迅速に行える(右)。

 

 そして、ISM for PRIMEFLEXの大きな特長は「仮想環境と物理環境の統合管理が行えること」と高地氏は強調する。「ISM for PRIMEFLEXは物理インフラの管理だけでなく、仮想レイヤーの管理も一部取り込んでいます。仮想プラットフォームの管理ソフトをいちいち開かなくても、どのような仮想マシンが動いていて、どのくらいリソースを使っているかなど、仮想マシンの情報をISM for PRIMEFLEXで管理できます」と高地氏。加えて、VMware vCenter Serverプラグインも提供されているため、従来からVMware vSphere(以下、vSphere)を使っているユーザーであれば、使い慣れたVMware vCenter Serverからシステムを一元管理することも可能だ。

 

 また、ISM for PRIMEFLEXが備える各種自動化機能により、従来、手作業で行っていた煩雑な運用管理を簡単に手間を掛けずに行える。たとえばOSのインストールや設定作業の自動化や、ファームウェアの自動アップデートなど、管理の手間を削減することはもちろん、運用管理のスキル・経験が少なくても、容易に運用管理を行える。

 

図:仮想と物理の統合監視ができるISM for PRIMEFLEX万一のトラブルの発生時にも、エラーのステータスから関連する情報を簡単に表示することで、仮想リソースから物理リソースまで統一した操作性で一気に管理できる。例えばデータストアに何か異常があった場合でも、仮想と物理のつながりを容易に見つけられる。

 

図:VMware vSphere Web Clientからシステムを一元管理これまでの仮想環境管理で使い慣れたコンソールに、ISM for PRIMEFLEXをプラグインで組み込むことが可能。運用管理者の立場に立った一元管理の思想が徹底している。

 

 最後に高地氏は、PRIMEFLEXのサポート体制について次のように話した。「富士通では過去のサポート事例やノウハウを豊富に蓄積しています。VMwareとも14年にわたるパートナーシップを確立しており、構築からサポートまで多数の実績を持っています。ハードウェア、ソフトウェアともワンストップで迅速に対応できる、国産ベンダーならではの手厚く、強力なサポート体制を整えており、すべての企業・官公庁・自治体様に安心してご利用いただける製品です」

 

図:富士通だからできる、強力なサポート体制OSC(ワンストップソリューションセンター)ではトラブルの受付から原因調査、問題解決まで24時間365日ワンストップで対応。迅速で強力なサポート体制を整えている。

お問い合わせ・キャンペーン情報

富士通 ハイパーコンバージドインフラストラクチャー

「FUJITSU Integrated System PRIMEFLEX for VMware vSAN」の詳細はこちら