連載Review Ruby biz Grand prix 2017 vol.2 受賞8社に聞く Rubyの持つポテンシャルを活かした分野もサービスも異なる多彩な事例が集結

多彩な4事例が受賞したソーシャルイノベーション賞

ソーシャルイノベーション賞は、以下の4社に授与された。

親子でのお出かけ情報を網羅した「いこーよ」

アクトインディ株式会社
代表取締役
下元敬道氏

子ども連れのお出かけ情報を提供するサービス。月間ユニークユーザー数が約500万人、夏休みなどのハイシーズンには、1500万人にも増大する。「親子でのお出かけに特化したサービスで、情報量の多さと鮮度には自信があります。今後、情報を探すだけでなく、予約や決済までできるサービスにしていきたい」(下元氏)。

審査委員長のコメント

子どもとのお出かけ情報は珍しく、極めて便利。いこーよチラシなどの広告配信システムもユニーク。

アクトインディ株式会社の詳細はこちら

日本最大級のタクシー配車アプリ「全国タクシー」

JapanTaxi株式会社
開発部
ソフトウェアエンジニア
江尻好治氏

約400万ダウンロードされ、47都道府県の約6万台のタクシーに対応している。2年前、仕様も明確にはわからなくなっていたプログラムを捨て、Rubyを使って一新した。「従来は機能追加に手間も時間もかかっていましたが、今では1日に何回も更新ができるようになり、迅速なサービスの向上が可能になりました」(江尻氏)。

審査委員長のコメント

人々の暮らしに身近なタクシー配車サービスにRubyを使っている点を評価した。

JapanTaxi株式会社の詳細はこちら

社会保険・雇用保険手続きの自動化を目指す「SmartHR」

株式会社SmartHR
取締役副社長
CPO(最高開発責任者)
内藤研介氏

アナログな社会保険手続きの自動化を実現。手続き書類の自動作成や、総務省が提供するe-Gov APIとの連携により、役所への電子申請を可能にしている。オープンソースとしてライブラリを公開するなど、Rubyコミュニティにも貢献。「社会保険制度は毎年のように変わるため、Rubyを使うことにより柔軟な対応ができ、役立っています」(内藤氏)。

審査委員長のコメント

トレンドのHR Tech分野のサービス。これまでのRubyコミュニティへの貢献も評価した。

株式会社SmartHRの詳細はこちら

働き方改革プラットフォーム「Job-Hub」

株式会社パソナテック
Job-Hub事業部
プラットフォームグループ
開発マネージャー
鈴木真志氏

人材サービス会社パソナグループの子会社としての強みを活かし、個人間をつなぐクラウドソーシングだけでなく、業務委託型アウトソーシングの紹介や法人向けの業務発注管理サービスなどを提供。「働き方改革で注目されている副業を支援するサービスに取り組んでいるので、Rubyの生産性を活かし、ニーズにマッチしたサービスを迅速に提供していきたい」(鈴木氏)。

審査委員長のコメント

仕掛けは難しくはないが、一般的なクラウドソーシングと異なり現実味がある。松江に拠点をつくり、人材育成に協力している点も評価。

働き方改革プラットフォームJob-Hubの詳細はこちら

株式会社パソナテックの詳細はこちら

話題のFintech分野はURIHO

中小企業向け売掛保証サービス「URIHO」

株式会社トラスト&グロース
代表取締役社長
石井俊之氏

年商5億円以下の企業向け。定額の月会費のみで、取引先の入金遅れや未払いの際に代金が支払われるインターネット完結型のサービス。「一から開発するとなると難しい機能でも、Rubyには豊富なライブラリが揃っており容易に実装できることが多い。経営面から見てもRubyの生産性の高さを感じています」(石井氏)。

審査委員長のコメント

かなり特異なビジネスモデルであり、多くの中小企業に活用される可能性を感じた。市場性に期待ができる。

株式会社トラスト&グロースの詳細はこちら

お問い合わせ

Ruby biz グランプリ実行委員会 島根県

http://rubybiz.jp

▲ページの先頭へ

  • INDEX
  • テクノロジーが光る3事例が受賞した特別賞
  • 多彩な4事例が受賞したソーシャルイノベーション賞
  • 話題のFintech分野はURIHO
  • Ruby Biz Grand prix 2017