DIGITAL Foresight 2018 ~日経BPの編集長/上席研究員が見通すデジタルの明日~ Review IoTや人工知能(AI)などのデジタル技術がビジネスに組み込まれ、革新的な製品・サービスや新たなビジネスモデルが次々と生み出されている。デジタル化は、どう社会やビジネスを変え、企業はどのような取り組みが求められるのか。デジタルのトレンドを見通しておくことがさらに重要となってきている。こうした認識の下、開催されたのが、「DIGITAL Foresight 2018」(日経BP総研 イノベーションICT研究所 主催)だ。本セミナーでは、日経BP社のICT系媒体の編集長とイノベーションICT研究所の上席研究員が、それぞれの専門分野での取材力と知見を結集し、2018年に起こる様々な変化を徹底予測したほか、有識者やアナリスト、ICTベンダーのキーパーソンが登壇した。ここではその模様を紹介する。

株式会社三菱ケミカルホールディングス 執行役員CDO 岩野 和生氏

基調講演三菱ケミカルホールディングス

ケミカル×デジタルで生み出されるものとは

デジタル変革プロジェクトをSWATが支援

日経BP社 情報技術メディア発行人補佐 中村 建助

編集長パネルディスカッション

上席研究員が注目する2018年の重要テーマ

FinTech、RPA、AIの進化に注目

勝者と敗者、2極化が進む1年に