製品・サービス ナビ

パソコン使用の可視化で働き方改革を

2017/12/20
製品・サービス ナビ

働き方改革支援サービス パナソニック

提供予定のサービス(資料:パナソニック)

提供予定のサービス(資料:パナソニック)

パソコンやアプリの使用時間を可視化できる(資料:パナソニック)

パソコンやアプリの使用時間を可視化できる(資料:パナソニック)

レッツノート限定のサービスも用意する(資料:パナソニック)

レッツノート限定のサービスも用意する(資料:パナソニック)

パナソニックは、多様化する働き方に対応する労務管理や業務改善、快適なテレワーク環境などを支援する「働き方改革支援サービス」の提供をスタートする。

2018年2月に発売予定の「Viewサービス」は、パソコンの使用時間を可視化するサービス。パソコンのログイン、ログアウトだけでなく、キーボードやマウス、利用しているアプリケーションの使用時間も可視化できる。社員一人一人の業務習慣を分析し、業務内容を見直すことで生産性の向上につなげる。

同じく2月発売予定の「ソフトウェア型VPNサービス」は、通信制御(自動補正)を行うソフトウェア型VPN(Virtual Private Networkの略。インターネット回線上に仮想の専用回線をつくることで遠隔地との通信の安全性を高める仕組みのこと)により、無線が混雑する場所でも暗号化を維持したまま通信速度を改善する。テレワークの普及でニーズが高まっているビデオ会議ソフトを、通信品質が低い環境でも快適に利用することができる。

同社のモバイルパソコン「レッツノート」限定のサービスも提供する予定だ。「ストレスチェックサービス」は、レッツノートのフロントカメラが撮影した顔画像からリアルタイムに脈拍数を測定。脈拍の変動からストレスレベルを推定し、社員の健康管理に役立てる。

「HSS/SSD遠隔データ消去サービス」は、電源が入っていない状態でもハードディスクに保存されているデータを遠隔で消去できる。社員がレッツノートを盗まれたり紛失したりした場合に、管理者がリモートコントロールでデータを消去し、情報の漏洩を防ぐことができる。

価格は要問い合わせ。

問い合わせ先:パナソニック
電話:0120-878441
URL:https://panasonic.biz/cns/pc/workstyle/


※無料で本資料の全文をご覧いただけます
詳細資料ダウンロード

併せて読みたい
併せて読みたい