DAIKENとつくる公共・商業施設 高齢者住宅×WPC床材 コミュニケーションタフ 施設の価値を高める木質空間

エントランスから正面奥の食堂にかけて、「コミュニケーションタフ DW〈オーク(クリア)〉」採用

野村不動産グループが高齢者住宅事業に乗り出す。第一弾は、千葉県船橋市内に2017年10月にオープンするサービス付き高齢者向け住宅「OUKAS(オウカス)船橋」だ。最初の案件だけに1階共用部の仕様決めには悩み抜いたという。床材として最終的に採用を決めたのは、大建工業のWPC床材「コミュニケーションタフ DW」である。

木村 仁 氏 野村不動産株式会社 シニア事業部 担当課長

 「1階共用部の床材にはもともと木材を使いたいと思っていました。しかし、メンテナンスに心配があり、二の足を踏んでいました」。

 そう振り返るのは、野村不動産シニア事業部担当課長の木村仁氏だ。同社が新しく取り組み始めた高齢者住宅事業の第一号案件、「OUKAS(オウカス)船橋」の建築を担当する。

健康維持・増進を図る。1階共用部が「顔」に

 野村不動産グループが高齢者住宅の建設・運営に乗り出すことを決めたのは、3年ほど前だ。

 OUKASブランドの高齢者住宅は主に健常者を想定した自立型。グループ内でフィットネス事業を展開する「野村不動産ライフ&スポーツ」のノウハウを生かし、「運動」「食事」「睡眠」などの面から入居者の健康維持・増進と地域との交流を図る運営を心掛けるという。

 1階共用部には、そうした切り口からOUKAS共通のスペースとして、「フィットネススタジオ」「食堂」「地域交流カフェ」の3つを配置する。エントランスホールからそれらのスペースにかけての空間は、言わばブランドの顔だ。

 住戸は主に2階以上に配置。住戸面積19〜26㎡の1人入居用のものが58戸、同37〜50㎡の2人入居可能なものが67戸、計125戸を用意する。高齢者住宅の建設は初めてということもあって、間取りには豊富なバリエーションを持たせ、市場の反応を探った。

●サービス付き高齢者向け住宅
「OUKAS(オウカス)船橋」
所在地:千葉県船橋市北本町1丁目905-4外
敷地面積:4632.58㎡
延べ床面積:7,701.69㎡
構造・階数:鉄筋コンクリート造・地上6階
住戸数:125戸
建築主:野村不動産
運営者:野村不動産ウェルネス
●50㎡・2LDKの住戸のダイニングスペース
高齢者施設向け「おもいやりシリーズ」のドア・収納のほか、化粧シート仕上げの防音床材にも大建工業製を採用
+クリックで拡大

床材に木材を使いたい。しかしメンテが課題に

 空間の質にはこだわった。木村氏は「介護施設の床材は一般的に長尺シートとタイルカーペットの組み合わせが多い。しかしそれでは、空間のダイナミックさに欠けます。空間の質をもっと大事にしたいと考えていました」と強調する。

 OUKASブランドの顔にもなり得る空間をどう仕上げるか――。第一号案件ともなれば、その出来栄えがブランドの印象を決定付ける。

 木材を用いることができれば、空間に温かさや落ち着きも生まれる。ただ、1階共用部は、靴のまま出入りする空間。床材に木材を使うと、キズが付いたりへこんだりするリスクが見込まれる。耐久性の観点からみると、最適な素材とは言えない。

 そこで計画当初は、床のメンテナンスに手間やコストが掛からずに済むように、タイル、石、タイルカーペットを使う想定だった。具体的にどのような製品を用いるかを決めたうえで、それを基に建築確認申請を済ませた。

 ここで転機が訪れる。

 大建工業が70年培ってきた技術を展示した「DAIKENテクノビジネスフェア」に、木村氏が情報収集を目的に参加したのである。会場では、木材組織にプラスチックを染み込ませて硬化させることで強度を高めるWPC加工の技術を紹介していた。「これなら使える。そう直感しました」。木村氏は言い切る。

ページのトップへ
●フィットネススタジオ
「コミュニケーションタフ DW〈檜〉」採用
+クリックで拡大
●食堂
「コミュニケーションタフ DW〈オーク(クリア)〉」採用
+クリックで拡大

着工時期に仕様を変更。空間に迫力が生まれる

 WPC床材の製品を実際に確認したのは、大建工業が東京・秋葉原に開設する「DAIKEN秋葉原テクニカルスペース」だ。技術や素材、製品を展示するほか、試作品シミュレーションスペースなどを設け、来場者と製品開発を行うことを想定したショールームである。床材の仕様変更に対する了解を取り付けようと、木村氏は設計者や施工者とともに、そこを訪れた。

 「着工時期になって床材の仕様を見直すようなことは滅多にありません。このときばかりは、高齢者住宅として第一号の案件だったことから、悩みながら決断を下しました」。

 このころには、外装デザインのモチーフを内装デザインまで引き入れて、インテリアの基調を和モダンにすることを決めていた。1階共用部では床材に木材を使うだけでなく、壁面や天井面を木製ルーバーで覆い、工夫を凝らした。また、居室にも大建工業の「おもいやりシリーズ」のドアや収納を採用し、木目柄でコーディネートした。

 特に、1階共用部の仕上がりには満足を覚えている。「エントランスホールから食堂にかけては、要所に木材を取り入れたことで迫力が生まれました。内覧に訪れたお客様からもご好評を頂いています」。

 野村不動産では「OUKAS船橋」に続く案件を、千葉市、東京都三鷹市、横浜市で計画中。向こう10年間で40棟・5000戸の供給を目指すという。

 「マンネリズムに陥るのは避けたいので、OUKASブランドで使う建材を1つのパターンに決めてしまうことは考えていません。ただ、『OUKAS船橋』で採用したWPC床材が良いものであることは間違いありません。第二弾以降も採用していく可能性は十分に考えられます」と、木村氏は締めくくった。

+クリックで拡大
お問い合わせ
Daiken
大建工業株式会社
〒101-8950 東京都千代田区外神田3-12-8 住友不動産秋葉原ビル
TEL:03-6271-7788
https://www.daiken.jp/product/contents/building/
ページのトップへ