• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • NATIONAL GEOGRAPHIC
  • 日経電子版
インタビュー

[新春特別対談] コージェネが加速する社会インフラ革命 分散型システム、熱の有効活用から生まれる 新たなビジネスと経済成長(後編)

[新春特別対談] コージェネが加速する社会インフラ革命 分散型システム、熱の有効活用から生まれる 新たなビジネスと経済成長(後編)
------------------
2017年1月18日(水)公開
構成・文/小林佳代 写真/加藤康
 

前回に続き、エネルギー政策を指揮する経済産業省 資源エネルギー庁の藤木俊光 省エネルギー・新エネルギー部長とエネルギーシステム研究の第一人者として国のエネルギー政策に長年かかわってきた東京工業大学の柏木孝夫 特命教授/名誉教授が、脱炭素と同時に、新たなビジネス創出や地域活性化による経済成長を実現する上で、コージェネレーション(熱電併給)システムを要とした分散型エネルギーシステム構築が果たす役割などについて、議論・提言する後編。ネガワット取引から水素発電まで、新たな施策や技術、ビジネスモデルなどへの期待や可能性などに話は及ぶ。

再生可能エネルギーは伸びしろのある電源

柏木孝夫氏(以下敬称略):東京電力福島第1原子力発電所の事故を受けて、「もう日本に原子力発電所はいらない」「再生可能エネルギーを目一杯導入すればいい」と言う人がいます。しかし、それは現実的ではありません。政府が2015年に策定した「エネルギーミックス」は経済性、供給安定性、環境性という3つのポイントをバランスよく考慮して出した解だと認識しています。その上で、再生可能エネルギーの将来性、可能性についてどう考えていますか。

「福島の5地域で地産地消型のスマートコミュニティをつくることができれば横展開は容易です。水素、送電網整備の実証実験など、いろいろなチャレンジをしていきたいですね」(藤木氏)
「福島の5地域で地産地消型のスマートコミュニティをつくることができれば横展開は容易です。水素、送電網整備の実証実験など、いろいろなチャレンジをしていきたいですね」(藤木氏)

藤木俊光氏(以下敬称略):経済性、供給安定性、環境性の3つをきれいに満たすエネルギー源は日本には残念ながら存在しません。そもそも日本にはほとんど資源がないのですから、贅沢なことは言えない。あらゆる電源の特徴を活かしながらうまくやっていくことが必要です。ただ、その中で再生可能エネルギーは伸びしろのある電源だと思っています。コストもまだまだ下げる余地はあります。天候などに左右され不安定なのが難点と言われていますが、ICT(情報通信技術)や蓄電池などを活用することで多少の改善はできます。

 エネルギーミックスでは30年に再生可能エネルギーが全発電電力量の22~24%を占めることを想定しています。2割を超える電力量を担うということは大変なことで、責任も大きくなります。再生可能エネルギーの関係者には、「いろんな工夫をして短所を直しながら、中核電源として、この国を担うことを考えていってほしい」と伝えています。

 17年はネガワット(省エネ)取引も始まります。先ほど、経済性、供給安定性、環境性の3つを満たす電源はないと言いましたが、実はネガワットはそれが可能です。使わない手はありません。個々で実行する省エネは小さなものですが、うまくつなぎ合わせて意味ある単位にしていくことが重要です。

柏木: ネガワット取引が始まればキャッシュの流れも生まれますね。エネルギー自由化が進んでいますからポジワット(創エネ)でもキャッシュの流れができています。ダブルでキャッシュの流れができる。ということは、コージェネなどの機器を導入した後のペイバックタイムがぐっと短くなります。6、7年かかると「導入できない」とか、「補助金がないと難しい」という声が出ますが、仮に3年になるならば、導入しようと思う人は増えるはず。コージェネを核とした分散型エネルギーシステム構築に弾みがつきそうです。

 政府の予算を見ると、再生可能エネルギーと福島復興とを関係づけるプロジェクトが多いと感じます。例えば未来の新エネルギー社会を先取りするモデルとすべく、会津若松市、新地町、相馬市、浪江町、楢葉町でスマートコミュニティの構築を進めていますね。狙いは何ですか。

藤木: スマートコミュニティについては、10年から横浜市、豊田市、けいはんな学研都市、北九州市の4カ所で実証を進めてきました。

 様々な試みが取り入れられ、多くの成果が出ました。ただ、これら4つの地域は大都市で、もともとアドバンテージを持っています。日本のほかの町、ほかの地域で展開可能かというと、ややハードルが高い。

 その点、人口規模がずっと小さい福島の5地域で地産地消型のスマートコミュニティをつくることができれば横展開は容易です。しかも福島は新しいまちづくりを進めようとしているところですから、大きなポテンシャルがある。水素の実証実験、送電網整備の実証実験など、いろいろなチャレンジをしていきたいですね。

 
前ページ前ページ 123 次ページ次ページ
 
インタビュー 記事一覧
 
 
 
プロフィール
藤木 俊光(ふじき としみつ)氏

藤木 俊光(ふじき としみつ)
経済産業省 資源エネルギー庁
省エネルギー・新エネルギー部長
1988年、通商産業省(現経済産業省)入省。富山県商工労働部長、知事政策室長、中小企業庁長官官房政策企画官、事業環境部金融課長、経済産業省大臣秘書官事務取扱、製造産業局産業機械課長、経済産業政策局企業行動課長、経済産業政策局経済産業政策課長、大臣官房総務課長を経て、2015年7月から現職。

柏木 孝夫(かしわぎ たかお)氏

柏木 孝夫(かしわぎ たかお)
東京工業大学 特命教授/名誉教授
コージェネ財団 理事長
1946年東京生まれ。70年、東京工業大学工学部生産機械工学科卒。79年、博士号取得。東京工業大学工学部助教授、東京農工大学工学部教授、東京農工大学大学院教授などを歴任後、2007年より東京工業大学ソリューション研究機構教授、12年より特命教授/名誉教授。11年よりコージェネ財団理事長。経産省の総合資源エネルギー調査会新エネルギー部会長などを歴任し長年、国のエネルギー政策づくりに深くかかわる。現在、同調査会の省エネルギー・新エネルギー分科会長、基本政策分科会委員などを務める。主な著書に「スマート革命」「エネルギー革命」「コージェネ革命」など。

News & Topics

生産性向上設備投資促進税制、コージェネレーションに係る課税標準の特例措置(固定資産税)など、税制優遇の手続きに必要な証明書を、コージェネ財団が発行しています。

詳細はこちら詳細はこちら

一般財団法人
コージェネレーション・
エネルギー高度利用センター

〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-16-4
アーバン虎ノ門ビル4階
TEL. 03-3500-1612
FAX 03-3500-1613