知性が口紅をつけたら、最強。働く女性のための美容誌

「ビューティ」「ヘルス」を切り口にした“いま”を切り取るカルチャー誌です。

早いもので2018年5月に創刊4周年となります『etRouge(エ ルージュ)』。日経BP社より年4回お届けする弊誌は、社会で日々活躍する女性たちのために、まったく新しい切り口で企画・編集するビューティ&ヘルス誌です。

誌名『etRouge』は「~と赤」「and Red」の意味を持つフランス語。たっぷりでもほんのりでも、口紅に代表される「赤い色」をさすことによって、女性はたちまち華やぐ存在になる――そんな思いを込めてタイトルをつけました。

創刊以来、単なる化粧品カタログに終わらない掘り下げた美容の情報、美容分野に限らない「いま会ってみたい」人物のインタビューやエッセイ、また何度も眺めたくなる紙媒体ならではのヴィジュアルづくりをモットーにしております。

『etRouge』は、ご登録いただくと、雑誌も送料も無料でご自宅までお届けする「リクエストマガジン」です。よく「無料なのはなぜ?」「どんなビジネスモデルなの?」といったご質問をいただくのですが、その主な理由は

[1] 毎号お答えいただいている巻末アンケートの結果をビューティビジネスのマーケティングにフィードバック。
[2] 読者を基本「日経系メディアに接触している働く女性」に絞っていることで得られる効率のよい広告。

になります。忙しい女性ほど、たとえ雑誌を読むのが大好きでも「本屋さんに足を運んで雑誌を見て選んで買う」といった行動が、なかなかとれなくなっている昨今。それなら直接ご自宅にお届けしてしまおう、というまったく新しい発想がベースになっています。

2018年も3月、5月、9月、11月の年4回発行予定です。発行日近くになりますと、その号の入手は困難になりますので、この機会に是非、毎号確実にお読みいただくための読者登録をどうぞよろしくお願い申し上げます。

etRouge編集長 麻生 綾

麻生 綾プロフィール

ビューティ・ディレクター/美容編集者。東京育ち。上智大学文学部新聞学科を卒業後、婦人画報社(現ハースト婦人画報社)入社。以来、女性誌の美容ページ担当歴は20数年にわたり、また『25ans』 『婦人画報』(ともにハースト婦人画報社)、『VOGUE JAPAN』(コンデナスト・ジャパン)各誌で副編集長を務める。2014年1月より『etRouge』編集長。
etRougeの主なコンテンツ
巻頭インタビュー&エッセイ
・私のアイコンは私。(2014年5月号)
・私の年齢は私が決める。(2014年10月号)
・私の独立記念日。(2015年9月号)
・私の10年後は。(2016年11月号)
・本当の私、始まる。(2017年3月号)
・アイム ア ウーマン。(2017年9月号)
・今、ここに生きている私。(2017年11月号)
巻頭コラム
・エディターズ アイ etRougeの視点
・ビューティ見聞録
好評連載
・編集長による経営者インタビュー「愛するコスメをビジネスに」
・臓器から美容を考える「肝腎要」
・美旅
・BLOOM もっと自分を好きになる。etc.

そのほかメイクアップ、スキンケア、ヘアケア、フレグランスの特集など、日々忙しく働く女性に向けて、厳選した情報を季節ごとにお届けします。