〜流通サービス業に広がる先進テクノロジー〜 人工知能がショッピングを変える

日本の流通サービス業は大きなチャレンジに直面している。先進企業は、顧客の購買データから嗜好を分析し、進化するデジタルマーケティングで、新たな顧客体験の提供を目指した取り組みを進めている。そこで大きなカギを握るのがデータであるが、このデータを人工知能で分析し、活用する実践事例がマーケティングの現場でも始まっている。マーケティング革新へのチャレンジは同時に、ユーザーのショッピングシーンを大きく変えていくはずだ。流通サービス業における人工知能への期待は高まっており、実用段階に入っている。

オムニチャネルと人工知能で進化する新しい食品ビジネス

テクノロジーの進化により消費者の“食”の楽しみ方が変化するなか、個客の嗜好を的確にとらえた新しいマーケティングの実践が求められている。食品は、人間が五感を使って味わう感覚的な商品である反面、食品の「美味しさ」「鮮度」「安全・安心」「健康への効能」は、デジタルにより見える化することも可能だ。こうした食品の持つ特性を活かし、世界ではIoTや人工知能を活用した新しいビジネスモデル構築への挑戦がスタートしている。これからの食品業、流通業は先進テクノロジーを活かし、どのように経営の力に変えられるのだろうか?

人工知能が変える食品業界

世界的に食品の消費者の購買行動の姿が大きく変わりつつあるなか、企業が個客体験を高めていくためにまずやるべきことは、マーケティング戦略立案と実施するスキルと先進テクノロジーを理解してマーケティングに活かす技術を持つことだ。食品マーケティングにおいても人工知能は、新しい顧客価値を生み出す可能性を秘めている。人工知能の意外性、実現性について、個客へのアプローチの現実解とは何か。

食品業界の先進事例

リアル店舗+デジタル統合化のいわゆるオムニチャネル戦略を推進しているオイシックスは、食品流通における新しい顧客の関係の構築とブランド力で更なる成長を遂げようとしている。また、オンライン・オフラインのファンコミュニティーの通じて、複数の商品を開発し全国発売するなど、個客とともに商品開発するマーケティング展開をしているのがサッポロビールである。オムニチャネル、個客マーケティングといった、デジタル戦略を実践している企業のいまを考察する。

知っておきたい食品業界のトレンド

先端テクノロジーで小売業は新業態へと変化せよ

少子高齢化、TPPによる市場開放、オムニチャネルの進化、経営環境は急速に変化しているこうした中、先進企業はテクノロジーで武装した新しいビジネスモデルを拡大し続け徐々にではあるが確実に既存小売業のビジネス収益を下降させる要因になっている第4次産業革命の中、小売業は顧客起点のさらなる進化を始めよう

人工知能時代の新しい小売業

IoT+人工知能時代に求められるマーケティング戦略とは