「コラム」エグゼクティブ採用のトレンドと背景


Themeグローバル

いまどきグローバル人材は、
国内勤務?

グローバル人材と聞くと「海外勤務あるいは海外出張を繰り返しながら多言語を操りビジネスを動かすメーカー勤務者や商社マン」というようなイメージを抱く人が多いのではないだろうか?もちろんそのような人も大勢いるが、「グローバル人材」と言っても活躍の場は必ずしも海外ばかりではない。国内勤務のグローバル人材の現状を解説する。


英語力はグローバル人材に求める最優先要素ではない!?

「いまどきグローバル人材とは?」を理解する前に押さえておきたいポイントがある。それはグローバル展開している・しようとする企業にとって、「エグゼクティブ人材」は「グローバル人材」とほぼイコールということだ。今やどの企業も内需に頼らず、世界を相手にビジネスをしている。そういった組織のエグゼクティブ人材であるということは、つまり、グローバル人材でなければならないということ。もはや「英語が話せるか?」「海外赴任を厭わないか?」というような問題ではない。

では、いまどきグローバル人材に求められる要素とはどのようなものだろうか?企業が求める主だった要素は、以下の4つだ。

・日本だけではなく、世界規模で広く物事を考えられる視点を持つこと
・ダイバーシティー(多様性)に富む組織・人材をマネジメントする能力を持つこと
・特定職種のスキルに加え、事業戦略の企画・推進を行う能力を持つこと
・ビジネスシーンで不自由ない程度の英語力を持つこと

中でも、特に一点目、二点目の要素が重要とされる。しかし、現状はニーズを満たすエグゼクティブ人材が足りていない。そのため、どの企業もグローバル人材の中途採用・育成に躍起になっている。グローバル人材として活躍を目指すのであれば、今はチャンスだと言えよう。

日本国内で活躍するグローバル人材

では国内でグローバル人材として活躍するのはどのようなケースがあるのか、求人ニーズから見てみよう。

まず挙げられるのは日本進出に積極的な外資系企業に入社する道だ。ちなみに今、進出に積極的なのは、日本が先進国の中でも際立って少子高齢化の進んだ市場であることに注目する業界、メディカル業界やバイオ業界だ。また、中小企業をターゲットにしたB2Bビジネスサービスを手がける外資系企業も進出に積極的だ。日本は99%以上を中小企業が占めるが、ここをターゲットにしたサービスが充実していない点に商機を見出している。

外資・内資・規模を問わずネット系企業もグローバル人材を求めるケースが多い。彼らはすでに世界規模で顧客を奪い合っているからだ。ネットを介したビジネスのため、現地勤務にこだわらないのも納得ができるだろう。

日本企業の海外進出支援を目的に、SIerがグローバル人材を求めるケースや、コンサルティングファームがグローバル人材を求めるケースも増えている。ただし、これらは国内ではなく、海外勤務になることもあるため、応募時に確認が必要だ。

いずれの企業も、同僚や部下の国籍は多様で、言語は英語が基本、文化の違いを理解したうえでのマネジメントが求められる。日本にいながらにしてグローバル人材を目指し、キャリアをより磨きあげてほしい。

「グローバル」でキャリアの可能性を広げるには

採用の背景を知って興味をお持ちになった方は、キャリアの可能性を広げてみませんか。
公開中の求人情報と非公開求人、コンサルタントへのご相談も承ります。

まずは、DODAにご登録を。スカウトなど、最新の情報はDODAのご登録者に限りお届けいたします。

DODAエージェントサービスに無料登録

△ページ上部へ

人材紹介のプロに聞く高年収・マネジメント層の転職術
Vol.01 広がる高年収・マネジメント層の転職市場
Vol.02 高年収・マネジメント層の転職の極意
「中途採用」の実態調査
Vol.01 未経験の業種、職種に転職できる可能性は何%?
Vol.02 採用担当者が面接で見ているのはどこ?
Vol.03 学歴は中途採用で求められる?-学歴と転職の関係-
Vol.04 採用担当者が履歴書・職務経歴書で一番見ているのはどこ?
Vol.05 英語は転職に有利!?グローバル採用の実態調査-
Vol.06 面接は平均何回?
Vol.07 平均年齢はさらに上昇!転職成功者の年齢調査(2016年上半期)
”志”転職事例 エグゼクティブ行動転職理論
Vol.01 40を仕事人生の後半と見るか折り返し地点と見るかで、行動が変わってくる
Vol.02 なぜ“キャリアの棚卸”を習慣にしている人は即戦力になるのか?
Vol.03 リスクを負えないと、ただのサラリーマンで、終わる
Vol.04 元CIOが果たしたスピード転職!即戦力として招かれたエグゼクティブの声と思いに迫る!
Vol.05 リスクは引き(2014/4/24)受け、手柄は他人に 名工場長が果たした、54歳の異業種転職
高年収・マネジメント層転職サポートから学ぶ”真のエグゼクティブ”とは?
Vol.01 なぜエグゼクティブの面談は時間通りに終わるのか
Vol.02 エグゼクティブは”お見送り”の受け止め方もまた、一流
Vol.03 成功するエグゼクティブが持つ3つの「仮説力」とは?
ホンネの転職白書
Vol.01 「35歳限界説」は過去!?転職市場の新たな潮流とは?
Vol.02 TOEIC®スコアが高いほど、年収は高い!? スコア別平均年収
Vol.03 転職は何回までできる?「転職回数」と「転職成功」の関係性
Vol.04 「転職で年収アップした人・していない人」DODAで転職した23,000人のキャリアタイプを分析!
本田直之氏インタビュー
Vol.01 キャリアの選び方
Vol.02 成果をあげる仕事術
Vol.03 転職する人へのメッセージ
森正文氏インタビュー
Vol.01 タイミングの見極め方
Vol.02 キャリアの選び方
Vol.03 失敗の捉え方
岡村進氏インタビュー
Vol.01 社会人10年目以降に“偶然の人事”に身を任せてはいけない理由とは
Vol.02 仕事の“ホームドクター”がいると、キャリアアップに有利なのはなぜか
Vol.03 外資系・日系問わず、今後求められるビジネスパーソンの資質とは
Vol.04 人生最大の“投資案件”、10年後の自分は「買い」か
三谷宏治氏インタビュー
Vol.01 限界への挑戦が成長を生む
Vol.02 必要なのはイノベーション力
Vol.03 座って悩まず、動いて考えろ!
小暮真久氏インタビュー
Vol.01 ソーシャルビジネスが世界の潮流に
Vol.02 大企業を捨てて社会起業家へ
Vol.03 自分の「想い」にまっすぐ向き合う
転職ランキング
転職人気企業ランキング2016
仕事満足度ランキング2016
転職マニュアル
Vol.01 「キャリア価値を”最大化”する」ヘッドハンターとの出会い方・付き合い方
Vol.02 転職で年収アップするのはこんな人 年収アップ成功者に見る傾向と対策
エグゼクティブの転職の実態
Vol.01 年収2000万でも転職できるエグゼクティブ 300万円でも転職できないエグゼクティブ
Vol.02 えっ!? TOEIC®テスト600点でも大丈夫? エグゼクティブに求められる英語力
Vol.03 いまどきグローバル人材は、国内勤務?
エグゼクティブのキャリア進化論
Vol.01 これからの時代をリードするゼネラル・マネジャーの条件とは
Vol.02 業界を超えて活躍するための秘訣は、掛け算のキャリアにあり
Vol.03 イノベーションを起こせる人材以外は、企業から求められにくい時代に
合格診断
人気企業への合格の可能性を診断!応募する前にわかる!「合格診断」