株式会社人財アジア代表取締役社長 岡村進氏 interview あなたは「過去の人」になっていないか。自分を客観視しながら、めざす方向へと意識的に道を切り開くためには。


VOL.3 外資系・日系問わず、今後求められるビジネスパーソンの資質とは

岡村進氏

岡村進(おかむら・すすむ)氏
株式会社人財アジア代表取締役社長

1961年生まれ。東京大学法学部卒業後、第一生命保険に入社。国内外与信審査部、シティバンク米国本店審査部トレーニーなどを経て、米国運用子会社DIAM USA社長兼CEOを経験。2005年、欧州系運用会社UBSグローバル・アセット・マネジメント入社。2008年より代表取締役社長。2013年、株式会社人財アジア設立、代表取締役社長に就任。米国コロンビア大学経営学修士。米国公認会計士、日本証券アナリスト、宅地建物取引主任。

尖った人材が煙たがられる時代は終わる

「『何でもできます、何でもやります』は外資系企業では通用しません」
 岡村氏は元UBSグローバル・アセット・マネジメント代表取締役社長時代、多くの採用面接に立ち会ってきた。日本企業出身者の多くが口にしたのが、この言葉だったという。
「私は日本企業にも勤務し、外資のトップも務めた経験から両者の違いを肌で感じ取ってきましたが、与えられた仕事をしっかりやるのが日本企業の社員の特徴です。仕事に対する熱意は同じでも、日本企業の場合、まわりの人々とうまくやっていくことも重視されます。言い換えれば、あまり尖った人材は煙たがられるのです」

会社の利益になる人材か

 それはマネジメントにも反映されている。
「日本企業は多様な価値観の人材がいると均質化しようとします」
 この傾向について、岡村氏自身、苦い思い出がある。日本企業に務めていたころ、実は部下に対して同じような助言をしていたのだ。
「尖った才能を持った社員に、『ほどほどにしておけ。まわりとうまくやることも考えろ』などと指示していました。今思えば、あれは個性を潰すマネジメントでしたね」と振り返る。
 そう気付いたのは、外資系のトップを務めてからだ。
 「外資では、『これができる』、『これがやりたい』というプロフェッショナル社員がたくさんいます。だからマネジメント側も、そうしたむき出しの個性を潰すのではなく、さらに生かす能力が求められます。実際、彼らは自分の長所で金を稼ぐのであって、短所を直してまわりとうまくやったところで会社の利益に貢献できるわけではないんです」

熱い思いを失うな

  もっとも、日本企業もグローバル志向が強まっているだけに、これからは日本企業、外資系企業の区別なく、同じように能力のある人材が求められるはずだ。では、日系ビジネスパーソンは戦っていけるのか。決して彼らの能力が劣っているわけではないと岡村氏は説明する。
「みんな就職時には何らかの夢や思いがあったはずなんです。ところが人事部門任せのキャリア、つまり“偶然の人事”で生きてきたため、いつのまにかそういう熱い思いや尖った部分を削ぎ落とされてしまう。本当にグローバル企業で生き抜くには、何をやりたいのかという意識を高める必要があります。能力は負けていないんです。『私はこれがやりたい』『私はこれができる』と口に出す。それはリスクを取ることでもありますが、それでも潰されない強さを持つことも必要です」


NEXT >> 人生最大の“投資案件”、10年後の自分は『買い』か

[注目のコンテンツ]

あなたの市場価値を査定してみませんか?

ご自身の市場価値を把握しておくことは重要です。
あなたのキャリアから想定できる「適正年収」を算出します。相談のみのご利用も可能ですので、是非ご登録ください。

DODA無料年収査定に申し込む

今後のキャリアについて考えてみたい方は高収入・マネジメント向けDODAエージェントサービスに登録!

DODAは、求人情報のご紹介だけを行なうわけではありません。プロのキャリアアドバイザーが、あなたの考える理想のキャリア形成をお聞きした上で、実現するためにどのようにしていくべきかを一緒に考えていきます。
相談のみのご利用も可能ですので、是非ご登録ください。

高年収・マネジメント層向け
DODAエージェントサービスに登録

△ページ上部へ

人材紹介のプロに聞く高年収・マネジメント層の転職術
Vol.01 広がる高年収・マネジメント層の転職市場
Vol.02 高年収・マネジメント層の転職の極意
「中途採用」の実態調査
Vol.01 未経験の業種、職種に転職できる可能性は何%?
Vol.02 採用担当者が面接で見ているのはどこ?
Vol.03 学歴は中途採用で求められる?-学歴と転職の関係-
Vol.04 採用担当者が履歴書・職務経歴書で一番見ているのはどこ?
Vol.05 英語は転職に有利!?グローバル採用の実態調査-
Vol.06 面接は平均何回?
Vol.07 平均年齢はさらに上昇!転職成功者の年齢調査(2016年上半期)
”志”転職事例 エグゼクティブ行動転職理論
Vol.01 40を仕事人生の後半と見るか折り返し地点と見るかで、行動が変わってくる
Vol.02 なぜ“キャリアの棚卸”を習慣にしている人は即戦力になるのか?
Vol.03 リスクを負えないと、ただのサラリーマンで、終わる
Vol.04 元CIOが果たしたスピード転職!即戦力として招かれたエグゼクティブの声と思いに迫る!
Vol.05 リスクは引き(2014/4/24)受け、手柄は他人に 名工場長が果たした、54歳の異業種転職
高年収・マネジメント層転職サポートから学ぶ”真のエグゼクティブ”とは?
Vol.01 なぜエグゼクティブの面談は時間通りに終わるのか
Vol.02 エグゼクティブは”お見送り”の受け止め方もまた、一流
Vol.03 成功するエグゼクティブが持つ3つの「仮説力」とは?
ホンネの転職白書
Vol.01 「35歳限界説」は過去!?転職市場の新たな潮流とは?
Vol.02 TOEIC®スコアが高いほど、年収は高い!? スコア別平均年収
Vol.03 転職は何回までできる?「転職回数」と「転職成功」の関係性
Vol.04 「転職で年収アップした人・していない人」DODAで転職した23,000人のキャリアタイプを分析!
本田直之氏インタビュー
Vol.01 キャリアの選び方
Vol.02 成果をあげる仕事術
Vol.03 転職する人へのメッセージ
森正文氏インタビュー
Vol.01 タイミングの見極め方
Vol.02 キャリアの選び方
Vol.03 失敗の捉え方
岡村進氏インタビュー
Vol.01 社会人10年目以降に“偶然の人事”に身を任せてはいけない理由とは
Vol.02 仕事の“ホームドクター”がいると、キャリアアップに有利なのはなぜか
Vol.03 外資系・日系問わず、今後求められるビジネスパーソンの資質とは
Vol.04 人生最大の“投資案件”、10年後の自分は「買い」か
三谷宏治氏インタビュー
Vol.01 限界への挑戦が成長を生む
Vol.02 必要なのはイノベーション力
Vol.03 座って悩まず、動いて考えろ!
小暮真久氏インタビュー
Vol.01 ソーシャルビジネスが世界の潮流に
Vol.02 大企業を捨てて社会起業家へ
Vol.03 自分の「想い」にまっすぐ向き合う
転職ランキング
転職人気企業ランキング2016
仕事満足度ランキング2016
転職マニュアル
Vol.01 「キャリア価値を”最大化”する」ヘッドハンターとの出会い方・付き合い方
Vol.02 転職で年収アップするのはこんな人 年収アップ成功者に見る傾向と対策
エグゼクティブの転職の実態
Vol.01 年収2000万でも転職できるエグゼクティブ 300万円でも転職できないエグゼクティブ
Vol.02 えっ!? TOEIC®テスト600点でも大丈夫? エグゼクティブに求められる英語力
Vol.03 いまどきグローバル人材は、国内勤務?
エグゼクティブのキャリア進化論
Vol.01 これからの時代をリードするゼネラル・マネジャーの条件とは
Vol.02 業界を超えて活躍するための秘訣は、掛け算のキャリアにあり
Vol.03 イノベーションを起こせる人材以外は、企業から求められにくい時代に
合格診断
人気企業への合格の可能性を診断!応募する前にわかる!「合格診断」