レバレッジコンサルティング株式会社 代表取締役 本田直之氏 interview  ビジネス界のカリスマが語る「これからのビジネスパーソンに求められること「レバレッジシリーズ」をはじめ、著書累計250万部を超えるベストセラー作家であり、ベンチャー投資家や経営者でもある本田直之氏は、一年の半々をハワイと東京で過ごすデュアルライフを実現し、サーフィンを楽しみ、アイアンマンレースに挑戦する。まさに仕事と遊びの達人と言えるだろう。そんな本田氏に、自らの仕事論やこれからの時代に求められる人材像、転職について語っていただいた。


VOL.2 成果をあげる仕事術 本田氏が提唱しているのは、小さな労力で最大の効果を出す「レバレッジ思考」。VOL.2ではこの「レバレッジ思考」を中心に、本田氏の効率重視の仕事観に迫る。

本田 直之氏

本田 直之(ほんだ・なおゆき)氏
レバレッジコンサルティング株式会社 代表取締役CEO

明治大学商学部、サンダーバード国際経営大学院経営学修士(MBA)卒業。シティバンクなど3社の外資系企業を経て、バックスグループの経営に参画し、常務取締役としてJASDAQ上場に導く。現在は、日米のベンチャー企業への投資事業および、少ない労力で多くの成果をあげるためのレバレッジ・マネージメントのアドバイスを行う。日本ファイナンシャルアカデミー取締役、コーポレート・アドバイザーズ・アカウンティング取締役、米国Global Vision Technology社取締役、アロハテーブル取締役を兼務。東京、ハワイに拠点を構え、年の半分をハワイで生活するデュアルライフを送っている。著書は累計250万部を突破し、韓国、台湾、中国でも翻訳版が発売されている。著書『レバレッジ・リーディング』『レバレッジ・シンキング』『レバレッジ時間術』『レバレッジ人脈術』『あたらしい働き』『思考をやわらかくする授業』など。

会社選びは転職しようと思った時では、もう遅い

 本田氏はまだ転職する気がない時から、常に自分の市場価値を確認するために、転職エージェントに登録し、機会があれば面接を受けるなど転職活動をしていたという。
「もともと僕は転職情報誌を読むのが好きだったんですよ。採用情報を見ていると、世の中の流れがわかるので常にウォッチしていました。
会社内の評価は必ずしも社会の評価と一致するわけではない。フェアに評価される環境で、自分の価値を知ることが大切です。
また、転職エージェントに登録するためには、自分のキャリアを説明しなければならない。するとこれまでやってきたことを振り返り、自分を見直すチャンスにもなります。
たとえ今の会社に満足していても、さらにいい会社に巡り合えるかもしれないし、いつチャンスが巡ってくるかわからないので、常に準備しておく方がいい」。

必要とされるのは自分で考えられる人

 これからの時代に求められるのはどのような人材なのだろうか。
「リンダ・クラットンの『ワークシフト』※1という本に、『2025年には、コンピューターの翻訳機能が向上して、語学を学ぶ必要がない時代がくるかもしれない』という記述があります。11年後、この通りになるかはわかりませんが、誰にでもできる仕事ならば、海外の安い労働力に替えられてしまうことは十分に考えられます。そのときにどんな付加価値を持っているのか。指示されるまで動かないのではなく、自分で考え、クリエイティブな思考ができる人が求められるでしょう。自分の売りを明確にし、力をつけていく必要があると思います」。

※1「ワークシフト-孤独と貧困から自由になる働き方の未来図<2025>」(リンダ・クラットン プレジデント社)

自分のオリジナリティを磨け

 では自分の売りを明確にするために、どのような努力をするべきか。
「昔は一つのスキルを突き詰めることがいいとされてきましたが、今は組み合わせがオリジナリティを出す時代です。
例えば僕の知人がやっているハワイの不動産会社。ハワイには不動産会社がたくさんあって、エージェントとしての差別化は難しいが、彼はサーファーなので、当然サーファーにとって便利な物件にも詳しい。するとサーファーが物件を探す時、彼に相談をする。彼はサーフィンだけしていれば、仕事になる。
 彼は、実際サーファーとしてはプロには負ける腕前だし、不動産エージェントとしても、大きいわけでもNO.1でもない。だが、その組み合わせによって、不動の地位を築いている。このように、自分のスキルを上手く組み合わせてオリジナルの価値を生み出している。一つのことで勝負するのではなく、いくつかのスキルを組み合わせて自分ならではの強みを発揮するのも一つの方法だと思います」。

 また、本田氏はすぐに結果が出ると思ってはいけないと語る。
「僕は、ハワイとのデュアル生活を大学生の頃から計画して、20年かけて実現しました。
多くの方が、すぐに成果を求めて、できなくてあきらめてしまうのですが、短期間で成果をあげたいと考えるのは間違っています。よほどの天才でない限り、そんな方法はない。でも時間をかければできるんですよ。サッカーの中田選手だって、昨日今日サッカーを始めたわけではないでしょ。小学校の頃からの積み重ねがあるから、今の中田選手がある。
2、3年でできると思うのではなく、10年、20年やり続けていれば、意外とできるもんですよ。」

自分は何のために働くのか?どんなライフスタイルを実現したいのか? 

「自分がどうなりたいのか。どんなライフスタイルを実現したいのかを明確にすることが最も大切なのではないでしょうか。
求めているのは収入や地位ではなく、もしかしたら家族とのハッピーな時間なのかもしれない。求めるものは人それぞれですが、それはそのまま自分は何のために働くのかという問いにつながっています。
自分が実現したいライフスタイルに向けて、今何をすべきか考えてください。そうすることでブレのない会社選びと働き方が実現できるはずです」



[注目のコンテンツ]

今後のキャリアについて考えてみたい方は高収入・マネジメント向けDODAエージェントサービスに登録!

DODAは、求人情報のご紹介だけを行なうわけではありません。プロのキャリアアドバイザーが、あなたの考える理想のキャリア形成をお聞きした上で、実現するためにどのようにしていくべきかを一緒に考えていきます。
相談のみのご利用も可能ですので、是非ご登録ください。

高年収・マネジメント層向け
DODAエージェントサービスに登録

本田直之氏がDODAの「エグゼクティブ診断」を体験!

40の質問でその人の「エグゼクティブとしての能力・資質」を診断するDODA独自の「エグゼクティブ診断」。インタビュー後の本田氏に、このテストを体験していただいた。

エグゼクティブ度

あなたは真のエグゼクティブとして社会全体へ貢献する力を持っています。日本は、これまでに築き上げてきた競争優位性を失いかけています。
今求められるエグゼクティブ人材とは国際的な視点を持ち、既存のビジネスモデルから脱却し、世の中に新たな価値を創造する力を持つ人です。あなたにはその力があるはずです。

好奇心旺盛なインベンタータイプ

このタイプの方は知的好奇心が旺盛で未知なる世界の探求や解明など、自分で新しいことを創造する、発見することに喜びを感じます。


あなたは何タイプ?

「エグゼクティブ診断」は、5段階のレベルチェックと、5種類のタイプ診断のほかに、あなたの強みと弱みをビジネススキルや個人資質から診断したり、あなたにおすすめの書籍などを紹介いたします。
また、DODAに無料会員登録すれば、より詳細なキャリアタイプ診断(ICQ)やあなたの“市場価値”がわかる年収査定など、あなたのキャリア形成をサポートするツールがたくさんあります。この機会にぜひ試してみてください!

  • エグゼクティブ診断に挑戦
  • キャリア適性を診断(無料会員登録)
  • 適正年収を査定(無料会員登録)

DODAエージェントサービスに無料登録

△ページ上部へ

人材紹介のプロに聞く高年収・マネジメント層の転職術
Vol.01 広がる高年収・マネジメント層の転職市場
Vol.02 高年収・マネジメント層の転職の極意
「中途採用」の実態調査
Vol.01 未経験の業種、職種に転職できる可能性は何%?
Vol.02 採用担当者が面接で見ているのはどこ?
Vol.03 学歴は中途採用で求められる?-学歴と転職の関係-
Vol.04 採用担当者が履歴書・職務経歴書で一番見ているのはどこ?
Vol.05 英語は転職に有利!?グローバル採用の実態調査-
Vol.06 面接は平均何回?
Vol.07 平均年齢はさらに上昇!転職成功者の年齢調査(2016年上半期)
”志”転職事例 エグゼクティブ行動転職理論
Vol.01 40を仕事人生の後半と見るか折り返し地点と見るかで、行動が変わってくる
Vol.02 なぜ“キャリアの棚卸”を習慣にしている人は即戦力になるのか?
Vol.03 リスクを負えないと、ただのサラリーマンで、終わる
Vol.04 元CIOが果たしたスピード転職!即戦力として招かれたエグゼクティブの声と思いに迫る!
Vol.05 リスクは引き(2014/4/24)受け、手柄は他人に 名工場長が果たした、54歳の異業種転職
高年収・マネジメント層転職サポートから学ぶ”真のエグゼクティブ”とは?
Vol.01 なぜエグゼクティブの面談は時間通りに終わるのか
Vol.02 エグゼクティブは”お見送り”の受け止め方もまた、一流
Vol.03 成功するエグゼクティブが持つ3つの「仮説力」とは?
ホンネの転職白書
Vol.01 「35歳限界説」は過去!?転職市場の新たな潮流とは?
Vol.02 TOEIC®スコアが高いほど、年収は高い!? スコア別平均年収
Vol.03 転職は何回までできる?「転職回数」と「転職成功」の関係性
Vol.04 「転職で年収アップした人・していない人」DODAで転職した23,000人のキャリアタイプを分析!
本田直之氏インタビュー
Vol.01 キャリアの選び方
Vol.02 成果をあげる仕事術
Vol.03 転職する人へのメッセージ
森正文氏インタビュー
Vol.01 タイミングの見極め方
Vol.02 キャリアの選び方
Vol.03 失敗の捉え方
岡村進氏インタビュー
Vol.01 社会人10年目以降に“偶然の人事”に身を任せてはいけない理由とは
Vol.02 仕事の“ホームドクター”がいると、キャリアアップに有利なのはなぜか
Vol.03 外資系・日系問わず、今後求められるビジネスパーソンの資質とは
Vol.04 人生最大の“投資案件”、10年後の自分は「買い」か
三谷宏治氏インタビュー
Vol.01 限界への挑戦が成長を生む
Vol.02 必要なのはイノベーション力
Vol.03 座って悩まず、動いて考えろ!
小暮真久氏インタビュー
Vol.01 ソーシャルビジネスが世界の潮流に
Vol.02 大企業を捨てて社会起業家へ
Vol.03 自分の「想い」にまっすぐ向き合う
転職ランキング
転職人気企業ランキング2016
仕事満足度ランキング2016
転職マニュアル
Vol.01 「キャリア価値を”最大化”する」ヘッドハンターとの出会い方・付き合い方
Vol.02 転職で年収アップするのはこんな人 年収アップ成功者に見る傾向と対策
エグゼクティブの転職の実態
Vol.01 年収2000万でも転職できるエグゼクティブ 300万円でも転職できないエグゼクティブ
Vol.02 えっ!? TOEIC®テスト600点でも大丈夫? エグゼクティブに求められる英語力
Vol.03 いまどきグローバル人材は、国内勤務?
エグゼクティブのキャリア進化論
Vol.01 これからの時代をリードするゼネラル・マネジャーの条件とは
Vol.02 業界を超えて活躍するための秘訣は、掛け算のキャリアにあり
Vol.03 イノベーションを起こせる人材以外は、企業から求められにくい時代に
合格診断
人気企業への合格の可能性を診断!応募する前にわかる!「合格診断」