三谷宏治氏interview 元戦略系トップコンサルタントが語る常にチャレンジし、自分を成長させる生き方とは? VOL.1 限界への挑戦が成長を生む


VOL.1 限界への挑戦が成長を生む

三谷宏治氏

三谷宏治(みたに・こうじ)氏
1964年大阪生れ、福井で育つ。東京大学 理学部物理学科卒業後、ボストン コンサルティング グループ(BCG)、アクセンチュアで19年半、経営コンサルタントとして働く。92年 INSEAD MBA修了。2003年から06年 アクセンチュア 戦略グループ統括 エグゼクティブ・パートナー。2006年からは特に子どもたちを対象にした教育活動に専念。現在は大学教授、著述家、講義・講演者として全国をとびまわる。K.I.T.虎ノ門大学院 主任教授、早稲田大学ビジネススクール 客員教授、グロービス経営大学院 客員教授。放課後NPO アフタースクール 理事、NPO法人 3keys 理事。永平寺ふるさと大使

コンサルタントは常に背伸びが必要

「就職のとき、一番自分が鍛えられるだろうという理由だけで選んだのが、外資系の経営コンサルティング会社でした」
 三谷氏が新卒での就職当時を振り返る。
「例えば新入社員時代、私が相手をするお客さんは主にクライアントのプロジェクト事務局。といってもバリバリの課長クラスです。30代の相手から見れば、私なんて後輩の後輩の後輩以下。ものすごい背伸びをしないと、立ち向かうどころか、話さえして貰えませんでした」
 数年経つと壁はもっと高くなる。
「20代後半になると、今度はクライアントのプロジェクトリーダーが相手。40~50代の役員だったりするわけです。外資系の経営コンサルティング会社で、年齢は関係ありません。だから常に背伸びが必要で、鍛えられ成長するんです」

 経営コンサルタントが天職だと思えるまでになった三谷氏でも、もがき苦しむような困難な仕事にぶち当たることもあった。あるプロジェクトを任された時、その問題をどう扱えば良いかわからず、ありとあらゆるアプローチを試したという。担当者100人にインタビューしたり、古いデータをかき集めたり、社内外のアンケートを採ったり、深い事例研究をしたり。徹夜の連続だったという。だがそれが大きなプラスになった。
「一発で成功したプロジェクトなら、アプローチは1つしか学べませんが、なかなか分析方法や解決策が見いだせないプロジェクトでは、失敗を重ねながらさまざまなアプローチを学び、試すことになります。結果として、それこそが大きな資産になります」
 自分の限界に挑みながら、手探りで答えを見つけ出す日々が三谷氏を大きく成長させたのである。

アクセンチュアへの転職もチャレンジだった

 そんな折に、三谷氏は同じ外資系コンサルティング会社のアクセンチュア(当時はアンダーセン・コンサルティング)に転職。 「もう一段、自分を鍛えたかったから」だ。
 当時アクセンチュアは、経営戦略コンサルティングサービスを提供する「戦略グループ」を立ち上げようとしていた。そういった「組織開発」の仕事は、好きでもなければ、得意なわけでもない。BCG東京を実質的に築き上げた先輩たちの姿を見て、同じようなテーマにチャレンジしたかったのだ。その想いが三谷氏を突き動かした。
 未知の世界、未知の組織ではあったが、あえて自分の限界に挑む環境に飛び込んだのである。

経営コンサルティングを経験すると、どんな仕事でもこなせるようになる?

 30歳くらいのある夜、同年代の同僚がこんなことを言った。
「俺たちはどこでも生きていける」
 経営コンサルティングは、問題の分析力や解決案づくり、そして顧客の理解や行動を得るためのコミュニケーション力の両方が、徹底的に鍛えられる仕事だ。この2つは、この先どんな仕事をしても必要なスキルであり、どんな業界・組織に行っても通用する。
 しかも、企業のトップや事業の責任者を相手にするなかで、あらゆるレベルの課題に対応することになる。おかげで多種多様な分野の知識やノウハウも身につけることができた。

天職だった経営コンサルタントを辞め、教育の道へ

「新しい分野にチャレンジして、一人前になるには10年かかる。試行錯誤を続ける気力も必要だ。50歳からでは遅すぎる」
 経営コンサルティングの次の職業でも、イノベイティブでありたいと考えた。そこで42歳でアクセンチュアを退職、教育の道を選んだ。現在は社会人向け大学院の教授などを務めながら、執筆活動にも精力的に取り組み、『経営戦略全史』や『ビジネスモデル全史』、『観想力 ~空気はなぜ透明か』、『一瞬で大切なことを伝える技術』などヒット作を次々と生み出している。
 社会人教育だけでなく、子供や保護者・教員を対象とする教育活動にも注力している。「これからは子どもの教育にもっと力を入れたい」と三谷氏のチャレンジは止まらない。


NEXT >> 必要なのはイノベーション力


[注目のコンテンツ]

あなたの市場価値を査定してみませんか?

ご自身の市場価値を把握しておくことは重要です。
あなたのキャリアから想定できる「適正年収」を算出します。相談のみのご利用も可能ですので、是非ご登録ください。

DODA無料年収査定に申し込む

今後のキャリアについて考えてみたい方は高収入・マネジメント向けDODAエージェントサービスに登録!

DODAは、求人情報のご紹介だけを行なうわけではありません。プロのキャリアアドバイザーが、あなたの考える理想のキャリア形成をお聞きした上で、実現するためにどのようにしていくべきかを一緒に考えていきます。
相談のみのご利用も可能ですので、是非ご登録ください。

高年収・マネジメント層向け
DODAエージェントサービスに登録

△ページ上部へ

人材紹介のプロに聞く高年収・マネジメント層の転職術
Vol.01 広がる高年収・マネジメント層の転職市場
Vol.02 高年収・マネジメント層の転職の極意
「中途採用」の実態調査
Vol.01 未経験の業種、職種に転職できる可能性は何%?
Vol.02 採用担当者が面接で見ているのはどこ?
Vol.03 学歴は中途採用で求められる?-学歴と転職の関係-
Vol.04 採用担当者が履歴書・職務経歴書で一番見ているのはどこ?
Vol.05 英語は転職に有利!?グローバル採用の実態調査-
Vol.06 面接は平均何回?
Vol.07 平均年齢はさらに上昇!転職成功者の年齢調査(2016年上半期)
”志”転職事例 エグゼクティブ行動転職理論
Vol.01 40を仕事人生の後半と見るか折り返し地点と見るかで、行動が変わってくる
Vol.02 なぜ“キャリアの棚卸”を習慣にしている人は即戦力になるのか?
Vol.03 リスクを負えないと、ただのサラリーマンで、終わる
Vol.04 元CIOが果たしたスピード転職!即戦力として招かれたエグゼクティブの声と思いに迫る!
Vol.05 リスクは引き(2014/4/24)受け、手柄は他人に 名工場長が果たした、54歳の異業種転職
高年収・マネジメント層転職サポートから学ぶ”真のエグゼクティブ”とは?
Vol.01 なぜエグゼクティブの面談は時間通りに終わるのか
Vol.02 エグゼクティブは”お見送り”の受け止め方もまた、一流
Vol.03 成功するエグゼクティブが持つ3つの「仮説力」とは?
ホンネの転職白書
Vol.01 「35歳限界説」は過去!?転職市場の新たな潮流とは?
Vol.02 TOEIC®スコアが高いほど、年収は高い!? スコア別平均年収
Vol.03 転職は何回までできる?「転職回数」と「転職成功」の関係性
Vol.04 「転職で年収アップした人・していない人」DODAで転職した23,000人のキャリアタイプを分析!
本田直之氏インタビュー
Vol.01 キャリアの選び方
Vol.02 成果をあげる仕事術
Vol.03 転職する人へのメッセージ
森正文氏インタビュー
Vol.01 タイミングの見極め方
Vol.02 キャリアの選び方
Vol.03 失敗の捉え方
岡村進氏インタビュー
Vol.01 社会人10年目以降に“偶然の人事”に身を任せてはいけない理由とは
Vol.02 仕事の“ホームドクター”がいると、キャリアアップに有利なのはなぜか
Vol.03 外資系・日系問わず、今後求められるビジネスパーソンの資質とは
Vol.04 人生最大の“投資案件”、10年後の自分は「買い」か
三谷宏治氏インタビュー
Vol.01 限界への挑戦が成長を生む
Vol.02 必要なのはイノベーション力
Vol.03 座って悩まず、動いて考えろ!
小暮真久氏インタビュー
Vol.01 ソーシャルビジネスが世界の潮流に
Vol.02 大企業を捨てて社会起業家へ
Vol.03 自分の「想い」にまっすぐ向き合う
転職ランキング
転職人気企業ランキング2016
仕事満足度ランキング2016
転職マニュアル
Vol.01 「キャリア価値を”最大化”する」ヘッドハンターとの出会い方・付き合い方
Vol.02 転職で年収アップするのはこんな人 年収アップ成功者に見る傾向と対策
エグゼクティブの転職の実態
Vol.01 年収2000万でも転職できるエグゼクティブ 300万円でも転職できないエグゼクティブ
Vol.02 えっ!? TOEIC®テスト600点でも大丈夫? エグゼクティブに求められる英語力
Vol.03 いまどきグローバル人材は、国内勤務?
エグゼクティブのキャリア進化論
Vol.01 これからの時代をリードするゼネラル・マネジャーの条件とは
Vol.02 業界を超えて活躍するための秘訣は、掛け算のキャリアにあり
Vol.03 イノベーションを起こせる人材以外は、企業から求められにくい時代に
合格診断
人気企業への合格の可能性を診断!応募する前にわかる!「合格診断」