三谷宏治氏interview 元戦略系トップコンサルタントが語る常にチャレンジし、自分を成長させる生き方とは? VOL.1 限界への挑戦が成長を生む


VOL.2 必要なのはイノベーション力

三谷宏治氏

三谷宏治(みたに・こうじ)氏
1964年大阪生れ、福井で育つ。東京大学 理学部物理学科卒業後、ボストン コンサルティング グループ(BCG)、アクセンチュアで19年半、経営コンサルタントとして働く。92年 INSEAD MBA修了。2003年から06年 アクセンチュア 戦略グループ統括 エグゼクティブ・パートナー。2006年からは特に子どもたちを対象にした教育活動に専念。現在は大学教授、著述家、講義・講演者として全国をとびまわる。K.I.T.虎ノ門大学院 主任教授、早稲田大学ビジネススクール 客員教授、グロービス経営大学院 客員教授。放課後NPO アフタースクール 理事、NPO法人 3keys 理事。永平寺ふるさと大使

失敗にめげないマインドもイノベーションに不可欠

「今、社会に求められている人材は、大なり小なりジャンプのあるイノベーションを起こせる人でしょう。そういう人は、業種や組織に関わりなく、どこにいっても活躍しています」
 では具体的にイノベーションとはどういうことなのか。
「イノベーションとは両立しえなかったものを両立させることなんです。
『経営戦略全史』という本にも書きましたが、本来、戦略ではトレードオフが基本です。戦略とは捨てることなり、とも言われますよね。何かを取れば、何かを捨てなくてはならないのです。例えば2010年に出版された『トレードオフ』でも、“上質さ(Quality)と手軽さ(Convenience)は両立しない”と主張されました。これを両立できればイノベーションにつながります。例えば、コーヒーのカプセルをセットするだけで、上質なコーヒーが楽しめるネスレのネスプレッソは、その両方を備えたがゆえに大成功し、高い収益性を維持しています。こういうイノベーションに挑めば、当然、成功確率は低くなります」
 失敗確率が高いので、大きな組織ではなくベンチャーや組織内の新規事業のような小さいチームで、試行錯誤を効率的に繰り返すことが重要だ。そういう小さな新規事業組織や野心的なプロジェクトを率いられる人材が求められている。失敗にめげず、新たな切り口を考える発想力や、正しく決断し実行に移す能力が必要なのだ、と三谷氏は語る。

情報収集の鍵は「深さ」と「幅」

 イノベイティブな発想力は天性のものと思われがちだが、三谷氏によれば、トレーニングと環境による部分が大きいという。
 例えば、オリジナリティのある発想をしたければ、人とは違う視点で情報収集することが肝要だ。

 ネット検索でも、多くの人が見逃しているところに、価値ある情報が潜んでいる。検索エンジンの仕組みは人気投票のようなものなので、皆がいいと思うものが上位にくる傾向がある。あるキーワードで検索すれば、基本的には同じような情報が上位に出てくる。
「検索結果の最初の1、2ページを眺めたところで、常識的な情報にしか出会えません。だから私は上位にあるのは、ありきたりな情報として外すために見ている。むしろ200位、300位くらいから『おやっ』と思える情報に出会えたりしますね」
 ウィキペディアも使い方ひとつで、人とは違う情報に出会えるという。
「同じ項目を別の言語で表示する機能があります。日本語で一通り読み、英語版に切り替えると、違う角度で説明されていたり、新たな情報が掲載されていたりするんです。情報を探すときは、人より一段だけ深く見ることを心がけています」

 もう一つ、三谷氏は情報の「幅」を特に大事にしているという。
「新人の頃、とにかくビジネス書をいっぱい読みました。お客さんがMBAホルダーなのに、その内容を知らないなんてありえません。ポーターもコトラーも、マクロ経済もミクロ経済も、城山三郎や高杉良のサラリーマン小説も、何百冊と読みました。おかげでビジネス用語やサラリーマン社会がよくわかるようになったのですが、ある日、職場で話をしていたら、ある問いに対して同僚とまったく同じ反応をしてしまったんです。答えが被ったのです。ショックでした。それまでは、ヒトと違う考えを持つことに、自分の存在意義を感じていただけに。原因は読んでいた本でした。要するに情報源がみんなと同じだから、発想もみんなと同じになってしまっていたんです」
 そこで三谷氏はビジネス書を1冊読んだら、ビジネスに関係ない本(科学書、歴史小説、SFなど)を1冊読むと決めてバランスを保ち、本来の感覚を取り戻したという。

 また、三谷氏は中学生の頃から親に頼んで新聞を2紙取ってもらっていたという。
「毎朝毎夕、地元紙と全国紙を読んでいました。株式欄だろうがなんだろうが隅から隅まで全部読むのです。すると知らない単語でも強制的に自分に入ってくる。そうやって自分の視界を知識の幅を広げていくんです」
 そうすると分野ごとの“土地勘”ができるし、新しいことに興味を持つきっかけにもなるのだ。

重要なのは「人と違う意見」を持つこと

 大多数の人が目にする「メジャー」な情報ばかり接していては、イノベイティブな発見はできない。人と違う情報源、人と違う意見を持つことが重要と三谷氏。
「メジャーになっている考え方があれば、本当にそうかと疑ってみる。違う考え方だってあるんじゃないかと、あえて天邪鬼になってみる。そうした小さな積み重ねが豊かな発想力につながるのです」


NEXT >> 座って悩まず、動いて考えろ!

[注目のコンテンツ]

あなたの市場価値を査定してみませんか?

ご自身の市場価値を把握しておくことは重要です。
あなたのキャリアから想定できる「適正年収」を算出します。相談のみのご利用も可能ですので、是非ご登録ください。

DODA無料年収査定に申し込む

今後のキャリアについて考えてみたい方は高収入・マネジメント向けDODAエージェントサービスに登録!

DODAは、求人情報のご紹介だけを行なうわけではありません。プロのキャリアアドバイザーが、あなたの考える理想のキャリア形成をお聞きした上で、実現するためにどのようにしていくべきかを一緒に考えていきます。
相談のみのご利用も可能ですので、是非ご登録ください。

高年収・マネジメント層向け
DODAエージェントサービスに登録

△ページ上部へ

人材紹介のプロに聞く高年収・マネジメント層の転職術
Vol.01 広がる高年収・マネジメント層の転職市場
Vol.02 高年収・マネジメント層の転職の極意
「中途採用」の実態調査
Vol.01 未経験の業種、職種に転職できる可能性は何%?
Vol.02 採用担当者が面接で見ているのはどこ?
Vol.03 学歴は中途採用で求められる?-学歴と転職の関係-
Vol.04 採用担当者が履歴書・職務経歴書で一番見ているのはどこ?
Vol.05 英語は転職に有利!?グローバル採用の実態調査-
Vol.06 面接は平均何回?
Vol.07 平均年齢はさらに上昇!転職成功者の年齢調査(2016年上半期)
”志”転職事例 エグゼクティブ行動転職理論
Vol.01 40を仕事人生の後半と見るか折り返し地点と見るかで、行動が変わってくる
Vol.02 なぜ“キャリアの棚卸”を習慣にしている人は即戦力になるのか?
Vol.03 リスクを負えないと、ただのサラリーマンで、終わる
Vol.04 元CIOが果たしたスピード転職!即戦力として招かれたエグゼクティブの声と思いに迫る!
Vol.05 リスクは引き(2014/4/24)受け、手柄は他人に 名工場長が果たした、54歳の異業種転職
高年収・マネジメント層転職サポートから学ぶ”真のエグゼクティブ”とは?
Vol.01 なぜエグゼクティブの面談は時間通りに終わるのか
Vol.02 エグゼクティブは”お見送り”の受け止め方もまた、一流
Vol.03 成功するエグゼクティブが持つ3つの「仮説力」とは?
ホンネの転職白書
Vol.01 「35歳限界説」は過去!?転職市場の新たな潮流とは?
Vol.02 TOEIC®スコアが高いほど、年収は高い!? スコア別平均年収
Vol.03 転職は何回までできる?「転職回数」と「転職成功」の関係性
Vol.04 「転職で年収アップした人・していない人」DODAで転職した23,000人のキャリアタイプを分析!
本田直之氏インタビュー
Vol.01 キャリアの選び方
Vol.02 成果をあげる仕事術
Vol.03 転職する人へのメッセージ
森正文氏インタビュー
Vol.01 タイミングの見極め方
Vol.02 キャリアの選び方
Vol.03 失敗の捉え方
岡村進氏インタビュー
Vol.01 社会人10年目以降に“偶然の人事”に身を任せてはいけない理由とは
Vol.02 仕事の“ホームドクター”がいると、キャリアアップに有利なのはなぜか
Vol.03 外資系・日系問わず、今後求められるビジネスパーソンの資質とは
Vol.04 人生最大の“投資案件”、10年後の自分は「買い」か
三谷宏治氏インタビュー
Vol.01 限界への挑戦が成長を生む
Vol.02 必要なのはイノベーション力
Vol.03 座って悩まず、動いて考えろ!
小暮真久氏インタビュー
Vol.01 ソーシャルビジネスが世界の潮流に
Vol.02 大企業を捨てて社会起業家へ
Vol.03 自分の「想い」にまっすぐ向き合う
転職ランキング
転職人気企業ランキング2016
仕事満足度ランキング2016
転職マニュアル
Vol.01 「キャリア価値を”最大化”する」ヘッドハンターとの出会い方・付き合い方
Vol.02 転職で年収アップするのはこんな人 年収アップ成功者に見る傾向と対策
エグゼクティブの転職の実態
Vol.01 年収2000万でも転職できるエグゼクティブ 300万円でも転職できないエグゼクティブ
Vol.02 えっ!? TOEIC®テスト600点でも大丈夫? エグゼクティブに求められる英語力
Vol.03 いまどきグローバル人材は、国内勤務?
エグゼクティブのキャリア進化論
Vol.01 これからの時代をリードするゼネラル・マネジャーの条件とは
Vol.02 業界を超えて活躍するための秘訣は、掛け算のキャリアにあり
Vol.03 イノベーションを起こせる人材以外は、企業から求められにくい時代に
合格診断
人気企業への合格の可能性を診断!応募する前にわかる!「合格診断」