学歴は中途採用で求められる?-学歴と転職の関係-採用担当者のホンネ 中途採用の実態調査


調査概要
中途採用で学歴は求められるのでしょうか?
DODAエージェントサービスに寄せられた約1万5000件の求人情報をもとに調査を実施しました。
目次

学歴不問の求人は何%?求められる学歴は?

学歴不問の求人割合は40%。
大卒以上を求める求人は44%

学歴を採用条件の一つに設けている求人は、全体の60%を占めていることがわかりました。 ただし、企業は肩書きという意味での学歴を重視しているのではなく、あくまでもその人の地頭力を判断するために、学歴を参考にしているケースがほとんどです。職務経歴書や面接だけでは、なかなかその人の能力を全て知ることが難しいため、「この学歴であれば、これくらいの地頭力はあるだろう」と考える採用担当者が多いことが背景にあります。

地頭力とは、「地頭力を鍛える/細谷功(著)」によると、1.「知的好奇心」、2.「論理的思考力」、3.「直観力」の3つの力がベースとなっているとあります。そして、地頭力が強い人は、業務知識を人よりも早く習得し、高いパフォーマンスを築くことができると述べられています。逆に言えば、こうした能力があることを証明することができれば、採用条件の学歴を満たしていなくても採用される可能性は十分あります。

次に学歴の条件を見てみると、大卒以上を求める求人は全体の44%。さらに、六大学クラス以上を求める求人は7%、旧帝大・早慶クラスを求める求人は6%、大学院卒以上を求める求人は0.5%となっています。この結果から、中途採用においては、高学歴を求める求人は少数だということがわかりました。これは、一定レベルの地頭力を備えていれば問題ないと考える企業が多く、それ以上に重視されるのは職務経験やスキルであることが背景にあるためと考えられます。

DODAエージェントサービスに無料登録

△ページ上部へ

学歴が重視される業種は?

学歴が最も求められる業種は「総合商社」

大卒以上を求める求人が最も多い業種は「総合商社」の87%。次いで、「金融/保険」(74%)、「教育」(72%)、「コンサルティング/リサーチ」(71%)が続きます。「総合商社」や「金融/保険」の中でも特に銀行、「教育」などは、新卒採用でも学歴を重視する傾向が強く、中途採用においてもそうした傾向が表れていると考えられます。また、「コンサルティング/リサーチ」は、業務上、高い論理的思考能力や問題解決力などが求められるため、学歴によって地頭力を判断する企業が多いと推察されます。

一方、大卒以上を求める求人割合が最も少ない業種は「旅行/宿泊/レジャー」の12%。次いで、「小売/外食」(21%)、「IT/通信/インターネット」(22%)が続きます。「旅行/宿泊/レジャー」や「小売/外食」は、業務上、コミュニケーション能力や、ホスピタリティなど、学歴で判断することが難しい能力が重視されるためと考えられます。また、「IT/通信/インターネット」は、技術力や専門知識が重視されるため、学歴を求める求人が少ないのでしょう。

DODAエージェントサービスに無料登録

△ページ上部へ

学歴が重視される職種は?

学歴が最も求められる職種は「金融関連専門職」

大卒以上を求める求人が最も多い職種は「金融関連専門職種」の85%。投資銀行業務やアナリスト、ディーラーなど、迅速で正確な分析や判断が必要とされるこれらの職種は、特に地頭力が求められる傾向が強く、学歴が重視されると考えられます。続く、「専門職種(コンサルタント・不動産系)」(71%)も、高い論理的思考能力や問題解決力が重視されるため、学歴を求める求人が多いと推察されます。

一方、大卒以上を求める求人割合が最も少ない職種は「クリエイティブ系職種」の13%。スキルやセンスが重視される傾向が強いため、学歴を求める求人が少ないと考えられます。続く「技術系職種(建築/土木)」(23%)も、建築士や施工管理技士など資格が重視されることが背景にあるのでしょう。

DODAエージェントサービスに無料登録

NEXT >> 採用担当者が履歴書・職務経歴書で一番見ているのはどこ?

△ページ上部へ

人材紹介のプロに聞く高年収・マネジメント層の転職術
Vol.01 広がる高年収・マネジメント層の転職市場
Vol.02 高年収・マネジメント層の転職の極意
「中途採用」の実態調査
Vol.01 未経験の業種、職種に転職できる可能性は何%?
Vol.02 採用担当者が面接で見ているのはどこ?
Vol.03 学歴は中途採用で求められる?-学歴と転職の関係-
Vol.04 採用担当者が履歴書・職務経歴書で一番見ているのはどこ?
Vol.05 英語は転職に有利!?グローバル採用の実態調査-
Vol.06 面接は平均何回?
Vol.07 平均年齢はさらに上昇!転職成功者の年齢調査(2016年上半期)
”志”転職事例 エグゼクティブ行動転職理論
Vol.01 40を仕事人生の後半と見るか折り返し地点と見るかで、行動が変わってくる
Vol.02 なぜ“キャリアの棚卸”を習慣にしている人は即戦力になるのか?
Vol.03 リスクを負えないと、ただのサラリーマンで、終わる
Vol.04 元CIOが果たしたスピード転職!即戦力として招かれたエグゼクティブの声と思いに迫る!
Vol.05 リスクは引き(2014/4/24)受け、手柄は他人に 名工場長が果たした、54歳の異業種転職
高年収・マネジメント層転職サポートから学ぶ”真のエグゼクティブ”とは?
Vol.01 なぜエグゼクティブの面談は時間通りに終わるのか
Vol.02 エグゼクティブは”お見送り”の受け止め方もまた、一流
Vol.03 成功するエグゼクティブが持つ3つの「仮説力」とは?
ホンネの転職白書
Vol.01 「35歳限界説」は過去!?転職市場の新たな潮流とは?
Vol.02 TOEIC®スコアが高いほど、年収は高い!? スコア別平均年収
Vol.03 転職は何回までできる?「転職回数」と「転職成功」の関係性
Vol.04 「転職で年収アップした人・していない人」DODAで転職した23,000人のキャリアタイプを分析!
本田直之氏インタビュー
Vol.01 キャリアの選び方
Vol.02 成果をあげる仕事術
Vol.03 転職する人へのメッセージ
森正文氏インタビュー
Vol.01 タイミングの見極め方
Vol.02 キャリアの選び方
Vol.03 失敗の捉え方
岡村進氏インタビュー
Vol.01 社会人10年目以降に“偶然の人事”に身を任せてはいけない理由とは
Vol.02 仕事の“ホームドクター”がいると、キャリアアップに有利なのはなぜか
Vol.03 外資系・日系問わず、今後求められるビジネスパーソンの資質とは
Vol.04 人生最大の“投資案件”、10年後の自分は「買い」か
三谷宏治氏インタビュー
Vol.01 限界への挑戦が成長を生む
Vol.02 必要なのはイノベーション力
Vol.03 座って悩まず、動いて考えろ!
小暮真久氏インタビュー
Vol.01 ソーシャルビジネスが世界の潮流に
Vol.02 大企業を捨てて社会起業家へ
Vol.03 自分の「想い」にまっすぐ向き合う
転職ランキング
転職人気企業ランキング2016
仕事満足度ランキング2016
転職マニュアル
Vol.01 「キャリア価値を”最大化”する」ヘッドハンターとの出会い方・付き合い方
Vol.02 転職で年収アップするのはこんな人 年収アップ成功者に見る傾向と対策
エグゼクティブの転職の実態
Vol.01 年収2000万でも転職できるエグゼクティブ 300万円でも転職できないエグゼクティブ
Vol.02 えっ!? TOEIC®テスト600点でも大丈夫? エグゼクティブに求められる英語力
Vol.03 いまどきグローバル人材は、国内勤務?
エグゼクティブのキャリア進化論
Vol.01 これからの時代をリードするゼネラル・マネジャーの条件とは
Vol.02 業界を超えて活躍するための秘訣は、掛け算のキャリアにあり
Vol.03 イノベーションを起こせる人材以外は、企業から求められにくい時代に
合格診断
人気企業への合格の可能性を診断!応募する前にわかる!「合格診断」