成功するエグゼクティブが持つ3つの「仮説力」とは? - エグゼクティブ・コンサルタント 中野 聡


エグゼクティブ・コンサルタントの中野聡です。この仕事を始めて約8年、年間800名~1,000名のキャリアコンサルティングを行ってきました。その中で常日頃、「さすがはエグゼクティブだ」と感じ入ることの多い「仮説の確かさ」について今回はお話しします。

エグゼクティブクラスの転職は、転職先の事業に与える影響もキャンディデート(転職者)自身のキャリアにとっても、非常にインパクトの大きい意思決定です。その成否を分けるのは、3つの要素から成る「仮説力」ではないかと私は考えています。

1つ目は「現状把握の精緻さ」です。
優秀なエグゼクティブは、あたかもその企業に転職したかのようなシビアな視点から、転職候補企業の事業環境を入念に把握します。その企業・事業の沿革、市場・競合分析、組織風土などを精緻に捉えた上で現状の事業課題と解決の方向性を仮説立て、自身のどんな能力が活かせるのかまで想定し、企業との面談に臨まれるのです。ご自身で調べられる情報では足りないと判断すれば、私たちに情報を求めたり、「(オファーされたポジションとは別の)○○部門の責任者にも面談に同席してもらえないか?」と要望したりもします。この高いレベルでの現状把握が、「仮説力」のベースにあります。

2つ目は「未来を見通す視野の広さ」です。
優秀なエグゼクティブは未来を想定する際、成功・失敗の両ケースを常に念頭に置き、考えうる要因を実にさまざまな視点からシミュレーションしています。例えば「新規事業の責任者」という案件の場合、順調に事業が成長するケースだけでなく、なかなか目が出ない場合の想定リスク、軌道修正の可能性、さらに事業撤退の判断要素まで、面談に臨む時点である程度想定しているのです。そのため面談では、その仮説の是非や懸念点を具体的に確認することができますし、企業側にもその方の仮説構築力や事業推進力の高さが伝わりますので、結果的に双方の納得度の高い転職となる確率も高くなります。実際、ご入社後に「話が違う」ということをおっしゃる方はほとんどいません。

3つ目は「未来を見通すスパンの長さ」です。
オファーされる役職レベルが高くなればなるほど、求められる成果を出すためには一定の時間が必要です。特に事業創造や組織変革ミッションを担うポジションの場合、3~5年の中長期スパンでコミットする必要がありますが、優秀なエグゼクティブは、事業・組織の現状分析からどの程度の施策や時間が必要か、加えてその期間のご自身の評価や年収までも的確に想定しています。ですから面談でも、企業側とその現実感について具体的に話ができ、リスクを取ってでも転職するかなど冷静な意思決定ができるのです。

これほど幅広く、先々まで精緻な仮説を持って臨むエグゼクティブと対峙することは、私たちコンサルタントにとっては充実した時間であると同時に、私たちの力が試される良い意味でプレッシャーのかかる時間でもあります。ただ単に候補企業を紹介するだけならコンサルタントの介在価値はありませんから、彼らの鋭い質問を想定した上で、予めクライアント企業から情報を入手しておくことを常に心がけています。

例えば以前、ある上場企業の組織変革ミッションを担うポストへの転職サポートをした際には、組織図やプロパー社員比率、現状の変革プロジェクトの進捗状況など詳細な情報をお伝えし、「中野さんはまるで企業の人事のようですね」と言っていただいたことがあります。エグゼクティブたちの仮説に必要な情報を瞬時にお出しできるように、さらに言えば、求められる前にご提供できるように日々努めているのです。

DODAエージェントサービスに無料登録

△ページ上部へ

人材紹介のプロに聞く高年収・マネジメント層の転職術
Vol.01 広がる高年収・マネジメント層の転職市場
Vol.02 高年収・マネジメント層の転職の極意
「中途採用」の実態調査
Vol.01 未経験の業種、職種に転職できる可能性は何%?
Vol.02 採用担当者が面接で見ているのはどこ?
Vol.03 学歴は中途採用で求められる?-学歴と転職の関係-
Vol.04 採用担当者が履歴書・職務経歴書で一番見ているのはどこ?
Vol.05 英語は転職に有利!?グローバル採用の実態調査-
Vol.06 面接は平均何回?
Vol.07 平均年齢はさらに上昇!転職成功者の年齢調査(2016年上半期)
”志”転職事例 エグゼクティブ行動転職理論
Vol.01 40を仕事人生の後半と見るか折り返し地点と見るかで、行動が変わってくる
Vol.02 なぜ“キャリアの棚卸”を習慣にしている人は即戦力になるのか?
Vol.03 リスクを負えないと、ただのサラリーマンで、終わる
Vol.04 元CIOが果たしたスピード転職!即戦力として招かれたエグゼクティブの声と思いに迫る!
Vol.05 リスクは引き(2014/4/24)受け、手柄は他人に 名工場長が果たした、54歳の異業種転職
高年収・マネジメント層転職サポートから学ぶ”真のエグゼクティブ”とは?
Vol.01 なぜエグゼクティブの面談は時間通りに終わるのか
Vol.02 エグゼクティブは”お見送り”の受け止め方もまた、一流
Vol.03 成功するエグゼクティブが持つ3つの「仮説力」とは?
ホンネの転職白書
Vol.01 「35歳限界説」は過去!?転職市場の新たな潮流とは?
Vol.02 TOEIC®スコアが高いほど、年収は高い!? スコア別平均年収
Vol.03 転職は何回までできる?「転職回数」と「転職成功」の関係性
Vol.04 「転職で年収アップした人・していない人」DODAで転職した23,000人のキャリアタイプを分析!
本田直之氏インタビュー
Vol.01 キャリアの選び方
Vol.02 成果をあげる仕事術
Vol.03 転職する人へのメッセージ
森正文氏インタビュー
Vol.01 タイミングの見極め方
Vol.02 キャリアの選び方
Vol.03 失敗の捉え方
岡村進氏インタビュー
Vol.01 社会人10年目以降に“偶然の人事”に身を任せてはいけない理由とは
Vol.02 仕事の“ホームドクター”がいると、キャリアアップに有利なのはなぜか
Vol.03 外資系・日系問わず、今後求められるビジネスパーソンの資質とは
Vol.04 人生最大の“投資案件”、10年後の自分は「買い」か
三谷宏治氏インタビュー
Vol.01 限界への挑戦が成長を生む
Vol.02 必要なのはイノベーション力
Vol.03 座って悩まず、動いて考えろ!
小暮真久氏インタビュー
Vol.01 ソーシャルビジネスが世界の潮流に
Vol.02 大企業を捨てて社会起業家へ
Vol.03 自分の「想い」にまっすぐ向き合う
転職ランキング
転職人気企業ランキング2016
仕事満足度ランキング2016
転職マニュアル
Vol.01 「キャリア価値を”最大化”する」ヘッドハンターとの出会い方・付き合い方
Vol.02 転職で年収アップするのはこんな人 年収アップ成功者に見る傾向と対策
エグゼクティブの転職の実態
Vol.01 年収2000万でも転職できるエグゼクティブ 300万円でも転職できないエグゼクティブ
Vol.02 えっ!? TOEIC®テスト600点でも大丈夫? エグゼクティブに求められる英語力
Vol.03 いまどきグローバル人材は、国内勤務?
エグゼクティブのキャリア進化論
Vol.01 これからの時代をリードするゼネラル・マネジャーの条件とは
Vol.02 業界を超えて活躍するための秘訣は、掛け算のキャリアにあり
Vol.03 イノベーションを起こせる人材以外は、企業から求められにくい時代に
合格診断
人気企業への合格の可能性を診断!応募する前にわかる!「合格診断」