Vol.01 Digital Innovation

FinTech時代の到来
最先端でサービスを開発する立役者

アプリで銀行口座の残高を確認したり、資産管理を行ったりと、IT技術を駆使した新たな金融サービスが次々と生まれている。キーワードは「FinTech」。その最前線で牽引するトップランナーを、フリーアナウンサーの唐橋ユミさんが訪ねた。

◆ ◆ ◆

 経済の重要なキーワードとして注目されるFinTech。金融とI Tを掛け合わせることによって、次々に新しいサービスが生まれ、生活をガラリと変える変革の兆しが見えつつある。

 みずほフィナンシャルグループに所属し、主に銀行業務を担う大久保さんに、FinTechが金融業界に与えるインパクトについて話を聞いた。

大久保光伸さん

みずほフィナンシャルグループ デジタルイノベーション部 シニアデジタルストラテジスト兼
(株)Blue Lab CTO(Chief Technology Officer)。約17年間、金融機関システムの企画・開発業務に携わり、前職のネット銀行では日本初となるパブリッククラウドの導入をリード。昨年、みずほフィナンシャルグループに入社し、現職。一般社団法人金融革新同友会FINOVATORS CTO、FinTech協会のアドバイザリーボードメンバー。

唐橋ユミさん

福島県喜多方市出身。実家は酒蔵を経営。高橋圭三氏主宰の圭三塾で学び、テレビユー福島に契約社員として入社。朝の情報番組や夕方のニュースを担当する。三桂に所属し、在京キー局の番組に出演している。現在、TBS「サンデーモーニング」にレギュラー出演中。

自由で柔軟な働き方から
革新的なアイデアが生まれる

唐橋 今日、お邪魔しているのは大久保さんも立ち上げに関わったコワーキングスペース「FINOLAB(以下、フィノラボ)」。まるでカフェのようなおしゃれな空間で、みなさん思い思いのスタイルで働いていらっしゃいますね。

フリーアナウンサーの唐橋ユミさん

大久保 フィノラボでは、大企業とスタートアップ企業が協業し、オープンイノベーションによって新しいサービスを生み出しています。我々はビジネスモデルの開発や実証実験を担当し、サービス化できる段階になったら当行のユーザー部門へと引き継いでリリースしていきます。

テクノロジーの発展と次世代の金融への鍵は「オープンイノベーション」にある

唐橋 アイデアの着想から実現まで、スピード感があるようですね。

大久保 そうですね。すでに私が関わっているだけでも32もの案件が発表、運用されています。このリリース数は、他のメガバンクに比べても、圧倒的に多いです。グループ全体が一丸となってFinTechを進めているからこそできることだと思います。

唐橋 先進的なワーキング環境と意思決定の早さが、リリース数にも表れていますね。