Vol.02 Global Relation

グローバルネットワークで
世界企業の躍進をサポートする

今回登場するのは、外資系企業の経営戦略を金融の面から支える、みずほ銀行の若き女性ホープ。企業のニーズに迅速に応えるコツ、高い評価を受けるみずほ銀行の提案力の秘密を、フリーアナウンサーの唐橋ユミさんが解き明かす。

谷村香央里さん

2009 年みずほ銀行入行。商社や小売業界担当の営業部を経て、ロンドンの欧州融資部にトレーニーとして派遣、リーマンショック後の外資系企業の債権回収に従事。2013年に帰国し、ストラクチャードファイナンス営業部にてアセットファイナンスを取り扱う。2015年より、化学業界や外資系企業の日本法人を担当する営業部に所属。

唐橋ユミさん

福島県喜多方市出身。実家は酒蔵を経営。高橋圭三氏主宰の圭三塾で学び、テレビユー福島に契約社員として入社。朝の情報番組や夕方のニュースを担当する。三桂に所属し、在京キー局の番組に出演している。現在、TBS「サンデーモーニング」にレギュラー出演中。

初めての海外赴任で
みずほ銀行の認知度を再確認

唐橋 私自身、留学や海外勤務の経験がないので、グローバルな仕事のイメージがつかない部分もあります。谷村さんは、入行時から海外に関わる仕事を希望していらっしゃったのですか?

谷村 はい。幼少期をアメリカで過ごしたこともあり、英語を生かせる仕事をしたいという思いはありました。銀行であれば、世界各国のさまざまな企業のインフラとなるような仕事ができるのでは、と考えて入行しました。

唐橋 そして入行3年目でロンドンへ1年の研修。リーマンショック後ですから、大変な時期でしたね。

谷村 外資系企業の不良債権回収にあたったのですが、当時は基本的知識もない状態。先輩のあとにつきながら、ゼロから学び成長する期間でした。

唐橋 海外勤務で驚いたことは?

谷村 みずほ銀行の信頼度の高さは、正直、驚くほどでした。日本を拠点とするみずほ銀行ですから、欧州での知名度はそれほどと思い込んでいたんですね。でも、銀行団の打ち合わせの場では、海外金融機関のバンカーの方々から“〈みずほ〉の意見が聞きたい”と知見を求められることも本当に多かったんです。日本トップの銀行として認知されていることを感じましたね。

唐橋 それは誇らしいですね。海外でも確固たるポジションを築くことができた理由はなんでしょう?

谷村 ひとつは欧米の金融機関に匹敵する規模とネットワークがあること。また、国内、海外の拠点はもちろん、グループ内の銀行、証券、信託といった機能をフル活用して、ワンストップでお客さまへのニーズに応えられることも大きいと思います。

多様化・グローバル化するお客さまの金融ニーズにこたえるために、〈みずほ〉は海外主要都市にネットワークを展開しています。