Vol.03 M&A

企業の経営課題を
ダイナミックに解決する

銀行から証券の投資銀行部門へとキャリアをつなぐ、次世代を担う若手社員を直撃。

フリーアナウンサーの唐橋ユミさんが、いまや経営に欠かせないツールとなったM&Aの舞台裏に迫る!

白石智行さん

2010年みずほ銀行入行。入行以来、一貫して上場企業を中心とする大企業の法人営業に従事。2017年7月よりみずほ証券グローバル投資銀行部門へ異動。現在、投資銀行本部アソシエイトとして、M&A を中心とした業務に励む。

唐橋ユミさん

福島県喜多方市出身。実家は酒蔵を経営。高橋圭三氏主宰の圭三塾で学び、テレビユー福島に契約社員として入社。朝の情報番組や夕方のニュースを担当する。三桂に所属し、在京キー局の番組に出演している。現在、TBS「サンデーモーニング」にレギュラー出演中。

きめこまかな対応でM&Aを成功に導く

唐橋 かつてはM&Aというとマネーゲームを連想させる部分もありましたが、近年では日本企業の成長のために必要なものとして、その印象も変化してきましたね。最前線で働く白石さんの実感はいかがですか?

白石 確かに合併後の企業文化の融合には困難もあり、日本企業になじむのに時間がかかる部分もありました。ただ、いまや中期経営計画において、M&Aを盛り込んでいない企業はほとんどないほど。M&Aは一般的な経営ツールとなっていると感じています。

唐橋 買収や合併によって、成長のスピードを加速できるのは魅力ですね。

白石 その通りです。実績のある企業を買収することで、ゼロから立ち上げるより格段にスピーディな事業展開が可能になります。売却する企業とすれば、本業へ集中出来る契機に。また、後継者不足に悩むオーナーにとっては、売却がこれまで育ててきた自社や社員を守る道ともなります。

唐橋 関わる企業がそれぞれ明るい未来を描ける手段なんですね。

白石 はい、ただM&Aは成立してからこそが本番。事前に見込んでいたシナジーを十分に発揮できるよう、環境を整えることが重要です。銀行と証券、信託、グループ内のさまざまな専門分野のノウハウを生かして、M&A成立後までを含めてサポートできることにやりがいを感じています。

唐橋 きめこまやかな対応、サポートがM&Aの成否に直結するんですね。

一般的なMBO スキーム図

白石 お客さまの悩みを吸い上げ、しかるべきところに橋渡しをするのも営業の大事な仕事です。合併後の人事制度、福利厚生の充実などさまざまな課題がありますが、どんな問題もグループ内に必ず答えを持つ人がいる。「こんなことまで〈みずほ〉で解決できるとは思わなかった」という喜びの声をいただけると、非常にうれしく思います。また、お客さまに寄り添った提案が、そういった信頼関係につながっています。