Vol.03 M&A

企業の経営課題を
ダイナミックに解決する

綿密な分析と準備で非上場化MBO案件を結実!

唐橋 白石さんは、この夏にみずほ銀行の大企業営業からみずほ証券の投資銀行部門に異動されています。銀行時代にも手がけていたM&Aを、より専門的な立場から進めていくことになりますね。

白石 はい。M&Aは重要な判断だけに、お客さまにも迷いや不安がつきものです。そうした経営者の孤独な悩みを汲み取り、ベストなソリューションを提供できるよう、営業力、専門知識を磨いていきたいと考えています。

唐橋 「経営者は孤独である」という言葉をよく耳にしますが、M&Aという重要な局面に立つトップの孤独とはどのようなものなのでしょう。

白石 M&Aの決断は、社内でも限られた人にしか相談できないケースもあります。銀行時代に、ある企業の非上場化MBOに携わりましたが、この案件はとくに極秘に進めなければならないものでした。社長の胸の内は相当苦しかっただろうと思います。

唐橋 上場を廃止するとなると、非常に大きなインパクトがあります。

白石 自社の株を経営層が買い集め、非上場企業となる。そのメリットは、上場を廃止することで被買収リスクを回避できること、また株価に左右されずに中長期の成長戦略を立てられること。ただ、上場による資本調達力、一部上場企業のブランド力を手放すということにもなりますから、非常にセンシティブな問題でもあります。

唐橋 実現できたポイントは?

白石 私たちのチームでは1年ほど前から最適な経営戦略は何か、あらゆる選択肢を検討していました。経営状況、業界動向を分析するなかで、非上場化MBOという結論に至り、提案の準備を進めていったんです。社長にご提案したときには、「まさにそれを考えていた」「非上場化の提案をしてくれた金融機関はみずほ銀行だけだ」という言葉をいただきました。そして、その企業の歴史に刻まれる重要な案件を、私たちに任せてくださったんです。

ダイナミックな仕事に携われる喜びを力に

唐橋 企業の命運を左右する案件、怖さや迷いはありませんでしたか?

白石 営業部内はもちろん、証券や社内の専門部署の知見も総動員して、時間をかけて提案を磨き上げていきました。その積み重ねによって迷いや恐れは払拭され、お客さまに自信を持って提案することができたと感じています。方針が固まってからは非常に短期間で進めていきましたが、事前の準備があったからこそ、案件を無事に結実させることができたと自負しています。

唐橋 大きな仕事で取引先の力になれたことは、自信につながりますね。

白石 M&Aに深く従事し、お客さまの力となれる提案をしていきたいという思いが生まれた印象深い案件です。

唐橋 今後のキャリアについては、どんなビジョンを持っていますか?

白石 まずは、証券マンとして一人前になること。〈みずほ〉全体の金融ソリョーションを身につけたうえで、銀行の法人営業として経営課題の解決に尽力していけたら、と考えています。

唐橋 銀行、証券のシームレスな人材育成も〈みずほ〉の強みですね。専門性を高め、より高い解決力を持った人材として多くの企業をサポートしていかれる姿が目に浮かびます。本日はありがとうございました!