Vol.04 不動産コンサルティング

不動産の奥深さに魅せられ
日々進歩し続ける専門家

幅広い分野において、プロフェッショナルが集まるみずほ信託銀行。そのプロ集団で、不動産の専門家として活躍する女性が今回の主役。企業の大きな決断を後押しする、真摯な仕事ぶりに迫る。

◆ ◆ ◆

連載4回目となる今回、唐橋さんが訪ねたのは、みずほ信託銀行。入行以来、不動産ひと筋で業務に励む乙黒麻友子さんにお話を伺います。学ぶほどに奥深さを感じるという不動産コンサルティングの面白さ、仕事と育児の両立、さらに管理職としての奮闘など、働く女性の素顔に迫ります。

乙黒麻友子さん

2005年みずほ信託銀行入行。入行後まもなく不動産鑑定士の資格を取得。不動産鑑定室を経て、不動産コンサルティング部へ。現在6歳と3歳の女の子のママでもあり、産休、育休を経て約10年にわたって不動産コンサルティングに携わる。2017年4月より不動産コンサルティング部第3チーム班長。

唐橋ユミさん

福島県喜多方市出身。実家は酒蔵を経営。高橋圭三氏主宰の圭三塾で学び、テレビユー福島に契約社員として入社。朝の情報番組や夕方のニュースを担当する。三桂に所属し、在京キー局の番組に出演している。現在、TBS「サンデーモーニング」にレギュラー出演中。

多種多様なニーズの中から
ベストな活用法を提案

唐橋 乙黒さんは、入行以来、ずっと不動産に携わるお仕事をされていますね。不動産コンサルティングの醍醐味は、どんなところですか?

乙黒 私たちのミッションは、企業が持つ不動産についての悩みを解決し、意思決定のお手伝いをすることです。ただ、不動産というのは唯一無二で、ひとつとして同じ物件はありません。通りを挟むだけで収益性も異なれば、賃料単価も変わります。そうした個別性のある不動産に対して、理論を用いながら検証し、ベストな答えを導き出すことに大きなやりがいを感じています。

唐橋 企業にとっては、所有する不動産の活用は大きな課題ですよね。

乙黒 工場用地を売却してM&Aの資金にしたい、本社を移転したい、など、さまざまなニーズがあります。私たちは、売却、賃貸、移転などの選択肢がもたらす利益や財務上の影響、懸案事項などを提示するとともに、テナントの選定、契約条項の策定、賃料改定の約款作成など、検討段階に始まり、意思決定、実行までを一貫してサポートしています。

唐橋 不動産って価値が大きく変わるし、提案のタイミングが難しそうですね。

乙黒 そこは、不動産仲介や融資の営業担当と連携し、スピード感をもって提案できる体制を整えています。日ごろは営業担当がお客さまとの信頼関係を構築していますから、私たちはグループ力を結集し、いかにお客さまの心にささる提案ができるかがキモになると考えています。

d