Vol.05 社会政策コンサルティング

周囲を巻き込む力で
社会政策の最前線を切り拓く!

お客さまのあらゆる課題に対して、グループ内の人材力を駆使し最適なソリューションを提供する〈みずほ〉。そのグループ内の頭脳ともいうべきシンクタンクで活躍する女性に、フリーアナウンサーの唐橋ユミさんがインタビュー!

私たちの暮らしや健康を支えるための、あくなき挑戦に迫ります。

◆ ◆ ◆

連載最終回となる今回の舞台は、みずほフィナンシャルグループのシンクタンクのひとつ、みずほ情報総研株式会社。入社以来、一貫して医療や介護など社会保障の分野のコンサルタントとしてスキルを磨いてきた日諸恵利さんにお話を伺います。

日諸恵利さん

2010年みずほ情報総研株式会社に入社。大学院では都市政策、地域活性化をテーマに研究をしており、入社後は社会政策コンサルティング部にて、医療機器、医薬品、再生医療、ヘルスケアサービスなど医療分野のコンサルティングに携わる。現在、同部チーフコンサルタントとして活躍中。

唐橋ユミさん

福島県喜多方市出身。実家は酒蔵を経営。高橋圭三氏主宰の圭三塾で学び、テレビユー福島に契約社員として入社。朝の情報番組や夕方のニュースを担当する。三桂に所属し、在京キー局の番組に出演している。現在、TBS「サンデーモーニング」にレギュラー出演中。

Oneシンクタンクの連携で多様なニーズに応える

唐橋 現在、社会政策コンサルティング部で医療産業をテーマにお仕事をしていらっしゃると伺いました。医療産業のコンサルティングというと、具体的にはどのような業務がメインになりますか?

日諸 医療機器、医薬品、再生医療、ヘルスケアサービス、食育などを中心に、産業振興、新規ビジネスの創出、マーケット調査、官公庁への政策立案の支援などを行っています。

唐橋 ひと口に医療産業といっても、非常に幅広いですね。

日諸 はい、つい先日も日本の医療システムを海外に輸出するためのミッションでシンガポールへ。変わったところでは、日本酒の海外展開のプロジェクトにも携わっていましたよ。

唐橋 日本酒も医療産業に入るのですか?

日諸 ヘルスケアの概念には健康的な食事も含まれますので、食品、農産物などを扱うこともあります。医食同源という言葉もありますし、酒は百薬の長ともいいますしね(笑)。

唐橋 私も実家が酒蔵を営んでいて、お酒は大好き。海外に日本酒の魅力が広まっていくのは、とてもうれしいです! でも、医療機器から日本酒までこれだけ幅広い分野のコンサルティングをされるとなると、膨大な知識が必要になるのではないですか?

日諸 私たちコンサルタントは、市場調査や戦略立案などで強みを発揮することが求められています。さまざまな品目を扱っていますが、基本的なメソッドには共通点が多いんですよ。また、〈みずほ〉のなかには、さまざまな分野の専門コンサルタントが多数在籍しています。何かわからないことがあれば、銀行の産業調査部やグループ内のシンクタンクと連携し、詳しい人に教えてもらうこともできる。Oneシンクタンクとして協力しあい、お客さまの多様なニーズに応えています。

〈みずほ〉の「Oneシンクタンク」は、世の中に広く情報提供を行うとともに、
お客さまの課題解決のために最適なソリューションを提供し続ける専門集団です。
Oneシンクタンクの詳しい内容はこちらから

チームがともに歩める目標設定がポイント!

唐橋 社会保障分野のコンサルタントを目指すきっかけは?

日諸 実は、大学では都市計画や地域活性化を専攻していて、地方活性化のコンサルタントになりたかったんです。でも配属されたら、医療分野!

唐橋 それは驚かれたのではないですか?

日諸 そうですね(笑)。ただ、当時の上司との面談で「なぜ地域活性化に情熱を持っているのか」と深く掘り下げて考えるうちに、医療分野でもやりたい仕事はできる、と切り替えることができたんです。中堅の立場となった今では、当時の私と同じようなギャップをもつ後輩社員をサポートするのも大切な役割だなと感じています。

唐橋 希望どおりの配属ではなくても、仕事をするなかでどんどんおもしろくなっていくことってありますよね。

日諸 はい、そう思います。私自身もお客さまに恵まれて、自然とこの道を進む決意がかたまっていきました。

唐橋 今、最もやりがいを感じるのはどんなところですか?

日諸 多くのステークホルダーを巻き込んで、目指すべきゴールへ向かう瞬間です。利害もバックグラウンドも違う方々と一体となって進めるようにコーディネートする。それが最も難しい点でもあり、同時にやりがいを感じるところでもあります。

唐橋 思い出に残るエピソードはありますか?

日諸 心に刻まれているのは、医療機器メーカーとチームを組んで、日本式医療の海外輸出を手がけた案件です。日本の医療機器メーカーは中小企業が中心。ものづくり力は非常に高い半面、海外のジャイアントメーカーと比較すると知名度、ブランド力では引けを取る部分があります。そうした状況で、日本製品のよさを伝えるためにはどのような戦略を立てたらいいか。目指すべきゴールに向かって、関わる全ての人たちを巻き込んでいく過程に、情熱がたぎりましたね。

唐橋 多様なステークホルダーが納得できる目標設定は、コンサルタントとしての腕の見せ所ですね。

日諸 ええ。それは、やはり時間と手間をかけてつくり上げるものなんですね。最初の立ち上げはいつも生みの苦しみですが、しっかりした土台さえつくれば、それぞれのメンバーがアイデアを出し合い、オーケストラのようにすばらしいハーモニーをつくり出すことができます。

唐橋 日諸さんは、さながら指揮者の役割ですね。熱い思い、私にも伝わりました!