• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • NATIONAL GEOGRAPHIC
  • 日経電子版
シャンプー
スキンケア
プロテイン
スタイリング
クレンズフード

育毛シャンプー「スカルプD」などで知られるアンファーは、創業以来エイジングケア分野の事業への取り組みを着実に広げながら、今年、10月8日に設立30周年を迎える。2015年8月には新たに「予防医学」をタグラインに掲げ、医師や専門家との連携による高品質なプロダクツやサービスの研究開発を加速させている。全ての人に「美」と「健康」を提供するために、予防医学にこだわって新たなチャレンジを続ける同社の取り組みについて聞いた。

生活にケアを介入させて「健康寿命」を長くしたい

アンファー株式会社 ブランド戦略部 ブランドプロモーション1課 課長 三山 孝仁氏

 「予防医学」をタグラインとするアンファーが起業したのは、今から30年前の1987年10月のこと。化粧品や健康食品、医薬品などの輸出入事業からビジネスをスタートさせ、その後、専門医チームとの共同研究によってオリジナルプロダクツの研究開発に着手。ヘアケアサプリメントやエイジングスキンケア化粧品などの発売を経て、2005年に同社最大のヒット商品となる初代『スカルプD』を発売。2012年には専門医監修によるエイジングケアの総合情報サイト「アンファー からだエイジング」をオープンさせるなど、その後も多くの医師や臨床施設、研究機関などとの共同研究や提携によって、新しいプロダクツやサービスの開発に取り組んでいる。

 「弊社が手がけている商品の特徴は、見た目のアンチエイジング、見た目のケアをするものが大半だということです。これは『予防医学とはどんなことをやるのか』が一般の人にはなかなか分かりにくいため、一番分かりやすくて導入しやすい“見た目”から入っていこうという狙いがあるからです」

 そう説明するのは同社ブランド戦略部の三山孝仁氏だ。三山氏によると、人が自立した生活を送ることができる「健康寿命」と「平均寿命」には男性で9歳、女性で12歳の差があり、その差であるおよそ10年間は介護を必要とする状態や、何らかのケアを受けて生活しているのが日本の実情なのだという。アンファーではその期間をなるべく短くして、美しく健康なまま人生を全うするためのお手伝いをすることを、目指している。

 「健康寿命をより長くするためには、日々の生活の中で何らかの予防医学としてのケアを行う必要があります。しかし、長年の生活習慣を変えて明日から運動をしよう、食生活を変えようと思っても、そうそう簡単に変えられるものではありません。そこで、毎日の生活の中にケアを介入させることで、知らず知らずのうちに健康につながる行動を取っていただけるのが、弊社の商品やサービスなのです」(三山氏)

 例えば日常生活で使うシャンプーの場合、一般的には「髪の毛を洗う」機能が主なのだが、同社の商品はそこに「抜け毛を減らす」機能がプラスされているため、本人が知らぬ間に「洗う」行為によって「毛髪に対するケア」、つまり「予防医学」が実践されているのである。

 「2017年1月には、体の中を浄化して体質改善する『ドクターズ ナチュラル レシピ』という食品も新発売され、今後はインナーケアによる予防医学も拡充していきたいと考えています」(三山氏)

医療機関や研究機関との共同研究が新商品を生む

アンファー history

 こうした予防医学の取り組みを推進していくために欠かせないのが、医師や医療機関、専門機関との共同研究だ。現在、アンファーでは様々な大学病院やクリニック、さらにはベンチャー企業などと提携して新商品や新サービスを開発している。同社商品開発部シニアフェローの波間隆則氏に聞いた。

 「聖マリアンナ医科大学に幹細胞再生医学の寄附講座を開設し、毛髪の再生についての研究を行ったり、他にもある大学と提携クリニックのメンズヘルスクリニック東京と一緒に、男性医学にも取り組んでいます。これは加齢によって起こる男性更年期障害や前立腺などの疾患に対する研究で、同時にそれらを予防するためのサプリメントなども開発しています」

 共同研究は他にもある。ある大学とはマッサージが髪の毛に与える影響を医学的見地から研究し、それをもとにパナソニックと頭皮エステの製品を共同開発。大学発のベンチャー企業とはモーニングエレクション(早朝勃起)を検知するウエアラブル端末を開発し、男性の活力度について研究するなど、その裾野は想像以上に広い。

 「当社ではハード面での研究機関は持っていませんが、研究チームを編成して医療機関や研究機関と共に共同研究し、そこで得たノウハウやエビデンスを生かしながら新しい商品やサービスの開発につなげています」(波間氏)


リレーション

アンファーがクリニックなどの臨床現場での開発・研究のサポートとなり、医療現場での臨床データをアンファーが活用することで新たな商品を開発するなど、密な連携を取りながら、互いにリレーションシップを結んでいる


先生
NEXT 2017年中には13代目『スカルプD』も登場の予定
1
2
アンファー株式会社
東京都千代田区丸の内2-7-2 JPタワー26F

頭髪専門医と開発 頭皮のために作られたシャンプー 詳しくはこちら