長期安心の賃貸経営を目指すなら、まずはそのリスクを理解することが大切です。
『賃貸経営リスクのクスリ』資料セット 無料進呈 お申し込みはこちらから

この度、旭化成ホームズでは、続んでリスクに強くなる
『賃貸経営リスクのクスリ』資料セットをご用意いたしました。
これから賃貸経営をお考えの土地オーナーの皆さまに、
ぜひ読んでいただきたい資料となっております。
ぜひこの機会にお申し込みください。

※パッケージ画像はイメージです。お送りする資料パッケージとは異なります。

賃貸住宅経営 6つのリスクとその対策

最近、賃貸住宅市場をめぐる報道で、「アパート融資増加」「空室増加」「供給過剰」などの記事を目にします。
2015年の税制改正(相続増税)や低金利の影響を受け、相続税対策として新たに賃貸住宅経営を始める
土地オーナーが増えたことで、地方を中心に賃貸住宅の需要以上に供給が増加しているとの懸念があるためです。
賃貸住宅経営は、数ある事業の中でも「安定した事業の一つ」と言われています。
とはいえ事業である以上、リスクがない、とは言えません。
リスクを正しく把握し、その対策を講じることが長期安定経営への第一歩となります。

リスク1 空室率増加
相続税対策としての賃貸住宅の供給増により、空室の増加が懸念されているが…。 ■1都3県アパート系(木造、軽量鉄骨)空室率TVI
資料の請求はこちら
リスク2 賃料下落
将来の人口や世帯数減少と貸家着工戸数の増加による、需給バランスの不均衡予測で賃料下落を懸念する声も…。 ■貸家新設着工戸数の推移
資料の請求はこちら
リスク3 災害
近年、震度5弱以上の地震の発生頻度が急激に増加! ■地震発生回数(1980年~)
資料の請求はこちら
リスク4 金利上昇
借入金の金利の差は収支に大きな影響を及ぼす。 ■借入額1億円(35年返済/全期間固定金利)の返済額
資料の請求はこちら
リスク5 修繕費
非効率な「修繕費の支出」は、収支を悪化させる。 ■メンテナンス計画の効率差
資料の請求はこちら
リスク6 入居者トラブル
入居者トラブルへの対応は煩雑。他の入居者に悪影響を与える入居者がいると入居率に影響することも…。 入居者トラブル
資料の請求はこちら
付加価値型賃貸・解説書&実例集

これからの賃貸市場は、人口や世帯数の減少、晩婚化、女性の社会進出、入居者ニーズの多様化等の社会情勢の変化に対応する必要があり、従来の価値観だけで建てられた賃貸住宅では長期安定経営が難しくなる可能性があります。
旭化成ホームズは、社会情勢の変化を捉え、従来価値に新たな価値を加えた付加価値型賃貸住宅をご提案し、長期にわたる高い入居率の維持を目指します。
旭化成ホームズの付加価値型賃貸住宅のしくみと実例をご紹介する資料です。

長期安定経営を目指す 旭化成の付加価値型賃貸
コミュニティ賃貸/マイ・スタイル賃貸
詳しくは「付加価値型賃貸解説書&実例集」をご覧ください お申し込みはこちらから
旭化成ホームズ株式会社