• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • NATIONAL GEOGRAPHIC
  • 日経電子版
女性の活躍が会社の成長につながる
多様な人財が活躍できる職場の環境づくりに注力する
明治安田生命保険相互会社 取締役 代表執行役社長 根岸 秋男氏

内閣府特命担当大臣(男女共同参画)表彰を受けた明治安田生命保険は、多様な人財が活躍できる職場づくりを積極的に推進している。「働き方改革」や「管理職の意識改革」などを中心に、挑戦意欲あふれる女性の活躍を後押ししていくという、その取組について聞いた。

女性管理職比率推移

女性管理職候補者向け研修(ワークショップ)の様子。キャリアアップに向けて、本人及び周囲の自覚を促す効果が高く、社内における人脈形成の効果もある

2020年に女性管理職比率30%が目標

――もともと多様な人財活用に積極的な貴社が、特に女性活躍促進に力を入れている理由は何ですか?

当社は中期経営計画と感動実現プロジェクトで構成する「明治安田NEXTチャレンジプログラム」(2014年4月~2017年3月)において、「ダイバーシティ・マネジメントの強化」を重点実施事項の一つに定め、多様な人財が活躍できる職場づくりを推進しています。とりわけ、女性についてはその能力を十分に発揮する機会を確保するため、様々な取組を実施しています。目に見える商品や工場を持っていない当社の事業では、そこで働く従業員一人ひとりが貴重な経営資源であることはいうまでもありません。従業員の約9割が女性であることを考えると、女性活躍推進は当社の経営に直結する重要な要素ともいえるのです。女性たちが生き生きと働きながら活躍することが、競争力やお客さまサービスを向上させ、当社の成長にもつながっていると確信しています。

――女性活躍推進の取組の中で、積極的に実践されていることはありますか?

2012年より各組織から意欲と能力のある女性職員を選定のうえ、人事部にて管理職候補(L-NEXT)として登録し、計画的かつ継続的に女性管理職を輩出する体制を整備しました。2020年4月までに管理職に占める女性の割合を30%程度とすることを数値目標として掲げ、積極的に登用していきます。


執行役員 立川支社長 松村里美さん
「女性が活躍できるようバックアップ」
執行役員 立川支社長 松村 里美さん

当社の従業員の約9割が女性職員であり、その一人ひとりがお客様に寄り添い、使命感を持って仕事にまい進しています。それをバックアップするために、女性の活躍推進に向けた人事制度などのハード面の整備だけではなく、研修機会の拡充、各種情報提供を通じた女性のキャリアアップ意欲の醸成などソフト面の充実にも力を入れています。

-

アソシエイト職から「総合職(地域型)」への移行前説明会。「総合職(全国型)」と「総合職(地域型)」の相互の職種変更も柔軟に行うことができるように取扱いを変更した

人事制度を改正し、活躍範囲を拡大

――抜本的に人事制度を改正されたそうですが、なかでもこだわった部分を教えてください。

2015年度から人事制度を改正し、最も力を入れたのが「職種の再編・統合」です。複数ある職種を「総合職(全国型)」と「総合職(地域型)」に段階的に再編・統合し、転居を伴う転勤の有無以外は同等の位置づけであることを明確化。職種によって存在した登用職務の制限を撤廃し、活躍範囲を広げることによって、スタッフ業務から営業関連業務などいろいろな業務へ挑戦や、管理職を目指すことを後押しし、応援することが大きな目的となっています。


商品部長 森本律子さん
「男女問わずアイデアを出し合う職場へ」
商品部長 森本 律子さん

通常の定期異動においても、これまで女性職員が少なかった組織に女性職員が配置され、既存の固定観念にとらわれない発想で組織を活性化しています。私が部長を務める商品部でも、以前に比べて女性職員数がほぼ倍増。部内会議や打ち合わせで、女性職員の存在感が増し、主体的に業務に携わっています。特別なプロジェクトではなく、日常業務において男女問わず多様なアイデアを出し合い、切磋琢磨して新しいものをつくり上げる風土が形成されつつあると感じています。

-

2014年6月に発売した主力商品「ベストスタイル」の販売プロモーション施策の考案・実施を担ったのは、個人保険営業分野に所属する女性や若手職員を中心とした社内プロジェクトチーム。発売3カ月で約15万件以上の販売実績を残す大きな成果になった。また、管理職の意識改革などを目的としたトップダウン型の「イクボス育成プログラム」も導入している

働き方への意識改革で効率化を!

――「働き方改革」も実行されているそうですが、どのような取組になりますか?

女性活躍に力を入れると同時に、ワーク・ライフ・バランスも推進しています。総労働時間の縮減や男性の育児休業取得の推進など、各所属におけるワーク・ライフ・バランスの実現に向けた取組状況を得点化する「ワーク・ライフ・デザインプログラム」を導入。結果を所属長評価に反映し、管理職の意識・行動変革を促しています。2016年度には「働き方改革」もスタートし、会議・報告ルールの見直しや業務効率化、テレワークの活用など、働きやすい職場環境をつくることにも注力しています。


明治安田生命保険相互会社
明治安田生命保険相互会社
―― 企業概要(2016年9月末) ――
社名
明治安田生命保険相互会社
本社所在地
〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-1-1
設立
1881年7月9日
基金総額
8300億円(基金償却積立金を含む)
グループ業績
グループ保険料1兆4678億円(連結損益計算書上の保険料等収入)
従業員数
4万1809人(うち営業職員「MYライフプランアドバイザー」3万1201人)
事業内容
生命保険業
女性が輝く先進企業表彰2016「日本経済再生の鍵は、女性のエンパワーメントにあり。」
日経ビジネス「3/3発売号にて掲載」
#1 カルビー株式会社 #2 損害保険ジャパン日本興亜株式会社 #3 社会福祉法人あいの土山福祉会 #4 大和証券株式会社 #5 株式会社北洋銀行 #7 株式会社ユーシステム