• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • NATIONAL GEOGRAPHIC
  • 日経電子版
IT活用で業務を効率化し長時間労働を解消
新3KともいわれるIT業界で残業ゼロを目指した改革を遂行
株式会社ユーシステム  代表取締役 佐伯 里香氏

2016年度「女性が輝く先進企業表彰」で、内閣府特命担当大臣(男女共同参画)表彰を受賞したユーシステム。長時間労働が当たり前と思われているIT関連の事業において、残業ゼロを目指した取組を実行し、2015年度には月平均16.6時間まで残業削減に成功。その具体的な取組について聞いた。

女性管理職比率推移

将来の目標に「残業ゼロ」を掲げ、残業は申告制に。残業時間の上限は月20時間までというのが社内ルールだ

ITを活用して業務の見える化を実行

――IT業界では当然とも思える長時間労働を、解消しようと決めたきっかけは何だったのでしょうか?

IT業界は、“きつい・厳しい・帰れない”の新3Kといわれるほど、過酷な労働環境です。当社も以前は長時間残業が常態化していて、とても働きやすい職場とは言い難い状況でした。しかし、これでは戦力として期待していた女性が辞めてしまうことが多く、女性が結婚した後も継続して働き、活躍できる職場を目指すことにしたのです。

――残業を減らすためにITを活用したそうですが、実際にはどのような工夫をされたのでしょうか?

まず、業務の効率化の徹底を図るため、業務を改めて見直してIT活用で見える化を実現。無駄な作業をなくして生産性を上げました。さらにクラウド上でプロジェクトを管理して、在宅勤務が可能な環境をつくりました。これらの取組によって、新3Kの一つ“帰れない”を解消できたのです。ただ、最初はなかなか残業の習慣から抜けきれずにいたため、残業の申告制度や定時退社日の設定といった段階を経て、少しずつ意識改革を遂行しました。同時に、社長・社員が一緒になって経営改善にも知恵を絞りました。例えば、リーダーが成果目標や行動目標を数値化したアクションプランを作成し、それをチームで情報共有するという施策を行った結果、全ての社員が柔軟な働き方をすることが可能になりました。


「女性社員をリーダーへと育成する」
現場担当者の声

当社では、創業当時から女性の活躍推進に注力してきたこともあり、女性社員をプロジェクトの中心的な役職に登用し、女性リーダーの育成に積極的に取り組んできました。その結果、社員の中に経営参画の意識が高まり、売り上げなどの数字に無関心だったシステムエンジニアやWebデザイナーが、自分の業務以外のことにも自分たちの課題として取り組むようになりました。気軽に意見が言える雰囲気なので、少人数の会社でありながら全社員一丸となって業務にまい進しています。


アクションプランがあることで、結果だけではなくプロセスが明確になり、PDCAサイクルが回る環境へ。また、情報がチームで共有され、担当者が休んでも対応ができるようになった

多様で柔軟な働き方を推進する

――多様な働き方をサポートされているそうですが、具体的にはどんな内容ですか?

私が前職において、フルタイムの在宅勤務を11年経験し、その有用性を実感していたこともあり、当社にも在宅勤務制度を導入しました。柔軟な働き方を推進するために、女性社員を対象に家庭の事情に合わせた働き方制度(フレックスタイム、半休、育児休暇、傷病休暇など)も設定。残業時間の削減によってワーク・ライフ・バランスを保ち、仕事と家庭生活の責任を果たせる環境づくりに注力しました。現在では出産や育児などで休職や一度離職した女性が、在宅で能力を発揮できる働き方も整備しています。


「評価を励みに、取組を推進」
現場担当者の声

女性に限らず、人材活躍の取組について多方面から評価を受けています。2010年には「こうべ男女いきいき事業所」表彰、2011年には「ひょうご仕事と生活のバランス企業」表彰、2016年3月には女性の育成・登用などが評価され、「ひょうご女性の活躍企業」として表彰されました。こういった評価が、取組を進めていく中でとても励みになります。


業務状況などの情報を社内のシステムやデータから集積し、表やグラフにして一覧表示したダッシュボードの画面。ITを活用して管理することで、作業の効率化に加え、残業時間の軽減など、マネジメント強化プログラムの実行が評価されている。2011年度には、兵庫県内の中小企業を対象に卓越した仕組みを有し、実践している企業として兵庫県の「ひょうご優良経営賞 兵庫県知事賞」を受賞

自分の力を試せるチャンスを生かす

――今後、活躍を期待する女性に向けて、応援メッセージをお願いします。

女性活躍に一般論では賛成しながら、いざ自分の会社のことになると、環境改善が進められない企業が多かったように思います。しかし、今は政府主導で、男女共同参画の機運が高まっています。さらに、仕事も内容次第では男女の区別なく、平等にチャンスが与えられる時代になりました。最初は小さな仕事でも、それを確実にこなす姿を周りが見て、次第に大きな仕事を任せようと思うものです。現代の日本の社会は、これまであった壁や天井を崩しやすくなっています。女性たちには臆することなく前に踏み出してほしいですね。


株式会社ユーシステム
株式会社ユーシステム
―― 企業概要 ――
社名
株式会社ユーシステム
本社所在地
〒651-0087 兵庫県神戸市中央区御幸通4-2-15
三宮米本ビル4階
設立
2002年4月
資本金
1000万円
売上金
非公開
従業員数
19人(2016年3月31日現在)
事業内容
情報・通信業
女性が輝く先進企業表彰2016「日本経済再生の鍵は、女性のエンパワーメントにあり。」
日経ビジネス「3/3発売号にて掲載」
#1 カルビー株式会社 #2 損害保険ジャパン日本興亜株式会社 #3 社会福祉法人あいの土山福祉会 #4 大和証券株式会社 #5 株式会社北洋銀行 #6 明治安田生命保険相互会社