コマツ

企業から

コマツは1990年代からESGへ地道に取り組み、社会の課題に対して本業を通じて応え、ステークホルダーからの信頼度を高めることを目標に事業活動を進めてきました。環境でも、建設機械が稼働する現場、生産の現場などを革新し、CO2削減、資源の有効利用などの課題に取り組んできました。特集記事の「コマツのつながる工場-IoTによる生産性向上と省エネ」など、報告書では製品および生産での革新がもたらす環境課題の解決について紹介し、さらに詳細なデータも開示しています。

お問い合わせ
環境管理部
コマツ

日経BP環境経営フォーラムから一言

中期経営計画にESG(環境・社会・ガバナンス)を重視した経営を明記した真意をトップメッセージで明かしている点が印象的だ。国連のSDGs(持続可能な開発目標)と自社のCSR重点分野との関連性をマトリクスで示しており、取り組みが分かりやすい

社会・環境報告書/CSRレポート ダウンロード