働き方改革の必要性が求められるようになる以前から、企業は自社のため、そして社会のために、イノベーションの誘発と生産性の向上、働きやすさの追求に取り組んできた。その取り組みの一つに、オフィス改革がある。それまでのオフィスレイアウトを変えるだけでも、仕事の内容をがらりと変えられるのではないか。そして、それは位置情報から人の動きを数値化・可視化することで裏付けられるのではないか。国際航業で新しい挑戦が始まっている。

コミュニケーションの頻度を見える化し働き方改革につなげる

位置情報サービス(LBS)を導入するとオフィスはどう見える?

国際航業株式会社 事業開発本部  LBS事業部 システムサービスグループ 田端 謙一 / 国際航業株式会社 技術サービス本部  首都圏事業部 法人第二営業グループ 島 麻子

下の図を見てほしい。国際航業のあるオフィスでの人の動きを示したものだ。ミーティングスペースには入れ代わり立ち代わり人が集まり、手短に、または長時間にわたって、コミュニケーションを取る様子が可視化されている。集まっているのがどんな役職の、どんな職制の人なのかも一目瞭然。だから、どのチームやプロジェクトが密にコミュニケーションを取っているかが手に取るように分かるのだ。

コミュニケーションスペースの利用状況や部門間交流の把握

様々な部門のメンバーが交流している。(色は部門を表す)
国際航業株式会社 事業開発本部 3Dセンシング事業部 開発グループ 営農支援サービス担当部長 鎌形 哲稔 / 国際航業株式会社 事業開発本部 3Dセンシング事業部 開発グループ 営農支援サービス担当 大島 香

ヒートマップで人の動きを可視化したところ、コミュニケーションエリアであるカフェテリアの滞在時間が少なかったため、動線を変えるイベントを実施した。前後のデータを比較すると、カフェテリアの滞在時間が増加したことが分かる

オフィスでの人の動きやコミュニケーションの頻度、時間が場所にひも付いて可視化されると、これまでの“仮説”を裏付けられるという。「仕事にはコミュニケーションが欠かせないとされてきましたが、位置情報を読みとくことで事実を知ることができます。データの裏付けがあることで、『コミュニケーションが活性化するオフィスに変えよう』『偶発的なコミュニケーションを生み出せる場を仕掛けよう』など、具体的なレイアウト変更のプランが立案され、戦略的な改善につなげられます」と担当の島と田端は口をそろえる。

このサービスの根底にあるのは、国際航業が屋内外を問わず進めてきた位置情報サービスだ。様々なセンサで得た情報は、同社のプラットフォームである『Genavis 測位プラットフォーム』でより人間が分かりやすいデータ形式に整理される。仮にセンサの種類を変えても、プラットフォームは変わらないため、継続的なデータの比較ができる。

2017年6月にはフィンランドのQuuppa Oy社とパートナー契約を結び、リアルタイム、3次元に対応した高精度センサによるデータ取得が可能になった。これまで以上にピンポイントで位置を把握できるようになり、フリーアドレス制のオフィスでも、リアルタイムで誰がどこにいるかを確認できる。

「私たちはお客様の測りたいもの、可視化したいデータに過不足がないシステムを提案できます」と田端は言う。航空測量分野で位置情報を扱う技術を磨いた国際航業だからこそできるサービスであり、既に建設現場や物流倉庫などの働き方改革にも取り組んでいる。

Genavis 測位プラットフォーム

SDK(ソフトウェア開発キット)提供なので、自社システムに組み込める。また複数センサを組み合せたハイブリッド測位により屋内外シームレスな測位が可能、コストパフォーマンスに優れたセンサ配置を実現

オフィスのプロとの協業で実利ある働き方改革を

現在、国際航業はこのサービスの展開を、イトーキと共に進めている。イトーキは、オフィスに関するコンサルティング業務を進めるに当たり、まずは、現状のオフィスの状況の把握をしたいと考え、国際航業の技術に目を付けたという。

既に顧客からの反応は上々のようだ。

「無駄な動きが多いということは、何となく感覚的に分かっていましたが、定量的なデータを基に視覚化されると、とても分かりやすい」「ワーカーがどの場所に多く集まり、コミュニケーションがどのくらい行われているかなども把握できて、内部の関係者に対して説明しやすい資料です」といった声が寄せられているという。

位置情報を通じて人にフォーカスすることで人材育成や組織マネジメントなどへの活用もできるのではないかという期待もあるそうだ。

「今後は、仮説を裏付けるだけでなく、“実は仮説は間違っていた”という発見もあるかもしれません。一見、無意味で無駄とされがちな行為も、実は創造性を上げていた、といったことが分かるかもしれません」と島は声を弾ませる。働きやすくイノベーティブで効率的なオフィスは、企業を変え、そこに働く人や社会を活性化させていくだろう。

Vol.1 空からの視点で農業を支え、生産者の笑顔を増やす Vol.3 地震発生から20分以内に現実に即した津波浸水被害を推計する Vol.4 SDGsの目標達成を目指す新たな社会と企業に課題の認識と確かな対策を提案・実現。持続可能な成長に貢献する
日本アジアグループ株式会社
国際航業株式会社
2016年度 よりよい地球の未来をつくる 2015年度 安心・安全で持続可能なコミュニティ創生物語