• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • NATIONAL GEOGRAPHIC
  • 日経電子版
日経ビジネスONLINE SPECIAL

「ThinkPad 選ばれる理由」25人の知性派が語る一流の条件

Vol.12
「攻めのIT部門」を支えるユーザー目線
デンソー
デジタルイノベーション室長
成迫 剛志
「攻めのIT部門」を支えるユーザー目線/成迫剛志 「ThinkPad 選ばれる理由」25人の知性派が語る一流の条件

ThinkPadと変える自動車

 

 「情報通信テクノロジーは人々を幸せにする」を信条に、成迫剛志はさまざまな企業を渡り歩いてきた。

 日本IBMにシステムエンジニアとして入社、伊藤忠商事では西暦2000年問題への対応やIT関連ビジネスの立ち上げに取り組み、その後、香港のIT事業会社の社長に就任。帰国後は外資系ERPベンダーにてプリンシパルを務めた後、データセンター・クラウド事業のビットアイル・エクイニクスなど、数社の役員を歴任してきた。

 「これまでにもIT業界のいろんな会社から声をかけていただいてきたんですけど、あるとき『自動車業界に興味ありませんか』って。意外でしたけど話を聞いてみたら面白そうだなと思って」

 そして昨年、これまでのIT業界から一転、大手自動車部品サプライヤーのデンソーに入社。4月1日付でデジタルイノベーション室を立ち上げ、その室長となった。

成迫氏
Takeshi Narisako
大学卒業後、日本IBMでデーターベースのシステムエンジニアとなる。その後、伊藤忠商事の情報システム部で西暦2000年問題対応やインターネット関連ビジネスの立ち上げなどに携わる。2005年に香港のIT事業会社の社長に就任。帰国後はさまざまな会社で役員などを務めた後、16年にデンソーのデジタルイノベーション室長となる。

 「一般的な言葉で言えば“攻めのIT部門”みたいなものです。自動車の世界もコネクティッドカーといわれる時代になりつつあり、そのときに必要となるクラウドに関する技術者が当社には少ない。そこで新しい組織を立ち上げよと、ボクに声がかかったわけです」

 昨今、大きな話題となっている自動車の電動化がもたらすのは、脱化石燃料というだけでなく、サプライチェーンをはじめ自動車産業全体を大きく変革する。またコネクティッドと自動運転技術の進展は人々の生活をも変えるだろう。

 「自動運転技術等を活用した新しいモビリティ社会はクラウドなしでは実現できません。クルマとクラウドがつながりデジタルデータがさまざまな形で活用されていることが前提です。現在の主なビジネスは、高品質な自動車部品を自動車メーカーに納めることで安心・安全な移動手段を提供することですが、今後は移動に関するさまざまな革新的なモビリティサービス、たとえば自動運転バスや自動配送トラックなどがたくさん登場するはずで、そのときの交通の全体最適化や運行管理といった高度なITシステムが必要になります」

 しかし、安心、安全、高品質をモットーとするものづくり企業ゆえの課題もある。

 「コネクティッドの時代は、欧米などのIT企業とも、協業もあれば競争となることもある。ものづくりのスピード感とITの世界のスピード感はまったく違うものです。だからデザイン思考やアジャイル開発によって変革を起こせるようなシリコンバレー流の異端な部署を、今このデンソーという会社の中に作ろうとしているんです」

 週の前半を愛知県刈谷市にある本社で、後半を横浜にある開発拠点で過ごす。また多忙の中、2012年よりIT業界の有志が集う勉強会“白熱塾”を主催しており、既に120回を超えた。そうして仕事用とプライベート用に2台のThinkPadを使い分けている。

 「白熱塾のテーマはもっぱらそのときにボクが興味があるもので、講師を呼んだり自分でやったり、ワインを飲みながら気軽に開いているディスカッションの場です。このときの資料なんかも全部プライベートのThinkPadで作っているし、後はスタジオにあるようなスピーカーにつないでハイレゾ音源の音楽などを聞くこともありますね。正直に言えば、これまでいろいろなパソコンを使ってきましたけど、やっぱりThinkPadが良くてね」

 最後に成迫は理由をこう話した。

 「仕事もそうなんですけど、エンドユーザーの立場になって考えたときに何が一番いいのか、どうすれば一番幸せなのか。そこに思考をフォーカスしながら進めていくことが大切なんです。たとえばThinkPadって、キーボードから手を離さずにすべての操作ができる。何より丈夫ですよね。そういうことなんじゃないかと思うんです」(敬称略)

成迫氏
成迫氏は仕事もプライベートも10年以上ThinkPadを使い続けている。仕事用はインテル® Core™ i5 プロセッサー搭載のX260、プライベート用は少し年代モノというインテル® Core™ 2 Duo プロセッサー搭載のX200だ。「メモリーを増設したり、SSDに換装したりしているんですけど処理速度も速いし、耐久性もすごいんですよね。勉強会や海外などにもよく持っていきますけど、一度も壊れたことがない」と楽しそうに話した。
(文:藤野 太一/写真:栗原 克己)
「ThinkPad 選ばれる理由」25人の知性派が語る一流の条件
 「ThinkPad 選ばれる理由」25人の知性派が語る一流の条件
ThinkPad25
Supported byLenovointel