• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • NATIONAL GEOGRAPHIC
  • 日経電子版
日経ビジネスONLINE SPECIAL

「ThinkPad 選ばれる理由」25人の知性派が語る一流の条件

Vol.16
バーチャル手術の第一人者
筑波大学
外科医
大城 幸雄
バーチャル手術の第一人者/大城幸雄 「ThinkPad 選ばれる理由」25人の知性派が語る一流の条件

ThinkPadで切り拓く医療の最先端

 

 近頃「バーチャルリアリティ(VR)」という言葉を耳にするようになった。一般的にはゲームなどがよく話題に上がるが、実は医療の世界では1980年代から活用されてきた技術だ。

 2010年、筑波大学の外科医・大城幸雄は、医工産学連携でリサーチグループを作り肝臓のバ-チャル手術において、CTとMRIを融合し、変形・切開可能な、3D画像シミュレーションソフト“リバーシム”の開発に成功した。

大城氏
Yukio Ohshiro
1970年生まれ。2013年、筑波大学大学院人間総合科学研究科疾患制御医学専攻消化器外科修了。14年に筑波大学次世代医療研究開発・教育統合(CREIL)センター教育部門担当となる。現在は筑波大学で講師兼研究者として従事。日本肝胆膵外科学会や日本臨床外科学会など、多くの学協会にも所属する。

 「開発には足かけ7〜8年かかりました。CTスキャンしたデータを三次元化し、それをもとに実際の手術の前にコンピューター上でシミュレーションが可能です。我々はリハーサルと呼んでいますが、コンサートや演劇でも、必ず通しで事前に練習してみますよね。手術もそうあるべきだと思ったのです。これまでの手術は事前にいろいろ検討はするものの、事実上ぶっつけ本番で、想定外のことが起きることもあった。リバーシムを使えばあらかじめ手術を体験し、工程を可視化できます。また実際の手術のときにもその動画を見ながら進める、ナビゲ-ションのような機能も果たします」

 ThinkPadの画面に映し出された肝臓には、門脈や静脈、そして腫瘍などが見事に再現されている。メスのツールを使うと簡単に肝臓が開き、中に走る血管などが見えてくる。また臓器を変形させることも可能で、どの角度からどういった工程で腫瘍にアクセスすれば良いかが一目瞭然だ。こうした肝切除、手術における画像支援ナビゲーションが保険収載となったことで、全国的に採用例が増えているという。

 「肝臓って、指紋や網膜と同じで一つとして同じものはありません。一言で肝臓手術といっても、患者さんによって手術の際の景色が全く違うわけです。ですから、術前に一度リハーサルを体験できることは、何よりも安心、安全につながるものです」

 今では、CTの画像抽出技術も進化し、3Dプリンターで自分の肝臓の3Dモデルまで作ることが可能になった。大城の研究室にはそうした3Dモデルをはじめ、ハプティクス(力覚技術)デバイスを使い、変形や硬さまでを再現した肝臓モデルを使って、力覚を感じながら肝切除を体験できるシミュレーターやタッチレスインターフェースを使用した手術ナビゲーションを開発。ほかにも、研究室には動画などを駆使してデジタル化した手術用のタブレット教科書など自らが手がけてきた最新デバイスがずらりと並んでいる。

 医師として診療や手術を行う一方で、医学生への講義なども行っている。そして「今の学生が本当にうらやましいですよ。これらがあったら、臓器に対する理解のスピードが全く違いますから」と笑う。

 先のリバーシムは、自分のThinkPadで操作することを念頭に開発を進めたという。

 「普通のパソコンで操作ができるものでなければ普及しないと思ったんです。ですからデータをできるだけ軽くすることを心がけました。ウィンドウズパソコンであれば、誰でも簡単に使えるものにしてあります」

 10年前には考えられなかったほど、医学の進歩はめざましい。最後に大城はこんな話をした。

 「人間の体を可視化できる、三次元で立体的に理解できる、それは研究者としてはとても面白いものです。リハーサルを行うことでプラン通りの手術ができたとき、それは医師としては達成感を得ることができ、そして何よりも患者さんにとって負担が軽減できる素晴らしいことです。この数年でコンピューターと外科ってものすごく親和性が高くなってきました。何たって我々は“コンピューター外科”と呼ばれているくらいですから」(敬称略)

大城氏
大城氏がThinkPadを使い始めたのは約10年前のこと。使い続けている理由をこう話した。「やっぱり赤いトラックポイントですね。それからあのキ-ボ-ドに触れちゃうと、ほかはちょっと使えないですね。研究レポートも、プレゼン用の資料作成も、そして術前のリバーシムシミュレーションも全部これ1台でやっていますから」。現在、使用しているのはE470(インテル® Core™ i5 プロセッサー搭載)。手術の動画編集まで手がけることもあって、数年ごとにウェブ上でいろいろとカスタマイズしたモデルを購入しているという。
(文:藤野 太一/写真:栗原 克己)
「ThinkPad 選ばれる理由」25人の知性派が語る一流の条件
 「ThinkPad 選ばれる理由」25人の知性派が語る一流の条件
ThinkPad25
Supported byLenovointel