• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • NATIONAL GEOGRAPHIC
  • 日経電子版
日経ビジネスONLINE SPECIAL

「ThinkPad 選ばれる理由」25人の知性派が語る一流の条件

Vol.19
無駄を削ぎ落とし尽くす
WHITE PIGEON
代表取締役
河野 祥子
無駄を削ぎ落とし尽くす/河野祥子「ThinkPad 選ばれる理由」25人の知性派が語る一流の条件

ThinkPadと引き出す
1枚の布が秘めた可能性

 

 地方創生を、1枚の布をアレンジして生まれる衣裳を通して実現する。

 デザイナー河野祥子が2011年に立ち上げた「WHITE PIGEON」が目指すところを端的に表すとそういうことになる。

 「それまで、私はウエディングドレスのデザイナーをしておりました。2011年にあの3.11の震災がありまして、取引をしていた福島県川俣町の織元も被災しました。私に何かできることはないのか。そのときにまだ商品化されていなかったその織元の生地をなんとか世界に広めていきたい。そんな思いでその生地を使ってウエディングドレスを作り始めたのがそもそものきっかけでした」

河野氏
Shoko Kono
学生時代、アメリカに留学しオーダー衣裳専門店でインターン生として働く。2005年に帰国後、デザイナーとしてのキャリアをスタート。自身がデザインしたウエディングドレスがフランスの5つ星名門ホテル、プラザ アテネ パリの支配人の目に留まり、以降、同ホテルの広告写真に作品が使用され続けている。08年から独立し、11年にWHITE PIGEONを立ち上げる。

 数年を経て、河野の手がける衣裳は無駄を削ぎ落とし、残布を発生させない、1枚の布をアレンジするものへと洗練されていく。

 「量産の縫製工場ではものすごい量の生地を廃棄しています。できるだけ無駄を省きたい。でも単調なデザインではお客様には買っていただけませんので、日本の着物のようにシンプルな1枚の布で何通りものアレンジができれば、と。今、ニュースや映画等で危惧されているファストファッションの価格構造に10年以上前から疑問を持ち続けていたことも、無駄を削ぎ落とす理由の1つです。当社が廃棄する生地はほんの端だけ、99%を使い切っています。そしてもっと多くの人に知っていただくためにはウエディングドレスだけでなく、服飾アイテム全般を、生地も福島のものだけでなく、日本のさまざまな地域に目を向けていきたい、そんな発想が生まれてくるようになりました」

 現在は1枚の布をアレンジした日常使いできるストールや婦人服などが主な商品となっている。2014年に三越伊勢丹の「逸品会」への出展がかない、評判を得た。以降は日本橋三越本店で常設販売されている。また国内新進デザイナーのインキュベーションを推進する三井物産アイ・ファッションが「WHITE PIGEON」の仕事に注目し、同社協力による展示会を2017年3月に開催。今後は装飾的な部分を少し省いて、同様のコンセプトで日常使いできるような手頃な商品展開も考えているという。取り扱う生地、染織の産地も広がり、東北はもとより、東京、中部、関西、四国、九州は奄美大島まで日本全国へとつながっている。

 国内の織元を訪れたり、また海外出張したりする際にも昔から慣れ親しんだThinkPadを持っていくという。

 「無駄がないんですよね。うちの衣裳もそうですけど、極力無駄がなくて本当に必要な情報を整理するという機能に優れたパソコンだと思います。無駄があるとそちらに気を取られてしまって肝心なことに配慮が行き届かなくなってしまうこともある。思考が整理できる、それがThinkPadの魅力だと思います」

 大事なお客様へメールする際も取り急ぎの返信は携帯で、文面を慎重に考えたいときには情報を一度整理するためにもThinkPadで、と使い分けているという。

 そして河野は最後にこれからの展望をこんなふうに力強く語った。

 「ヨーロッパのブランドではカリスマデザイナーの下でトップダウンでモノを作っていくというのが1つのやり方だと思いますが、私自身が考えるのは日本の伝統的な水平分業制で、職人の力を集めてその地方でしか作られないものを作り、世に伝えていきたい。地方交付税や助成金がなくても地場の産業が自立できて、雇用創出に貢献し、そして競争力を生み出すことがこのビジネスの目標なのです」

 幸せの“白い鳩”は地方創生の導き手として、今空へ飛び立った。(敬称略)

河野氏
河野氏がThinkPadを使い始めたのは、2000年。当時はまだ学生だったという。「私にとって初めてのパソコンで、詳しい友人と一緒に秋葉原に行って、薦められたのがThinkPadだったんです。丈夫だし、無駄な機能が付いていないから長く使えるんじゃないかって。まさにその通りでしたね」。現在、使用しているのはThinkPadとしては3台目となるEdge 11"。その言葉通り長持ちしているようだ。
(文:藤野 太一/写真:栗原 克己)
「ThinkPad 選ばれる理由」25人の知性派が語る一流の条件
 「ThinkPad 選ばれる理由」25人の知性派が語る一流の条件
ThinkPad25
Supported byLenovointel