• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • NATIONAL GEOGRAPHIC
  • 日経電子版

グッドキャリア企業アワード2 0 1 7

学習院大学名誉教授 今野 浩一郎
「グッドキャリア企業アワード2017」受賞企業
千葉興業銀行/秋田製錬/董仙会

表彰状の授与、審査総評に続いて行われたパネルディスカッションでは、
学習院大学名誉教授の今野浩一郎氏をコーディネーターに、受賞企業3社の担当者が登壇。
企業のキャリア形成支援の在り方について、それぞれの立場から意見を交換した。

 パネルディスカッションは、各パネリストがそれぞれの企業の取組を紹介するところから始まった。千葉興業銀行人事部の加藤氏は、人材重視戦略により経営危機を乗り越えた実例を、秋田製錬総務部の三浦氏は、若手従業員の定着実現に向けたキャリア支援の取組について説明。さらに、董仙会(とうせんかい)本部の進藤氏は、独自のキャリアデザインプロジェクトによる医療人材の育成と地域の安心向上への思いを語った。三者三様の事例ながら、どの企業・組織も「キャリア形成支援」により経営難や人材不足を克服し、その後の成長につなげている。その中で今野氏が関心を寄せたのは、「最初の一歩を踏み出すトリガーはどこにあったのか」という点だ。

表彰式

学習院大学経済学部教授今野 浩一郎氏
  • 株式会社千葉興業銀行人事部 調査役加藤 陽介氏
  • 秋田製錬株式会社総務部 統括主任三浦 隆宏氏
  • 社会医療法人財団董仙会本部 本部長進藤 浩美氏

 「とにかく人を辞めさせたくなくて、一人ひとりの相談に乗るところから始まった」と言うのは、加藤氏。その活動がチームに広がり、やがて組織化するという経営判断につながった。現場の成果が制度を作った好例だ。
 一方、「自律自走」をモットーとする秋田製錬ではかねてから「改善提案」を推奨している。「変化しない企業は止まってしまう。どんな小さなことでも改善を提案することで、変わることを習慣付けています」と三浦氏。従業員のキャリアの前進を奨励する風土はもともとあったという。
 董仙会の場合も、経営トップと本部が一体となって、キャリアデザインプロジェクトを構築。「これまでの施策をより分かりやすく展開し、普及・定着に努めました。人材確保という経営課題に向けてキャリア支援は不可欠と考え、今も必死に取り組んでいるところです」と進藤氏は語る。

 キャリア形成は、従業員が主体的に行うことに意義がある。人事や総務が立てたプランを現場にどう落とし込み、従業員本人の理解をいかに促すかという課題は、各社共通の悩みといえるだろう。
 その点について進藤氏は、「一つは図解化・モデル化することで意図を明確に伝える努力をすること。もう一つは研修の機会を増やすこと。そして、ロールモデルとなる職員をつくっていくことも重要だと考えます」と回答。
 三浦氏は、「最初はトップダウンの形でねじ込んでも、どこかできちんと現場と話し合いの機会を持つ必要がある」と発言した。
 また、加藤氏はキャリア相談窓口を立ち上げた当初を振り返り、「待っているだけでは誰も来ない」と断言。「そこで、従業員をつかまえて悩みを聞き出し、相談に乗るという手段に出ました。結果、効果を実感した従業員がクチコミで社内に広めてくれたという経緯があります」
 理解を得るには、地道なコミュニケーション活動が欠かせないというわけだ。

 「キャリアは会社が作ってくれるものではなく、自らつかみ取るもの。“待ちのキャリア”から“攻めのキャリア”への転換が求められています」と今野氏。キャリア形成は、従業員一人ひとりが自分ごととして取り組むべき課題であるという。
 「ただし、目指すキャリアは多種多様であるため、支援する企業には個々に寄り添う対応が求められます。また、キャリアが個性化・個別化する中で、企業は社員に何をしてほしいのかを明確に提示し、双方のマッチングを図ることも重要。企業と個人の関係が変化しつつある今、今日ご参加いただいた3社は新しい方向性を見せてくれた先進的な事例といえるでしょう」